第0回辻調アキバ塾

『美食のテクノロジー』

ワークショップNo.

開催日 平成20年3月7日(金) 時間 19:00~20:30 (20:30より東京フードシアター5+1にて交流会)
場所 先端ナレッジフィールドUDXマルチスペース(東京フードシアター5+1)辻調アキバカフェ 参加費 無料 
募集対象 食に関る事業者、マスコミ関係、研究者 募集人数 30名 

辻芳樹+湯山玲子『美食のテクノロジー』出版記念講演会

<辻芳樹・『美食のテクノロジー』(文藝春秋)出版記念講演会>と題した集まりにメディア関係者を中心にして30名ほど集まっていただきました。

 当日、ナビゲーターは、カルチャー、音楽、食といった幅広いフィールドで活躍されているクリエティブ・ディレクターの湯山玲子さんに担当してもらいました。
 
自著に『女ひとり寿司』のある湯山さんはジャンルレスなジャーナリストであり、世界のさまざまな美食シーンも体験してきたひと。その彼女が、刺激的な質問を辻芳樹に繰り出しつつ『美食のテクノロジー』の世界に迫っていただきました。
 
話題の中心になったのは、フランスのミシェル・ブラス、そしてアラン・デュカス。ある意味、この対照的なふたりのシェフを中心にして話は、美食とは何か、という方向に向かいました。
この時に参加いただいたメディアの方々が、のちの「辻調アキバ塾」のコアメンバーにもなっていきました。

詳細 ⇒ http://www.tsujichoshinjuku.com/アキバ塾記録/美食のテクノロジー/