ゲームクリエーターズ・カレッジ

Xbox360アマチュアゲーム開発環境XNAの実情(第1部)

ワークショップNo.1010B1

開催日 平成21年10月10日(土) 時間 13:00 - 16:15 (2部16:30-17:30 懇親会18:00-)  終了後、懇親会も予定
場所 秋葉原UDX4F 先端ナレッジフィールド・UDXマルチスペース 参加費 1部・2部 通し2000円(各部のみ参加も同額)
募集対象 Xbox360上でゲーム開発に関心のある方であればどなたでも 募集人数 120名

国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本) × UDXオープンカレッジ事務局 のコラボ企画
-------------------------------------------------------------------
UDXオープンカレッジ(ゲームクリエーターズ・カレッジ)
IGDA日本 同人・インディーゲーム部会(SIG-Indie)
 
「Xbox360向けゲーム開発環境XNAにまつわるインディーズゲームシーン」第1部
-------------------------------------------------------------------
 
XNAはXbox360向けゲーム開発環境である。XNAを用いることで、アマチュアゲーム開発者でもコンシューマゲーム機であるXbox360向けのゲームを作成することが可能になります。また、今年8月に日本でもサービスが開始されたXbox Liveインディーズゲーム (XBLIG)によって、それらゲームをXbox Liveを通じて世界中のXbox360ユーザに販売することが可能になりました。
 
本研究会では、インディーズゲームのコンシューマゲーム機へのネット配信という、きわめて新しい試みを実現したXNAに関する発表を行います。 XNAの概要、特徴から、C#を用いた開発の際の留意点、ゲーム配信前の開発者間ピアレビューなどのXBLIG特有の仕組みにまつわる課題、XBLIGで実際にどのようなゲームが流通しているかなど、この新たなインディーズゲーム向け開発環境、流通経路に関するさまざまな側面の話題をとりあげるもので、第1部として話題の講師を集めたXNAの実情についてを学ぶワークショップとなります。
 
アマチュアによるXbox360ゲーム開発に興味がある方、インディーズゲーム、同人ゲームのコンシューマゲーム機向け配信に興味がある方など、数多くの方の参加をお待ちしております。本ワークショップは第1部と第2部で構成されています。第2部のプログラムも下記に記しました。
 
XNAはXbox360向けゲーム開発環境である。XNAを用いることで、アマチュアゲーム開発者でもコンシューマゲーム機であるXbox360向けのゲームを作成することが可能になる。
 また、今年8月に日本でもサービスが開始されたXbox Liveインディーズゲーム (XBLIG)によって、それらゲームをXbox Liveを通じて世界中のXbox360ユーザに販売することが可能になった。
 
 本研究会では、インディーズゲームのコンシューマゲーム機へのネット配信という、きわめて新しい試みを実現したXNAに関する発表を行う。 XNAの概要、特徴から、C#を用いた開発の際の留意点、ゲーム配信前の開発者間ピアレビューなどのXBLIG特有の仕組みにまつわる課題、XBLIGで実際にどのようなゲームが流通しているかなど、この新たなインディーズゲーム向け開発環境、流通経路に関するさまざまな側面の話題をとりあげる。
 
 アマチュアによるXbox360ゲーム開発に興味がある方、インディーズゲーム、同人ゲームのコンシューマゲーム機向け配信に興味がある方など、数多くの方の参加をお待ちしております。

◎第1部 プログラム 「XNAの実情」

 

 

 

 

XNA デベロッパー センター  http://msdn.microsoft.com/ja-jp/xna/default.aspx

 

 

参考 (第2部プログラム・・・同一日に2部制で実施) 

第2部 パネルディスカッション  http://www.icic.jp/workshop/cat/o/000152.html
16:30 - 17:30
長健太(ABA Games)
徳留和人(マイクロソフト株式会社)
XELF
佐川直樹(こびとスタジオ)
罰帝(ライター/デザイナー集団“bsks”(ビスクス))
その他
 

 

第1部 XNAの実情

13:00 - 13:10 「IGDA日本とSIG-Indieについて」
 
13:10 - 13:50 「XNAとはなにか?XNAうれしいところ、うれしくないところ」
長健太(ABA Games) http://www.asahi-net.or.jp/~cs8k-cyu/
 
13:50 - 14:30 「マイクロソフトがXNAご説明します」
徳留和人(マイクロソフト株式会社 ホーム&エンターテイメント事業本部 XNA Group) http://creators.xna.com/ja-JP/
 
<休憩>
 
14:45 - 15:15 「開発におけるXNA特有の課題」
XELF http://d.hatena.ne.jp/XELF/
 
15:15 - 15:45
佐川直樹(こびとスタジオ) 「同人サークルが見たXboxLIVEインディーズゲームの実情」
http://www.angelword.net/kobitostudio/
 
15:45 - 16:15
罰帝(ライター/デザイナー集団“bsks”(ビスクス)) 「XBLIGゲームレビュー」
http://d.hatena.ne.jp/baddy/

XNAについて説明する長健太氏(ABA Games) 柱に設置してあるプラズマディスプレイに注目する後部座席の参加者。スクリーンの映像と連動しています。 メモを取る参加者。パソコンよりもノートを活用している方が多く見られました。
XNAを用いたゲームの紹介。 XBLIGゲームレビューを紹介する罰帝氏(ライター/デザイナー集団"bsks"(ビスクス)) 参加者からの質問に答える徳留和人氏(マイクロソフト株式会社ホーム&エンターテインメント事業部XNA Group)