みんなのエネルギーフェスタ2012

太陽とエネルギーのふしぎを探る+実験教室

ワークショップNo.20120812me06

開催日 平成24年8月12日(日)17:00~18:30 時間 17:00~18:30
場所 秋葉原UDX4F UDXオープンカレッジ 参加費 無料
募集対象 小学生 募集人数 20名(親同伴可)

  000275-1500x1004.jpg

※当日、写真撮影、映像収録を行い、配信する場合がございます。どうぞご了承くださいませ。
 
次世代の人材育成として、企業や大学、研究機関の研究や技術を学ぶことによる実情とあった実践型教育を行うことを目的とした「こども大学」。
エネルギー学部では次世代、つまり本学部で学ぶこども達が大人になる頃、あるいはそれよりもっと先にエネルギーはどのようにあるべきかを、今ある技術やプロジェクト、学問、そして企業や研究機関の未来への取組みなどから紐解きながら学校で得られる知識などとも組み合わせながら学んでいきます。
 
みんなのエネルギーフェスタ2012
こども大学エネルギー学部
「太陽とエネルギーのふしぎを探る+実験教室」
電気エネルギーはどうやって作られるのだろう。不思議をみんなで探ります。
講師:高橋強志(科学プロデューサー)&山崎友紀(オキドキサイエンス)&望月銀子(クリエーター)

 

 

◆プログラム2(山崎友紀氏)
身近な電気と電気を供給するエネルギーについて考えるための演示実験を3つほど行います。
1)太陽光パネルを設置したソーラーハウスのおもちゃ、ソーラーパネル備えたおもちゃ、風力発電のおもちゃなどを見せます。
2)水の電気分解実験をし、陰極と陽極から水素や酸素が発生すること、その際に液のpHが変化するのでアントシアニン水溶液の色が変わること、電気分解で生成した水素を使って逆に今度は発電できることを学ぶ、演示実験を行います。
3)電気パンを作り、パンの生地が電解質を含んだ水溶液なので最初は電気が流れること、パンがやけると水が蒸発して電気が流れなくなること。水溶液が抵抗となって発熱し、パンがやけることのしくみを理解する実験を演示します。
-休憩-
 
◆プログラム3(望月銀子氏)
太陽の光と熱についてのかんたんな解説。光を分光する7色スペクトルの実演。
手のひらで電球に雷を起こす実験。手の熱でまわる風車の工作を行います。
 
xxxxxxxxxxxxx
み ど こ ろ
xxxxxxxxxxxxx
1.地球科学の専門家からの自然エネルギー利用のお話。
2.太陽とエネルギーのお話と簡単な実験・工作
3.工作教室(風車で電気を作ろう)
 
 
file3001281800212.jpg【団体プロフィール】

 

国立天文台プロジェクトで2008年~2012年3月迄実施の「科学文化形成ユニット」科学プロデューサー養成コースの修了生3名です。修了生の交流を活性化するためにOBOG会を結成して、各人の活動と連携活動しています。
 
【講師プロフィール】

 

高橋強志:
東京理科大学理学部物理学科卒。国立天文台で太陽研究に従事。
専門は天文学、宇宙物理学。
板橋区立教育科学館で科学指導員としてプラネタリウム解説、サイエンスショーを行う。現在はフリーで学校や自治体などの依頼によりサイエンスショーや天体観望会を実施、 瑞穂ケーブルテレビで科学実験番組の制作指導、出演中。
国立天文台科学プロデューサー。JAXA宇宙教育リーダー。武蔵野大学環境学部特別講師。
 
山崎友紀:
法政大学経済学部化学教授、博士(工学)。
環境科学、理科教育を専門とする。全国各地の小中学校や博物館で実験教室の講師の経験多数。
 
望月銀子:
クリエイティブディレクター。WEBをメインに活動中。科学プロデュー&科学コミュニケーター、クリエイターとして自主的展開中。
 

 
科学プロデューサーの高橋強志氏からは、太陽エネルギーの話を聞いたり太陽光を集めて熱エネルギーに変えるミニ太陽炉の製作実験を行って頂きました。 オキドキサイエンスの山崎友紀氏からは電気分解で生成した水素や電気パンを使った実験などを通して発電の仕組みを学びました。 子供たちは太陽光パネルを設置したソーラーハウスのおもちゃ、ソーラーパネル備えたおもちゃ、風力発電のおもちゃなどを見ながら学びました。
クリエイティブディレクターの望月銀子氏からは、太陽の光と熱についての説明や手の熱でまわる風車の工作などを行って頂きました。 たくさんの実験やお話を聞きましたが、子供たちは最後までずっと集中して参加してくれました。 実験もこども達で意見を交換しながら行うことが出来ました。