第4回儲かる秋葉原セミナー&サロン

秋葉原キャラクター・秋葉原お菓子開発企画ワークショップ

ワークショップNo.1210a

開催日 平成21年12月10日(木) 時間 19:00~22:00
場所 先端ナレッジフィールドUDXマルチスペース(東京フードシアター5+1)  参加費 無料 (アルコール等ご注文の方は実費をいただきます。)
募集対象 秋葉原で事業を行っている方、事業を希望される方、コンテンツ産業関係者、そのそれぞれに関係する方やご関心のある方など   募集人数 25名 申込締切12/9

秋葉原のブランディング戦略として秋葉原をテーマとするキャラクター制作に関してのワークショップとなります。地域ブランディングの専門家と秋葉原で活動する事業者やNPOによる戦略議論となります。 

秋葉原は電気の街、コンピューターの街、コンテンツの街、ポップカルチャーの街といろいろな顔がありますが、その他、青果市場の街「やっちゃ場」としての歴史もあります。新たな秋葉原を発見し、そのブランドポテンシャルでキャラクターを始め様々な地域発の商品開発を議論いたしました。今回は秋葉原のお菓子開発のワーキングとして試作品をもとに参加者の様々なナレッジを付け足すワークショップとなりました。

コーディネーター :    株式会社ヒューマンメディア    代表取締役         小野打 恵  氏

              NPO法人秋葉原観光推進協会 理事 事務局長        泉 登美雄 氏 

アド゛バイザー  :      国立大学法人 一橋大学大学院商学研究科 教授     古川 一郎 氏

               国立大学法人 東京大学 大学院情報学環 准教授     七丈 直弘 氏

               中小企業基盤整備機構 関東地域活性化支援事務局    内田 研一 氏

プレセンター       NPO法人秋葉原観光推進協会  キャラクターPM     延寿寺 氏

               NPO法人地域産業おこしに燃える人の会 理事長  お菓子開発PM   関 幸子 氏

               料理研究家  お菓子開発                     大前 知誇 氏

               株式会社クロスブリッジ 製作部 WEBPM           杉森 浩一 氏

 

秋葉原観光推進協会 理事 泉 登美雄氏による アドバイザー 一橋大学大学院商学研究科教授 古川 一郎氏 アドバイザー 一橋大学大学院商学研究科教授 七丈 直弘氏
ファシリテータの泉氏とワークショップ参加者の交流の様子 ワークショップ 会議形式の様子