こども大学エネルギー学部

ひとりひとりができること 太陽のちからの使い方とそのしくみ

ワークショップNo.120428kd

開催日 平成24年4月28日(土) 15:00~16:30 時間 15:00~16:30
場所 秋葉原UDX4F UDXオープンカレッジ 参加費 無料
募集対象 小学生 募集人数 20名

4月28日、KWeather Japanの先生をお招きしてワークショップを開催いたしました。

やわらかく、壊れにくいソーラーパネルバックなどを紹介していただきました。
こども達からはソーラーパネルを使った色々な新商品の提案もなされました。
こども達から社長の上西先生への提案会のようでした(笑)。
みなさんの夢がかなうといいですね。

一番下に、当日の様子の写真をアップしました。

======================

※当日、写真撮影、映像収録を行い、配信する場合がございます。どうぞご了承くださいませ。


次世代の人材育成として、企業や大学、研究機関の研究や技術を学ぶことによる実情とあった実践型教育を行うことを目的とした「こども大学」。

エネルギー学部では次世代、つまり本学部で学ぶこども達が大人になる頃、あるいはそれよりもっと先にエネルギーはどのようにあるべきかを、今ある技術やプロジェクト、学問、そして企業や研究機関の未来への取組みなどから紐解きながら学校で得られる知識などとも組み合わせながら学んでいきます。


【講師のご紹介】
Kweather Japan株式会社 代表取締役社長 上西範久氏 (防災システム設計、再生エネルギー研究に従事)、他1名
⇒ http://www2.kweather.co.jp/

Kweather Japanは、このワークショップで、
ひとりひとりができることを再度、認識いただき、
そのひとりひとりの行動が環境配慮に貢献できたり、
震災等のときの初動にも有効であることを伝えたいと
考えています。

【内容】
『ひとりひとりができること 太陽のちからの使い方とそのしくみ』

太陽が持っている「ちから」のことを
日々の生活からソーラバッグを使ってわかりやすくお話します。

usaginoJB01.jpgのサムネール画像のサムネール画像












そして、その太陽の「ちから」の使い方をお話します。

近未来的な電気自動車、このようなものも太陽の「ちから」で
うごくんですよ。

それから世界にはいろいろな種類のソーラーがあります。
それらもご紹介したいと思います。

昨年おこった東日本大震災、その時も実はソーラーが大活躍しました。
是非みなさんも聞いておいてください。どのような使われ方をしたかということ。


【こども大学エネルギー学部開催ワークショップ】

平成24年3月24日 『風車をつくろう』 
株式会社風憩セコロ


平成24年4月28日 『ひとりひとりができること 太陽の力とその使い方としくみ』
Kweather Japan株式会社

 
平成24年5月27日 『自転車発電でビールを飲もう』 
東京理科大学


平成24年6月23日 『燃える燃える氷メタンハイドレート』
独立行政法人産業技術総合研究所

平成24年7月28日 『サボニウス型風車風力発電を作ろう!~ふーふー発電の工作を楽しもう~』
天野 真紀(『NPO法人 fu-fu-隊~風~』設立準備中)+芳野真弥(セカンドインタラクション株式会社)


平成25年4月20日 『氷の不思議な世界』
玉川大学

平成25年6月29日 『(仮題)
株式会社ユーズ

平成25年7月31日 『熱を電気に変える不思議な材料<熱電材料>』
産業技術総合研究所

 

◆みんなのエネルギーフェスタ2012◆
平成24年8月12日
コズミックカレッジ 飛ぶ科学(宇宙教室)


平成24年8月12日
エネルギー、節電、省エネ・・・夏休みの工作教室 親子で「マグネシウム燃料電池カー」を作ろう

平成24年8月11日~13日
こども電気自動車大学 夏休み!親子で学ぶ「走る仕組み」


平成24年8月13日
こどもの実験教室 「燃える氷 メタンハイドレート」


平成24年8月12日
桜美林大学「小学生のためのエネルギー教室」(1)


平成24年8月12日
桜美林大学「小学生のためのエネルギー教室」(2)


平成24年8月13日
桜美林大学「小学生のためのエネルギー教室」(3)


平成24年8月13日
桜美林大学「小学生のためのエネルギー教室」(4)


平成24年8月12日
太陽とエネルギーのふしぎを探る+実験教室


平成24年8月12日
自然エネルギーで行こう!「森のエネルギー(バイオマス)」


平成24年8月13日
理想の島をつくろう!!「新エネルギー/電気自動車の世界」


平成24年8月12日
エネルギー、節電、省エネ・・・夏休みの工作教室?親子で「マグネシウム燃料電池カー」を作ろう


平成24年8月12日
エネルギー、節電、省エネ・・・夏休みの工作教室?親子で「マグネシウム燃料電池カー」を作ろう


平成24年8月12日(日)
エネルギー、節電、省エネ・・・夏休みの工作教室?親子で「マグネシウム燃料電池カー」を作ろう

 

新産業文化創出研究所所長廣常より、こども大学の説明がありました。「こども大学は大学です。みなさんがんばってください!!」 KWeather Japanの代表取締役上西氏が先生に。身近な再生エネルギー、太陽を使った発電、ソーラーパネル・・・など、一つ一つ分かりやすく説明してくれました。 このバッグのソーラーパネルは軽くて壊れにくく、持ち運びが可能!!
このような素材でどのような新しい商品が考えられるか、みんなで考えました。上西先生は社長です。もしかしたらこのワークショップから新しい商品がうまれるかもしれません。 日経BP社からecomomの紹介がありました。エコに関心の高い読者層を持つ雑誌です。 どうやってアイデアが生まれていくかなど、身近に感じることのできる良い機会となったのではないでしょうか。当日、こんな素敵なプレゼントも!!