健康医療CSR研究会

「産官学民医連携事業」としての「こども大学医学部 異分野連携パートナーズフォーラム」

ワークショップNo.140617KCSR

開催日 平成26年6月17日(火) 時間 19:00
場所 秋葉原UDX4F UDXオープンカレッジ 参加費 無料
募集対象 健康医療やその間接的支援に関わる企業、研究機関、教育機関、行政関係者、NPOやボランティア、CSRやアウトリーチに関わる方、広報、宣伝関係者 募集人数 30人

健康医療CSR研究会

「産官学民医連携事業」としての「こども大学医学部 異分野連携パートナーズフォーラム」

◆企業や研究機関の技術や研究の促進のために、こども向けワークショップや教材を作ることの意義を考え、異分野連携の促進をおこないます。


企業や大学研究機関、医療福祉機関、行政機関、NPOやボランティアなどによって、異分野の連携促進する「こども大学医学部 異分野連携パートナーズフォーラム」を実施してまいります。

健康医療に関係する上述の方々以外にも、プログラムを作るコンテンツ、それをわかりやすくプログラム化出来る教育者やクリエイター、映像作家や玩具屋さん。開催場所提供のショッピングセンターや教育機関、情報提供するメディアや情報通信関係者、協賛や協力機関、科学コミュニケーターやインタープリターなどが集まり、異分野連携の機会を作ります。※科学コミュニケーターやインタープリター、将来学校の先生をめざしている学生さんの参加も募集しています。

「関心はあるがまだプログラムを作れない」という方や企業も、病院などの医療機関や大学などとの共同プログラム開発のアライアンスパートナーとして研究会に是非ご参加ください。
プログラムの教材やコンテンツを継続的に展開するために教育機関や医療機関、科学館などへの普及や社会活動をするNPOなどの支援グッズとしての活用も考えていきます。


【プログラム】

健康医療CSR研究会と「産官学民医連携事業」としての「こども大学医学部 異分野連携パートナーズフォーラム」について

     スピーカー:株式会社新産業文化創出研究所 所長 廣常啓一

がんの普及啓蒙活動の難しさと可能性

     NPO法人キャンサーネットジャパン 事務局長 柳沢昭浩氏 

プログラム事例発表1 「生命」のシンボル・グラウンディング鼓動に触れるワークショップ「心臓ピクニック」

     スピーカー:慶應義塾大学 グローバルセキュリティ研究所 特認講師 坂倉杏介氏

            NTTコミュニケーション科学基礎研究所 人間情報研究部 感覚表現グループ 主任研究員 渡邊淳司氏

ほか調整中

※こども向けワークショップや教材開発のため、異分野連携のパートナーを募集したい方のプレゼンテーションを募集します。

--------------------------------------------------------------------------------

健康医療CSRについて

--------------------------------------------------------------------------------

新 産業文化創出研究所では所長、廣常啓一の提唱として企業活動や研究者などの研究活動、行政サービスや社会活動・地域活動の有機的協業のあり方を提言してき ました。その中でのオープンな研究会としては「CSRアウトリーチ研究会」がありますが、本日はその概念と細分化した「健康医療CSR」について紹介させ ていただきます。これまでは「環境エネルギーのCSR」や「教育CSR」としての調査研究のほか研究会活動や実証実験モデル活動を行ってきましたが、今回 は「健康医療CSR」についての進め方を提言致します。

 
■CSR (corporate social responsibility)

環境とCSRはよく結び付けて語られることがあります。環境報告書とCSR報告書を同様に扱ったり専用の紹介ポータルサイトがあったりもします。持続的な社会や企業の持続的発展としても長期のまた地球規模での環境への取組みは重要なものではあります。


しかしCSRは環境に対して特別に絞ったものではなく、また寄付やフィランソロピー、メセナとも異なります。企業の持続的発展と社会的責任が同じものであることは更に望ましいものではあります。


企 業の組織活動が社会に与える影響に責任を持ち、ステークホルダーや彼らを取り巻く社会全体からの要求に対して適切な意思決定をすることと、そのためのコン プライアンスや組織形態であること、社会への説明責任と合意形成を得るためのコーポレートコミュニケーションが双方向でなされていることなどが重要となり ます。

 
■社会との共感、共通価値の創造

説明できなければ社会的容認が得られず、信頼のない企業は持続できないとされます。また企業の意思決定を判断する利害関係者側である消費者の社会的責任(consumer social responsibility)、市民の社会的責任(citizen social responsibility)も必要不可欠となるといわれています。

特に成熟化した我が国の様な社会に於いては高度成長期に見られるステークスホルダー全てに得な「富の分配時期」から「負担の分担時期」に移り、企業セクターと社会セクター、行政セクターや研究者セクターなどの協業の時代に入りました。


近年はCSV(Creating Shared Value:共通価値の創造)という概念がマイケル・E・ポーターにより提唱されています。これは企業が追求する経済的価値(利益)と社会的価値を同時に実現することを目指すものです。ここでは特に細かな概念分類をするものではなく、広くCSRに包含した概念として事業戦略にまで対応したCSRとして位置づけることとします。

 
こ うした時代には企業のCSRや研究機関のアウトリーチプログラム、そして行政サービスやソーシャル活動、コミュニティ活動が異分野連携することで新たなス キームを形成することになります。そのために企業活動に社会との同じ目標、そして共感する活動やメッセージがその集合体形成の絆を導きだすことにもなりま す。


■CSR活動の色付け(細分化)

CSRの 考え方を社会の認識や活動のカテゴリーで分類し、より活動の中心や社会へのメッセージを明快にするために「環境CSR」「教育CSR」「健康医療CSR」 「コミュニティまちづくりCSR」「防災災害支援CSR」「平和安全安心CSR」「文化芸術CSR」などのようにCSR活動に色付けをすることを行いま す。


こうしたことにより、企業のCSR活動を社会に明確化し、メッセージ性を高め、複数の異分野が活動の連携や協業を容易に行える環境を整えます。また1社ではメッセージ価値の低い活動を一つの運動体として論理構築することも含め社会の課題や要求に具体的な企業活動がどのように存在するかの説明責任を効果的に実施できることとなります。


■健康医療CSR

(1)健康医療の考え方

健康医療の考え方としては命をまもる食や水、衛生、また紛争や事故などの生命の安全や安心から豊かな生活、高度先端医療までの幅広い分野で国内外の社会に対応できる領域を健康医療と位置付けます。
 

国内では保健や衛生、介護や福祉、美容や癒し娯楽など健康や医療の単語とは別に使用されることも多くあります。また予防や健康維持、回復支援やリハビリなど医療の領域とも分類されてきたものもあります。

高齢化し政府財政の医療費上昇などの観点からも病気を治療するということから病気にしない、医療費を抑制するなどの国家的なミッションが重要となります。その意味では食や運動に加え、労働環境や環境汚染対策、社会的ストレスなどの解決も健康医療の領域となります。

食育やスポーツ振興も健康や医療システム維持に必要な教育制度となりますし、例えば食の産業界も機能性食材や栄養を考えた加工食品や調理、健康や医療食の地域流通インフラを実現するといわれる「ドクターズキッチン」なども異分野連携の健康医療領域となります。

 
海外に目を向けると貧困や犯罪、紛争、自然災害などによる生命の危機的 な課題を持つ地域や民族があります。例えば、こうした地域では井戸を掘り衛生を担保することやマラリア防止の蚊帳の生産拠点を地域に置くことなども健康医 療、そして雇用や自立といった社会貢献事業となります。

こうした地域での国際機関や日本の政府援助などと企業(中小企業等)の 国際進出、NGOやNPO、ボランティアなどの活動を有機的に結ぶことで健康医療産業の進行、政府の中小企業支援を通じた国際援助、現地の雇用確保とフェ アトレード、ボランティアなどの活動資金と担い手リーダーの確保、地域の健康医療体制の確立などに発展させていくことも考えられます。特に医師や健康産業 だけでなく、経済や金融の専門家、動物学や環境学の専門家、物流や流通の専門家などと健康医療の環境整備を連携することなども考えられます。
 
我が国の国際戦略医療特区などでの活動である健康医療ビジネスのグローバル化、海外企業の国内活動や病院などの医療機能の海外輸出などの活動における現地での合意形成にも健康医療CSRが重要な役割を果たすこととなります。

 
(2)健康医療CSRとして

高齢社会を迎えた我が国の社会課題に健康や医療があります。これは社会 の課題やニーズと企業や研究者のその課題解決への研究や技術、製品やサービスへの要求と同じであり、企業の活動フィールドに合意形成を得やすい、また説明 責任に向いている社会貢献であり、かつ企業の持続的発展を促すものでもあります。


こうした健康医療分野に多くの企業は直接、間接に関わりを持ちますが、具体的な社会へのメッセージとして情報発信していない、組織的な対応が不十分である、ビジネス的な連携や消費者を含む社会との連携が作れていない企業が多く存在しています。


健康医療の関連する技術やサービスに関係する企業、健康医療を行うシス テムや組織と関節的に関わる企業、健康医療に関わる活動や社会的活動を支援する企業、そうした教育や人材育成、NPO支援を行う企業など健康医療に対して のCSR活動の幅は広いものがあります。併せて健康医療のフィランソロピーやメセナ活動との有機的連携もその活動を発展させることとなります。

ここでは特に健康医療CSRとして特徴づけ、そのメッセージ性や活動の異分野連携を促進することを目指すものです。
 

■健康医療CSRアウトリーチ研究会の開催

活動の開始するにあたり、健康医療CSRの調査研究、関連企業や医療機関、教育機関、研究機関などとのヒアリングに加え、オープンイノベーションの為の研究会、セミナーなどを開催します。
 

■健康医療CSRサポート(サービス)

健康医療CSRの分類を明快にし、これまでの環境CSRや教育CSRと 同様に健康医療CSRの論理構築と社会への普及啓発を行う。またその活動に関わる企業や大学研究機関、教育機関、医療機関、保健福祉機関、社会活動団体な どを有機的に連携させ社会課題の解決を実現するためのイノベーションを創出する、また互いの活動を効果的に推進するためのプラットフォームとなるなどの同 じ目標をもつもののサポート機関を目指します。


◎ 健康医療CSRアウトリーチ研究会から健康医療CSRアウトリーチ推進協議会へ
 

具体的サービス内容は別紙に(詳細はお問い合わせください)


■健康医療CSR研究会facebookページ ⇒ http://on.fb.me/PJof47
 
■CSR・アウトリーチ研究会facebookページ ⇒ http://on.fb.me/csroutreach