ネオファームカレッジ 

市民農園、都市農業 

ワークショップNo.1031ho

開催日 平成21年10月31日(土)11:00~12:00  時間 11:00~12:00  
場所 先端ナレッジフィールドUDXマルチスペース(東京フードシアター5+1)   参加費 無料 
募集対象 食と農業、環境などにご関心のある方、安全な採れたてお野菜をお探しの方  募集人数 30名

「神田やっちゃ場」まつりのプログラムとして、今、人気の体験型農園のパイオニアである星野農園代表   星野 直治氏をお招きして東京近郊農業の今と昔:人気の体験型農園などについてのワークショップをお願いしています。当日、茄子名人としても有名な星野さんの農園の茄子なども持参いただきます。また、関連書籍のご紹介もいたします。

講 師 :  星野農園代表   星野 直治 氏
 
講師プロフィール :   
昭和18年生まれ。東京都三鷹市で40年、露地栽培で多種多品目の野菜を生産する都内有数の野菜農家(第16代)。品質のよさや畑の管理法など総合的な技術の高さで選ばれる農林水産大臣賞をはじめ、ナス作りで数々の賞を受賞している。栽培技術を実習で教える「田舎の学校」では、家庭菜園向けの指導も行っている。
 
※神田やっちゃ場まつり

 参考 ⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/ic/000086.html

※ネオファームとは・・・

これまでの農業や農地の概念ではない、新しい考え方の農業や農地、そのための技術やビジネスモデル、活動体を称して「ネオファーム」と言います。生産から流通、食卓から口にはいるまでの農と食の縦割り業界、業務に横串をさす活動から見た「ネオファーム」は農のイノベーションになります。これまでの土地利用上の農地だけでの生産や特定ルルートの流通にこだわらないもので、例えば都市型農業の特殊農地としてビルの屋上や屋内、公開空地や公園、都市の緑地などの人工地盤での生産、宅地などのベランダや庭での生産、農地以外での植物工場やプラントなどの都市部の農地以外の農地を都市特殊農地、市民が耕作し楽しむための市民農園など様々な可能性があります。
 特に都市部のヒートアイランド現象防止やCO2削減、都市環境の整備などで活用される屋上緑化や校庭緑化などの新たな振興策として緑地スペースでの農作物生産とその活用モデルが都市部の緑化と食の様々な問題解決、新たなコミュニティの育成や教育、都市と農村の交流の場、レジャーや趣味の場としても期待されています。
 また、屋上緑化など都市緑化と生産緑地化などとの連動で不動産の価値の向上や維持管理費の軽減、市民交流などによる集客やプロモーションのほか、テナント対策やCSRなどにも結びつけることができます。
 農用地想定としてはオフィスや商業用の不動産や工場などの屋上や緑地スペース、学校などの屋上や校庭、教育施設内、園芸療法やリハビリテーションを兼ねた病院の屋上や緑地スペースなどとその活用プログラムとの連動が求められています。農家にとっても新たなビジネスフィールドの場として進出することも可能であり、収益構造やその価値の創造が可能となります。
講義の風景 講師の方のプロフィール 講師、星野直治氏(星野農園代表)
講師のお話を聞く受講者の皆様 質疑に答える星野氏