第1回 辻調アキバ塾

日本の農業について考える 

ワークショップNo.0912

開催日 平成20年9月12日(金) 時間 19:00~20:30 (21:00より交流会)
場所 先端ナレッジフィールドUDXマルチスペース(東京フードシアター5+1)辻調アキバカフェ 参加費 無料 
募集対象 食に関る事業者、マスコミ関係、研究者 募集人数 30名 

日本の農業について考える (山本謙治)

第1回「辻調アキバ塾」は、2008912日(金)に開催。

会場はJR秋葉原駅電気街口前・UDXビル4Fにあった<辻調グループ校秋葉原サテライトキャッパス>にて。
スピーカーは「ヤマケン」こと山本謙治さん(農産物流通・ITコンサルタント)。
テーマは、ずばり、「日本の農業について考える」。
山本さんは、当時、「食品偽装」問題の背景には「消費者」側にも責任があるのではないかといった切り口から、日本の食の問題に切り込んだ意欲作『日本の「食」は安すぎる』 (講談社+α新書)を出版されていました。
日本の食、農の問題を「食の勉強会」の第1回目に選んだ意義は大きかったと思います。
また、ナビゲーターは、コンテンツメディアプロデューサーの櫻井孝昌さん。櫻井さんには、この「アキバ塾」では、6回に渡ってナビゲーターを引き受けていただきました。
難しい話、専門的な話も、櫻井さんの手際のいい進行で、参加者たちも受け身だけではなく、双方向に参加できる「アキバ塾」のスタイルができあがりました。
なお、第1回目の参加者は41名。
勉強会のあとの交流会では、お茶の水のレストランにて、山本さん推薦の岩手県の短角牛を試食しました。
なお、やまけんさんには、こんな楽しいHPもあります!

詳細 ⇒ http://www.tsujichoshinjuku.com/アキバ塾記録/日本の農業/

                  http://blog.tsuji.ac.jp/akibacafe/archives/58