国際惑星地球年サイエンスカフェ&バー 

3月③国際惑星地球年サイエンスカフェ&バー「レッツゴー、マントル!」地球深部探査船「ちきゅう」がチャレンジするマントル掘削計画を語る。              

ワークショップNo.0321iype

開催日 平成22年3月21日(日)19:00~20:00  時間 19時00分~20時00分  お昼12時よりフード・ドリンクをご注文できます。閉店21時30分
場所 先端ナレッジフィールドUDXマルチスペース(東京フードシアター5+1)   参加費 無料 (フードドリンクのご注文は有料となります。) 
募集対象 地球科学、環境、食等にご関心のある方ならどなたでも 募集人数 30名

テーマ  : 「レッツゴー、マントル!」地球深部探査船「ちきゅう」がチャレンジする マントル掘削計画を語る。

講   師 : 独立行政法人 海洋研究開発機構  倉本 真一 氏 
 
海洋研究開発機構とは ⇒ http://www.jamstec.go.jp/j/

主 催 :  UDXオープンカレッジ                                                共 催  : 国際惑星地球年日本(IYPE) ⇒ http://www.gsj.jp/iype/

 国際惑星地球年は,地球の過去・現在・未来を研究する科学者達の国際組織である 国際地質科学連合 (IUGS)とユネスコ を中心に,多くの賛同者・後援者によって実施主体となる国際法人「国際惑星地球年」が設立され、そこで推進される国際的プログラムとなります。

 
「国際惑星地球年・ジュニア・サイエンス・カフェ」は、その活動の一環であり、科学の専門家と子供や一般の方々が、喫茶店など身近な場所でジュースやコーヒーなどを飲みながら、また、おやつを食べながら科学について気軽に学び、また語り合う場をつくろうという教室の試みです。飲み物・おやつなども全て、無料となっております。親子での参加、そして大人だけでの参加もお待ちしています。大人もはまってしまうロマンあふれる時間を過ごせることでしょう。夜は「サイエンス・バー」で一杯、という企画もご用意しています。
 
これまでの国際惑星地球年 ジュニアサイエンスカフェ のシリーズは ↓ ↓ ↓
 
第1回 8/1 氷河時代の自然環境とナウマンゾウの時代
 講師  国立科学博物館  甲能直樹 先生
 
第2回 8/9 南極の氷からわかる地球環境・南極料理人を例に
 講 師 :  国立極地研究所 准教授 藤田秀二 先生   http://www.icic.jp/workshop/cat/j/000004.html
 
第3 回 8/22    海底の燃える氷「メタンハイドレート」に火をつけて見よう!
 講 師 : (独)産業技術総合研究所 成田先生、天満先生,山本先生 , 他 http://www.icic.jp/workshop/cat/j/000009.html
 
第4回 9/26 宇宙から見た月と地球(月周回衛星「かぐや」と「だいち」) 
  講 師 : 独立行政法人 宇宙航空研究開発機構 祖父江真一先生http://www.icic.jp/workshop/cat/j/000069.html
 
これまでの国際惑星地球年 サイエンスバー のシリーズは ↓ ↓ ↓
 
第1回 8/7  地球/「ちきゅう」の中身、お見せします
 講師 独立行政法人 海洋研究開発機構  倉本真一氏 http://www.icic.jp/workshop/cat/o/000012.html
 
第2回 8/24  ジオ鉄〜自然を楽しむ鉄道旅行のススメ 
 講 師 : (財)深田地質研究所            藤田勝代 氏   
                   荒谷建設コンサルタント  加藤弘徳 氏   http://www.icic.jp/workshop/cat/o/000011.html
 
※参考
 
【国際惑星地球年とは?】
 
国際惑星地球年は,地球の過去・現在・未来を研究する科学者達の国際組織である 際地質科学連合 (IUGS)とユネスコ を中心に,多くの賛同者・後援者によって2006年3月に 実施主体となる国際法人「国際惑星地球年 」が設立され、そこで推進される国際的プログラムとなります。
2005年の第60回国連総会は2008年を国際惑星地球年としました。国連に参加する191もの国や地域が,そして地球上に住む人々が,地球と人類の持続可能な未来のためには地球科学の知識と技術が欠かせないことを広く知り,それを積極的に活用するためにです。
国際惑星地球年は「社会のための地球科学」を標語として,国連による国際惑星地球年2008を中心とする2007年から2009の3ヶ年を惑星地球の3ヶ年として,様々な活動に取り組みます。活動の大きな柱は アウトリーチプログラムサイエンスプログラムです。地球科学が,どのようにして社会的課題の解決を可能とするか,また人々がどのようにしてそれをよく知り,親しむことができるか,解決の可能性・潜在性と認知の波及性にむけて取り組むプログラムです。
 
【国際惑星地球年(IYPE)日本参加団体】
 
茨城大学地質情報活用PT 、(独)海洋研究開発機構 、(独)国際農林水産業研究センター 、(独)国立環境研究所 、(独)産業技術総合研究所 ・(独)森林総合研究所 、(独)水産総合研究センター 、石油技術協会 、(独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構 、(社)全国地質調査業協会連合会 、地球電磁気・地球惑星圏学会 、(特)地質情報整備・活用機構 、「地質の日」事業推進委員会 、(社)東京地学協会 、東北地理学会 、(独)土木研究所 、日本鉱物科学会 、日本古生物学会 、日本沙漠学会 、日本ジオパーク連絡協議会、日本情報地質学会 、日本水文科学会 、(社)日本雪氷学会 、日本測地学会 、日本堆積学会 、日本第四紀学会 、日本地質学会 、日本地熱学会 、(社)日本地理学会 、(社)日本土壌肥料学会 、日本ペドロジー学会 、(独)農業環境技術研究所 、(独)農業・食品産業技術総合研究機構 、(財)深田地質研究所 、(社)物理探査学会
 
 
★関連イベントのご案内 :                                                             3/27より秋葉原で「惑星地球フォルム2010 in アキバ–君たちと考える 環境・防災・資源–」 が開催されます。 ⇒  http://www.gsj.jp/iype/
 
 ■ 2010年3月27日(土)〜3月28日(日)
 ■ @富士ソフトアキバプラザ6階(JR秋葉原から徒歩2分)
 ■ 入場無料,事前登録不要,どなたでも参加になれます。とくに高校生は大歓迎です。

エコワークショップ&GREEN DRINKS AKIBA   エコワークショップ&GREEN DRINKS AKIBA は「エコ」に関る様々な知(ナレッジ)や人、活動の集積交流のためのプラットホーム事業となります。自然や環境、省エネルギー、リサイクルや緑化、食や健康などのエコロジー活動に関心のある方、また、エコに関する科学や技術をお持ちの方、社会活動や企業活動を実施の方、教育や普及活動を行う方、同団体などの情報交換や意見交換、交流を「飲み会」としてスタイルで世界的に実施するものです。

3/15 http://www.icic.jp/workshop/cat/o/000299.html 

講師の独立行政法人 海洋研究開発機構 倉本 真一 氏 ワークショップの様子 地球の歴史を解説
海底地殻についての解説 講師が掲載された雑誌等のアップ 採掘したコアの破片