CSR・アウトリーチ研究会

NPOと企業の協働・CSVを考える がん啓発に取組むNPOキャンサーネットジャパンの活動事例から

ワークショップNo.130705

開催日 平成25年7月5日(金)14:00~16:00 時間 14:00~16:00(懇親会は16:00~17:30)
場所 UDXギャラリーNEXT2 (懇親会はUDXオープンカレッジ) 参加費 無料
募集対象 CSR、CSVやNPO活動、ファンドレイジングにご関心のある方、活動されている方など 募集人数 120名

社会変革に貢献するNPOと企業の協働のありかたをテーマにCSVを考えます。
活動事例としてUDXオープンカレッジでも開催してきましたがん啓発に取組むNPO法人キャンサーネットジャパンにも登場いただき、その事例を基にCSV関係者とのトークセッションを開催いたします。
 
 
◆特別ゲスト◆
日本の寄付文化を変革し、寄付者が幸せと満足を実感できる社会の実現をめざし活動する
 
◎ 「日本ファンドレイジング協会」 代表理事 鵜尾 雅隆 氏
 
 
世界中で活用されるe-learningシステムで映像配信サービスを通じてNPOの活動のにも支援を行う
 
◎ 「メディアサイト株式会社」 代表取締役社長 村上 修一 氏
 
 
◆プログラム◆
14:00~14:05 開会挨拶 NPO法人キャンサーネットジャパン理事 柳澤 昭浩 氏
14:05~14:30 講演    NPOキャンサーネットジャパン(CNJ)の活動事例と展望 CNJ各プロジェクトスタッフ
14:30~15:00 講演    日本ファンドレイジング協会代表理事 鵜尾 雅隆 氏
15:00~15:30 講演    メディアサイト株式会社 代表取締役社長村上 修一 氏
15:30~16:00 トークセッション 「社会変革に貢献するNPOと企業の協働のありかた」
                 日本ファンドレイジング協会代表理事 鵜尾 雅隆 氏
                 メディアサイト株式会社 代表取締役社長 村上 修一 氏
                 司 会 : NPO法人キャンサーネットジャパン 川上祥子 氏
16:00~17:30 懇親会
  ※ 会場はUDXオープンカレッジに移動
 
 
◆参 考
 
CSR=(企業の社会的責任)CSV=共通価値の創造
 
CSR(Corporate Social Responsibility)は、企業の競争戦略論の大家であるマイケル・E・ポーターによると企業にとっては経営戦略とはなり得なかったと提起しています。本来は企業活動と密接にあるはずのCSRも社会貢献活動(フィランソロピー)や慈善活動と理解されてがちで、企業の事業活動とは直接的な結びつきが希薄になりつつあります。
 
CSV(Creating Shared Value)は、企業にとって経営戦略の一つとして認識され、本業に即した形で社会的課題を解決する取組みを行っていくべきだという示唆のもとに、マイケルポーターから提言されています。企業と社会の双方が利益を共有できる「ウイン・ウイン」の関係を構築する必要性が問われています。
 
コンプライアンスやサスティナビリティ(持続可能性)より上位の概念として、その活動方法やコーポレートコミュニケーション手法の研究を「CSRアウトリーチ研究会」では追及しています。
 
 
CSRアウトリーチ研究会Facebookページ ⇒
 
http://www.facebook.com/pages/CSR%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%81%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%BC%9A/151425458275748?ref=hl