病気と闘う市民大学「がん」~know(≠no)more cancer

もっと知ってほしい「緩和ケア」のこと 2012 in 東京 ~心と身体の痛みへのアプローチ~

ワークショップNo.120414

開催日 平成24年4月14日(土)13:00~16:00 時間 13:00~16:00
場所 秋葉原UDX4F UDXシアター 参加費 無料
募集対象 がん患者、そのご家族、健康、医療に関心がある方、がんに関心がある方、医療関係者、他 募集人数 150名

 肺がん、胃がん、大腸がん、肝が ん、乳がん、婦人科がん、泌尿器がんなど、各回テーマを設け、その分野のエキスパートをお招きします。専門医によるレクチャーとパネルディスカッション、 Q&Aセッションなど、がんについての最適な情報を提供します。毎月第三土曜日が定例となっています。

この回はイレギュラー日程で、「緩和ケア」のことをテーマに開催します。

 

【プログラム】

13:00-13:05 セミナー開会挨拶
13:05-13:50 がんによる身体の痛みへのアプローチ 東京厚生年金病院 緩和ケア内科 医長 金石 圭祐氏

動画⇒ http://www.youtube.com/watch?v=NgO6ZInigXo

13:50-14:35 がんの心の痛みへのアプローチ 東京大学医学部付属病院 心療内科 准教授 吉内 一浩氏

動画⇒ http://www.youtube.com/watch?v=vR1qeUzZKsM

14:35-14:55 休憩(会場からの質問紙回収)
14:55-15:55 Q&A・トークセッション もっと知ってほしい「緩和ケア」のこと
  司会 フリーアナウンサー 町 亞聖氏
  パネリスト 東京厚生年金病院 緩和ケア内科 医長 金石 圭祐氏
  東京大学医学部付属病院 心療内科 准教授 吉内 一浩氏
  東京大学医学部付属病院 緩和ケアチーム専従看護師 海津 未希子氏

動画⇒ http://www.youtube.com/watch?v=XZxJt6-AC5k

15:55-16:00 閉会挨拶

 

東京厚生年金病院 緩和ケア内科 医長 金石 圭祐氏 金石氏、プレゼンテーション「お話をすること、これが一番大切になってきます」「かつては、がん治療がひと段落してから緩和ケアという流れでしたが、今は治療をしながらでも早期のうちから積極的に緩和ケアすることが大事と考えられています」等 東京大学医学部付属病院 心療内科 准教授 吉内 一浩氏
吉内氏、プレゼンテーション「気持ちのつらさは段階的でなく連続的なものです」「大事なのは見逃さないことです」等 Q&Aセッション「どこへ相談したらいいかわからないときは、各病院にがん相談支援センターがあります」 キャンサーネットジャパン 柳沢氏「日本のNPOは5万団体ありますが、認定NPOは500団体ほどです。認定には3000円×100人の寄付が必要です」