こども大学エネルギー学部

燃える氷 メタンハイドレート(独立行政法人産業技術総合研究所)

ワークショップNo.120623kd

開催日 平成24年6月23日(土)16:00~18:00 時間 16:00~18:00
場所 秋葉原UDX4F 先端ナレッジフ ィールド UDXオープンカレッジ 参加費 無料
募集対象 小学生高学年 募集人数 20名

※当日、写真撮影、映像収録を行い、配信する場合がございます。どうぞご了承くださいませ。


次世代の人材育成として、企業や大学、研究機関の研究や技術を学ぶことによる実情とあった実践型教育を行うことを目的とした「こども大学」。

エネルギー学部では次世代、つまり本学部で学ぶこども達が大人になる頃、あるいはそれよりもっと先にエネルギーはどのようにあるべきかを、今ある技術やプロジェクト、学問、そして企業や研究機関の未来への取組みなどから紐解きながら学校で得られる知識などとも組み合わせながら学んでいきます。

0822A-3-thumb-180xauto-143.jpg【先生のご紹介】
独立行政法人産業技術総合研究所 メタンハイドレート研究センター
天満則夫先生、小笠原啓一先生、小野晶子先生

メタンハイドレート研究センターでは、日本周辺海域を始め世界的に分布し、新たな天然ガス資源として期待されているメタンハイドレート資源から天然ガスを経済的、安全に生産するための生産技術の開発に取り組み、商業的生産のための技術整備を行っています。また、メタンハイドレート資源開発やガスハイドレートを利用する産業分野の研究者・技術者の人材育成・技術移転および情報発信を行っています。

 

【プログラム】
★『燃える氷 メタンハイドレート』
メタンハイドレートとはメタンガスが氷に取り込まれた固体の結晶です。
高圧で低温な深海の海底下などに存在していることがわかってきました。
分解するとメタンガスと水になることから、新たな天然ガス資源としても注目されています。

今回の講義では、実験室で人工的につくったメタンハイドレートを準備しますので、
参加者に実際に触れてもらいます。

また、その利用技術と、メタンハイドレート資源からの天然ガス生産方法について紹介します。

【こども大学エネルギー学部開催ワークショップ】

平成24年3月24日 『風車をつくろう』 
株式会社風憩セコロ


平成24年4月28日 『ひとりひとりができること 太陽の力とその使い方としくみ』
Kweather Japan株式会社

 
平成24年5月27日 『自転車発電でビールを飲もう』 
東京理科大学


平成24年6月23日 『燃える燃える氷メタンハイドレート』
独立行政法人産業技術総合研究所

平成24年7月28日 『サボニウス型風車風力発電を作ろう!~ふーふー発電の工作を楽しもう~』
天野 真紀(『NPO法人 fu-fu-隊~風~』設立準備中)+芳野真弥(セカンドインタラクション株式会社)


平成25年4月20日 『氷の不思議な世界』
玉川大学

平成25年6月29日 『(仮題)
株式会社ユーズ

平成25年7月31日 『熱を電気に変える不思議な材料<熱電材料>』
産業技術総合研究所

 

◆みんなのエネルギーフェスタ2012◆
平成24年8月12日
コズミックカレッジ 飛ぶ科学(宇宙教室)


平成24年8月12日
エネルギー、節電、省エネ・・・夏休みの工作教室 親子で「マグネシウム燃料電池カー」を作ろう

平成24年8月11日~13日
こども電気自動車大学 夏休み!親子で学ぶ「走る仕組み」


平成24年8月13日
こどもの実験教室 「燃える氷 メタンハイドレート」


平成24年8月12日
桜美林大学「小学生のためのエネルギー教室」(1)


平成24年8月12日
桜美林大学「小学生のためのエネルギー教室」(2)


平成24年8月13日
桜美林大学「小学生のためのエネルギー教室」(3)


平成24年8月13日
桜美林大学「小学生のためのエネルギー教室」(4)


平成24年8月12日
太陽とエネルギーのふしぎを探る+実験教室


平成24年8月12日
自然エネルギーで行こう!「森のエネルギー(バイオマス)」


平成24年8月13日
理想の島をつくろう!!「新エネルギー/電気自動車の世界」


平成24年8月12日
エネルギー、節電、省エネ・・・夏休みの工作教室?親子で「マグネシウム燃料電池カー」を作ろう


平成24年8月12日
エネルギー、節電、省エネ・・・夏休みの工作教室?親子で「マグネシウム燃料電池カー」を作ろう


平成24年8月12日(日)
エネルギー、節電、省エネ・・・夏休みの工作教室?親子で「マグネシウム燃料電池カー」を作ろう

 

講義に入る前に、子供たちはお互いに知り合いになるためのウォーミングアップをしました。 先生方によって、いよいよ講義がはじまりました。難しい話にクイズ形式を織り交ぜながら行いました。 白いお皿に白い物体。五感を使って観察が始まりました。味覚だけは使わないというお約束の元で。
白いお皿の物質に火を近づけると、一瞬炎が。 高校生でも組み立てられない場合があるというメタンハイドレートを学ぶことのできる模型。チームに分かれて取り組みました。小学生のトライでしたが、一組完成!! それぞれのチームでは、気づいたことをメモにとりました。たくさんの気づきがありました。