ゲームクリエーターズ・カレッジ

XNAを使ったXbox360アマチュアゲーム・パネルディスカッション(第2部)

ワークショップNo.1010B2

開催日 平成21年10月10日(土) 時間 16:30 - 17:30 (1部13:00-16:15 懇親会18:00-)  終了後、懇親会も予定
場所 秋葉原UDX4F 先端ナレッジフィールド・UDXマルチスペース 参加費 1部・2部 通し2000円(各部のみ参加も同額)
募集対象 Xbox360上でゲーム開発に関心のある方であればどなたでも 募集人数 120名

国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本) × UDXオープンカレッジ事務局 のコラボ企画

-------------------------------------------------------------------
UDXオープンカレッジ(ゲームクリエーターズ・カレッジ)
IGDA日本 同人・インディーゲーム部会(SIG-Indie)
 
「Xbox360向けゲーム開発環境XNAにまつわるインディーズゲームシーン」第2部
-------------------------------------------------------------------
 
XNAはXbox360向けゲーム開発環境である。XNAを用いることで、アマチュアゲーム開発者でもコンシューマゲーム機であるXbox360向けのゲームを作成することが可能になります。また、今年8月に日本でもサービスが開始されたXbox Liveインディーズゲーム (XBLIG)によって、それらゲームをXbox Liveを通じて世界中のXbox360ユーザに販売することが可能になりました。
 
本研究会では、インディーズゲームのコンシューマゲーム機へのネット配信という、きわめて新しい試みを実現したXNAに関する発表を行います。 XNAの概要、特徴から、C#を用いた開発の際の留意点、ゲーム配信前の開発者間ピアレビューなどのXBLIG特有の仕組みにまつわる課題、XBLIGで実際にどのようなゲームが流通しているかなど、この新たなインディーズゲーム向け開発環境、流通経路に関するさまざまな側面の話題をとりあげるもので、第2部として話題の講師によるパネルディスカッション方式のワークショップとなります。
 
アマチュアによるXbox360ゲーム開発に興味がある方、インディーズゲーム、同人ゲームのコンシューマゲーム機向け配信に興味がある方など、数多くの方の参加をお待ちしております。本ワークショップは第1部と第2部で構成されています。第1部のプログラムも下記に記しました。

◎第2部プログラム

16:30 - 17:30 パネルディスカッション
長健太(ABA Games)
徳留和人(マイクロソフト株式会社)
XELF
佐川直樹(こびとスタジオ)
罰帝(ライター/デザイナー集団“bsks”(ビスクス))
その他

参考 (第1部プログラム・・・同一日に2部制で実施)

第1部 XNAの実情 http://www.icic.jp/workshop/cat/o/000034.html

13:00 - 13:10 「IGDA日本とSIG-Indieについて」
 
13:10 - 13:50 「XNAとはなにか?XNAうれしいところ、うれしくないところ」
長健太(ABA Games) http://www.asahi-net.or.jp/~cs8k-cyu/
 
13:50 - 14:30 「マイクロソフトがXNAご説明します」
徳留和人(マイクロソフト株式会社 ホーム&エンターテイメント事業本部 XNA Group) http://creators.xna.com/ja-JP/
 
<休憩>
 
14:45 - 15:15 「開発におけるXNA特有の課題」
XELF http://d.hatena.ne.jp/XELF/
 
15:15 - 15:45
佐川直樹(こびとスタジオ) 「同人サークルが見たXboxLIVEインディーズゲームの実情」
http://www.angelword.net/kobitostudio/
 
15:45 - 16:15
罰帝(ライター/デザイナー集団“bsks”(ビスクス)) 「XBLIGゲームレビュー」
http://d.hatena.ne.jp/baddy/
 
<休憩>
 

XNA デベロッパー センター  http://msdn.microsoft.com/ja-jp/xna/default.aspx

 

第1部の講師陣によるパネルディスカッションの様子。 日本国内配信限定ルールについてから議論がスタート。 パネルディスカッションの司会を務める長健太氏(ABA Games)
質問や意見を述べる参加者。活発な議論が行われました。 参加者の質問をメモに取る講師陣。 参加者からの質問に答える鶴淵忠成氏(マイクロソフト株式会社)