夏休みジュニア・サイエンス・カフェ

宇宙サイエンスカフェ 「おかえり『はやぶさ』!オーストラリア星空の旅」

ワークショップNo.0828sc

開催日 平成22年8月28日(土)15:30~16:30 時間 15:30~16:30(受付開始15:15~) 
場所 秋葉原UDX先端ナレッジフィールド UDXマルチスペース(旧・東京フードシアター5+1)   参加費 無料 (別途ドリンク・お菓子代が必要です。お一人500円)
募集対象 小学生、中学生(親子でご参加いただけます)   募集人数 30名

夏休みジュニアサイエンスカフェ「宇宙サイエンスカフェ」

 「おかえり『はやぶさ』!オーストラリア・星空の旅」                                   

hayabusa.jpg (C)JAXA

夏休みの宿題に役立つ、 空き箱などをつかった 「はやぶさ」  模型の紹介や、「はやぶさ」のまとめに役立つ ”ワークシート” もご用意しています!


内容  : 6月、小惑星探査機「はやぶさ」が地球に戻り、大きな火の球となって南オーストラリアの砂漠の上空を駆け抜けました。その映像をはじめ、日本では見ることのできない星空の様子もご紹介します。
 
講師 : 大川 拓也氏 (所属  国立天文台

※ 講師プロフィール:
国立天文台観測隊として「はやぶさ」の帰還をオーストラリアで観測。プラネタリウム指導員、天文雑誌編集長の経歴をもち、2009年はガリレオの天体観測から400年にちなんだ「世界天文年」の日本の事務局を務めるなど、宇宙・天文の魅力をさまざまな形で伝えている。「まちかど観望会」の呼びかけや、光害の問題など、都市部の星空環境とも向かい合う。1971年・東京生まれ。
 

 

ファシリテーター:  高橋 杏氏 (所属 : 星空公団
 
※ ファシリテータープロフィール
本職は某企業科学館コミュニケーター。普段は実験ショーや校外学習の小学生を案内している。その他に、イラストレーターとしても活動中。科学館で勤務を始めるまでは完全に理数系とはかけ離れた世界で過ごしてくるが、ひょんなことから探査機「はやぶさ」の存在を知り、科学の面白さに気付く。今回は、かわいい「はやぶさ」の魅力を、参加してくださるみなさんと共有したいと只今奮闘中。お楽しみに!
 
 
  
※ 「ジュニアサイエンスカフェ」 とは ?
科学の専門家と子供や一般の方々が、喫茶店など身近な場所でジュースやコーヒーなどを飲みながら、また、おやつを食べながら科学について気軽に学び、また語り合う場をつくろうという教室の試みです。飲み物・おやつなどはセットでお一人500円となっております。今回はドクターズレストランでおなじみのUDXマルチスペースをカフェとして宇宙のロマンを子供たちと共有する親子参加型の企画となっております。 
 
※ 同日の関連プログラムのご紹介 
8月28日 10:3013:00 「夏休み 宇宙食開発料理教室 」 
 
8月28日 13:3015:00 「アキバデジタル工作教室 きらきらアクセサリーをつくろう!」 

 

会場の様子 クイズもとりいれながら楽しく「はやぶさ」についてお勉強 空き箱をつかってはやぶさを作る様子に子供たちは興味津津!
はやぶさについてまとめるために子供たちはメモをがんばってとっていました オーストラリアで撮影した様子を語る講師の大川氏 子供たちは最後までとても楽しんでいる様子でした