ゲームクリエーターズカレッジ、3Dラボ

ゲームディベロッパーズカンファレンスGDC2012オーディオ報告会

ワークショップNo.120428GC

開催日 平成24年4月28日(土)13:30-18:00 時間 13:30-18:00(受付時間13:00-)
場所 CRI・ミドルウェア本社オフィス  参加費 1000円
募集対象 ゲーム開発者 募集人数 40名
4月28日にICICとIGDA日本(国際ゲーム開発者協会日本) は、ゲームディベロッパーズカンファレンス(GDC)報告会の一環として、「GDC2012オーディオ報告会」を開催しました。
 
会場をご提供いただいたCRI・ミドルウェア会議室には、講演者・スタッフをあわせて50名近くの参加者が集まりました。おそらくGDC報告会の中でも、オーディオに特化したものは今回が初めてではなかったでしょうか。また、セミナーの最後には企画の旗振り人で、CEDEC 2011運営委員会でプログラムワーキンググループ・サウンドも担当する土田善紀氏より、新しくIGDA日本オーディオ専門部会(SIG-Audio)の発足も念頭に置きつつ、継続的な活動を行っていきたいという発言も見られました。今後の展開が楽しみです。

オーディオはゲーム開発に必須の要素ですが、メディアの記事に乗る機会も少なく、これまでGDCでどのような議論が行われてきたか、ほとんど国内で共有されることがありませんでした。本報告会では実際にGDC2012に参加されたゲーム開発者から、「サウンドプログラム」「サウンドデザイン」などの切り口で、最新の情報をご報告いただきました。
また第一部ではGDCローカリゼーションサミットで登壇された、スクウェア・エニックス様のサウンドローカライズ向けオーサリングツール「Moomle」に関して、特別講演をいただきます。GDCで講演された内容の増強版で、ツールのデモなどが行われました。
ローカライズとゲームサウンドの分野を超えた融合事例について、知見が共有でき報告会の終了後は懇親会も盛況でした。

<概要>
■日時:2012年4月28日(土) 13:30-18:00(受付時間13:00-)
■場所:CRI・ミドルウェア本社オフィス http://www.cri-mw.co.jp/
アクセス http://www.cri-mw.co.jp/company/access.html
■主催 :国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本) http://www.igda.jp/
企画協力:株式会社 新産業文化創出研究所
協賛:アイオープラザ
■定員 :40名
■参加費:報告会のみ1000円(入場券)
報告会+懇親会 5000円(オールスタンディング)