ゲームクリエーターズ・カレッジ

ボードゲームプレイ「IGDA日本テーブルゲーム交流会」

ワークショップNo.010

開催日 平成21年8月9日(日) 時間 ワークショップ 14:00 ~ 19:30   懇親会 20:00 ~ 22:00 
場所 秋葉原UDX4F 先端ナレッジフィールド・UDXマルチスペース 参加費 ワークショップ 1500円  ワンドリンク付き  懇親会 3500円
募集対象 ボードゲームに関心のある方であればどなたでも 募集人数 160名

ゲームのデザインの基本を理解する上で必要なのは、デジタル化されているゲームを遊ぶだけではなく、アナログのボードゲームやカードゲームなどを遊ぶことで、ゲームの奥底に存在する原理といったものを感じることができます。
ボードゲームは、世界的にはドイツ製のゲームが有名で、数々の新しいゲームが現在も作られています。ただ、ボードゲームは、人間という対戦相手を必要とするため、実際に手に取る機会が少なくなっています。様々なビデオゲーム会社の参加者から持ち寄られる珍しいボードゲームに実際に触れながら、このワークショップでは実際に、手にとって遊ぶ機会を設けることによって、ゲームの奥深さを感じ取っていくと同時に、ゲームデザインの考え方を学ぶ機会をめめざしています。

【国際ゲーム開発者協会(International Game Developers Association IGDA)とは、】
世界のコンピューターゲーム開発および産業を支援するNPO団体。この協会はアーネスト・W・アダムスによって1994年夏にコンピュータゲーム開発者協会(CDGA)として立ち上げられ、2000年6月26日までCDGAの名称を使用していました。
日本では、ゲーム・ジャーナリストの新清士氏が中心となってIGDA Japanが立ち上げられ活発な活動が行われ、CEDEC、TGS Forum、AOGCなどゲームにかかわるカンファレンスが開かれる際には常にIGDAがかかわっているセッションがあります。また必ずしも開発者向けではない、DiGRAやRGNなどのゲーム研究にかかわる活動にも協力している団体です。

                              

boardgame2.JPG

 

今回用意されたボードゲーム。 対戦中の様子。 会場のビジョンにはテーブルの様子が流れています。
ドイツのゲームです。 誰が勝ち抜くのか!? 会場は終始大盛り上がりでした。