ネオアグリ・ネオファーム研究会

7月ネオファームカレッジ「移住農業入門」 ~東北のムラで働き隊! 東北の「美味い」を味わい隊! 集合!

ワークショップNo.0725nf

開催日 平成22年7月25日(日)17:00~20:00  時間 17:00~20:00 (みちのくFOODS & DRINKS開店は17:00~20:00)
場所 UDX4F 先端ナレッジフ ィールド UDXマルチスペース(旧・東京フードシアター5+1) 参加費 無料 (みちのくFOODS & DRINKSのお食事・お飲物は別途、有料となっています。)   
募集対象 首都圏在住の農業や地域ビジネスに関心が高く、将来地域に実際に住んで活動してみたい、あるいは新たにアグリビジネス等にチャレンジしたい皆様、地域振興、UIターンに関心のある方、ネオファーマーの皆様 募集人数 50名

7月の「ネオファームカレッジ」は、ベランダ菜園、家庭菜園、市民農園から移住して農業に関りたい、田舎生活がしたいなどの「ネオファーマー」の求める「移住農業」についてのワークショップと地域食材を召上って頂く企画となっています。

東北のムラで働き隊!東北の「美味い」を味わい隊!集合!!

■第一部 17:00~18:00  「東北のムラで働き隊」とは?(映像含む)                              スピーカー :   畠山洋平 氏 (株式会社プロジェクト地域活性 事業企画部ディレクター)

■第二部 18:10~19:30   ゲストによるバトルトーク 
                    
 “東北のムラで働く水は『甘い』?『酸っぱい?』”
   ◇受入の経験談、東北の農山漁村での現在の働き方等について
     ゲストによる講話・意見交換
    ゲストスピーカー
  佐々木 康行(NPO法人遠野山・里・暮らしネットワーク  コーディネーター)
 
  ◇ゲストによる講話
岩手県遠野市のNPOでグリーン・ツーリズムのコーディネートや遠野市の地域づくりを仕事として活躍するゲストより、地域の取組や農業を始めとした東北の農山漁村で求める人材等について講話を頂きます。
 
 <内容>
・遠野市のツーリズムの取り組み
・地域でのNPOの役割
・長期研修の受入に取り組んだ感想
・Iターン者の働き方やIターン者に期待すること    等
 
 
■第三部  東北の「美味いもの」紹介
 
■第四部 (交流会)質疑応答&意見交換会
 
みちのくFOODS & DRINKSは、ご参加の皆様にはお席ですぐに飲め、食べられる、みちのくは宮城県の食材を模擬店形式で販売いたします。東北の「美味い」を味わいながら、日本最大の食料供給基地である東北の食の豊かさ、懐の豊かさ(?)を実感していただくワークショップです。

【お勧めの酒と肴】

さんまみそ味さんまピリ辛みそ味さばみそ煮焼き鯖チラシ寿司牛たん&テールスープ温麺炙り蒲鉾(ネギ)浦霞(日本酒) 、ほか