健康医療セミナー「がん」~know(≠no)more cancer

もっと知ってほしい「腎がん・膀胱がん」のこと

ワークショップNo.110716

開催日 平成23年7月16日(土)13:00~16:00 時間 13:00-16:00
場所 秋葉原UDX 4F 先端ナレッジフィールド UDXシアター 参加費 無料
募集対象 がん患者、そのご家族、健康、医療に関心がある方、がんに関心がある方、医療関係者、他 募集人数 100名

健康医療セミナー「がん」~know(≠no)more cancer

肺がん、胃がん、大腸がん、肝がん、乳がん、婦人科がん、泌尿器がんなど、各回テーマを設け、その分野のエキスパートをお招きします。専門医によるレクチャーとパネルディスカッション、Q&Aセッションなど、がんについての最適な情報を提供します。毎月第三土曜日が定例となっています。

この回は、「腎がん」「膀胱がん」をテーマに開催します。

【プログラム】
13:00-13:05 <開会挨拶>

13:05-13:50 <基調講演 ①>
腎がんの予防・診断・治療と今後
帝京大学医学部附属病院泌尿器科 教授 堀江重郎 氏


13:50-14:20 <Q&A・トークセッション ① >
もっと知ってほしい「腎がん」のこと 
モデレーター:NPO 法人キャンサーネットジャパン 川上 祥子 氏
回答者:帝京大学医学部附属病院泌尿器科 教授 堀江重郎 氏


14:20-14:40 <休憩>

14:40-15:25 <基調講演 ②>
膀胱がんの予防・診断・治療と今後
帝京大学医学部附属病院泌尿器科 教授 堀江重郎 氏


15:25-15:55 <Q&A・トークセッション ② >
もっと知ってほしい「膀胱がん」のこと
モデレーター:NPO 法人キャンサーネットジャパン 川上 祥子 氏
回答者:帝京大学医学部附属病院泌尿器科 教授 堀江重郎 氏


15:55-16:00 <閉会挨拶>

 【主催者総評】

月に1度、定期的に開催される「がん」に関するワークショップ。
今回は「腎がん」と「膀胱がん」の2つのがんがテーマ。
乳がんや肺がんなど、罹患者が多いがんのセミナーは良くあるかもしれないが、今回のテーマのように罹患者が少ない種類のがんに特化して行なう事はあまりないため、貴重な場となっている。
「腎がん」の発見については、部の特性から他のがんに見られるような腫瘍マーカーを測って発見する事は出来ないため、主に超音波診断や、CT検査などが中心となる。早期発見が出来れば、根治する可能性も高いため、早期発見する事が極めて重要。
その後のQ&Aセッションでも様々な質問が飛び、特に早期発見の為には、健康診断などで、超音波想定をする際に、「ついでに」調べて貰えれば、早期発見に役立つのではないかという意見があった。
「膀胱がん」では、分かりやすい予防法があり、一般的に摂取すると予防になると言われているものの中に、「ビタミン」「にんにく」と共に、「緑茶」が挙げられ、統計データ的にも、膀胱がんの発症率は欧米に比べると日本は少ないというデータもあり、緑茶の接種が予防に良いと思われるデータもある。
「腎がん」「膀胱がん」共に<予防><診断><治療方法><予後>のステップで大変分かりやすい講義 帝京大学医学部附属病院泌尿器科 教授 堀江重郎氏 「腎がん」「膀胱がん」両方のテーマについて講義及びQ&Aディスカッション 腎がんも膀胱がんも喫煙者は比較的なりやすいが、特に膀胱がんの発症リスクは実は肺がんと同じくらい高い
飲酒は適度であればがんの予防にも良く、アルコールの分解成分が、発がんリスクのある物質なども一緒に吸収、排出する 腎臓がんの診断の流れを詳細に講義 現代ではロボットを使って手術を行ない、昔のような手術衣を着ないでも手術が出来る時代になっている。