こども大学エネルギー学部

【申込終了】熱を電気に変えるふしぎな材料「熱電材料(ねつでんざいりょう)」

ワークショップNo.130730kd

開催日 平成25年7月30日(火)10:00~12:00 時間 10:00~12:00
場所 秋葉原UDX4F UDXオープンカレッジ 参加費 無料
募集対象 小学生中学年以上推奨 募集人数 15名

★定員に達したので募集を停止しています。★

次世代の人材育成として、学校の勉強とは違う角度から企業や大学、研究機関の研究や技術を学ぶことによる実情とあった実践型教育を行うことを目的とした「こども大学」。

エネルギー学部では次世代、つまり本学部で学ぶこども達が大人になる頃、あるいはそれよりもっと先にエネルギーはどのようにあるべきかを、今ある技術やプロジェクト、学問、そして企業や研究機関の未来への取組みなどから紐解きながら学校で得られる知識などとも組み合わせながら学んでいきます。
 

★お願い/注意事項★
①小学生低学年のお子様は保護者同伴でお願いいたします。
②写真撮影、映像収録を行い、配信する場合がございます。ご都合の悪い場合はお申し出ください。

 

★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★

私たちの生活で、電気はなくてはならない大切な存在です。

照明、テレビ、エアコン、電子レンジなど、私たちの身の周りには電気で動く製品があふれています。

しかし、私たちは、もったいなことに、この大切な電気の一部を利用しないまま捨てています。

捨てられるとき、電気は熱にその形を変えます。

例えば、家の中を明るく照らす蛍光灯は、使用中はとても熱くなっています(やけどの危険があるので、絶対に触らないでください)。

この蛍光灯(けいこうとう)の熱は、利用されないまま捨てられています。

他にも、パソコン、自動車、工場などから、たくさんの熱が利用されずに捨てられています。

電気を節約しなくてはいけない日本において、この捨てられるだけのもったいない熱は大きな問題となっています。

私たちは、捨てられるだけのもったいない熱を、みんなが使える便利な電気に変える不思議な材料「熱電材料」を研究しています。

本講演では、熱電材料について実験を交えながらわかりやすく教えます。

図2.jpg

 

【写真の説明】

熱電材料を使って、人間の体温を電気に変えて、小型扇風機を回してみよう。わずかな温度差で発電する熱電材料の実力を体感ください。

【講師】

ohta_michihiro sansouken.jpg

 

 

 

 

 

 

 

  

産業技術総合研究所 エネルギー技術研究部門
熱電変換グループ
主任研究員 太田 道広先生

 

【プロフィール】

2002年に九州工業大学で博士号を取得後、物質・材料研究機構と室蘭工業大学で研究を進め、2006年から産業技術総合研究所に勤務。2011年から2012年には、米国アルゴンヌ国立研究所とノースウエスタン大学に滞在して研究活動を実施。現在は、産業技術総合研究所主任研究員。東京理科大学非常勤講師、第32回国際熱電学会組織委員会委員、日本熱電学会学会誌編集委員会委員なども務める。