健康・医療の市民大学×アピタル

「患者を生きる」2000回イベント

ワークショップNo.121022apt

開催日 平成24年10月22日(月)15:30~17:00 時間 15:30~17:00
場所 お手持ちのパソコン等で見られる無料のWEB講座です。 参加費 無料
募集対象 健康、医療に関心がある方 募集人数

朝日新聞社の「患者を生きる・2千回記念イベント―納得する医療をめざして」を、インターネットで生中継します。医師や看護師、患者たちが医療現場での様々な課題についてエピソードをもとにUDXオープンカレッジのスタジオで話し合います。


下記のサイトで無料で視聴いただけます。
朝日新聞の医療サイト「アピタル」(http://www.asahi.com/apital/
健康・医療の市民大学(http://www.town-college.jp/health


【出演者】

・「話を聞かない医師、思いが言えない患者」の著書、磯部光章氏(医師側)

・難病患者として闘病を続けながらカフェを営む鈴木信行氏    (患者側)

・連載記事を医療情報として患者に配り続ける薬剤師の小野正弘氏(医療者側)

・訪問看護師の先駆者で、「市ケ谷のマザーテレサ」と称される秋山正子氏(看護師側)

・コーディネーター アピタル編集長 平子義紀氏

・司会・進行 フリーアナウンサー 小林美幸氏