健康・医療の市民大学×朝日新聞アピタルがん夜間学校特別講座

あの食べ物はがんに効く?そのウソホント

ワークショップNo.121013c

開催日 平成24年10月13日(土)14:00~16:30 時間 14:00~16:30
場所 秋葉原UDX4F UDXオープンカレッジ 参加費 無料
募集対象 健康、医療に関心がある方、がんに関心がある方、他 募集人数 30名

アピタルがん夜間学校は、朝日新聞アピタル、NPO法人キャンサーネットジャパン、
新産業文化創出研究所(健康・医療の市民大学)の共同運営により、
がんの研究でトップクラスの医師を講師陣に迎え、
毎月違うテーマを取りあげてお送りするeラーニングのシリーズです。

今回は特別編として、昼間の時間帯に公開生動画セミナーとして行います。

巷では、「ある食品ががん治療やがん予防に効く」というような情報があふれています。
これらの情報発信については「薬事法」や「医師法」で厳しく規制されてはいますが、
しかし、こういった規制を無視して情報発信されているケースも少なくありません。

どの情報を信用したら良いのか、また現時点では科学的にどこまでわかっているのか、
といったことを「エビデンス」をキーワードに分かりやすく解説していただきます。

当日のセミナー参加者を募集しておりますので、ぜひお申し込みください。

 

・当日の視聴/アーカイブ動画はこちら
 ⇒ 健康・医療の市民大学HP


【プログラム】

13:30開場
講演公開収録 14:00~15:30

「あの食べ物はがんに効く?そのウソホント」
講演  大野 智 氏
早稲田大学 先端科学・健康医療融合研究機構 客員准教授


聞き手

アピタル編集長 平子 義紀 氏
フリーアナウンサー 町 亞聖 氏

主催 朝日新聞アピタル
    キャンサーネットジャパン
新産業文化創出研究所(健康・医療の市民大学)
協賛 株式会社エムコ

 

(大野智氏プロフィール)

1998年島根医科大学(現島根大学医学部)卒業後、同大学第二外科入局。2002年
同大学大学院修了(医学博士)。
その後、金沢大学、大阪大学・東京女子医科大学を経て2010年4月から現職。
2010年より東京女子医科大学消化器外科非常勤講師(兼任)、早稲田大学先端科
学・健康医療融合研究機構客員准教授(兼任)。
2005年より厚労省がん研究助成金研究班にて代替医療の研究に従事。
がん患者への情報提供資料「がんの補完代替医療ガイドブック」の作成や機能性
食品の科学的検証(ヒト臨床試験)に取り組む。
主な研究テーマは、腫瘍免疫学、がん免疫療法。
 

 

 

 ・ ・ ・ ・ ・
試食試飲会 15:45~ 16:30

 

 

「米国NCI(国立癌研究所)デザイナーフーズ・ピラミッドの
がん予防効果トップ食材にんにく
~その美味しい食べ方を考える試飲試食会~」

司会 株式会社カンドウコーポレーション 河野 由佳利 氏

主催 新産業文化創出研究所(健康・医療の市民大学)
協賛 株式会社エムコ

※アンケートご記入の皆様に、黒にんにく熟成エキスの3包入セットをプレゼントさせていただきます。