ウェアラブルスマートエネルギー研究会

ウェアラブルスマートエネルギー ~温度制御機能の応用分野を考える

ワークショップNo.121225 eino

開催日 平成24年12月25日(火)15:00~16:30 時間 15:00~16:30
場所 秋葉原UDX4F 先端ナレッジフ ィールド UDXオープンカレッジ 参加費 無料
募集対象 ウエアラブルコンピューティングに関連する方、エネルギー関係の方、情報通信関係の方 募集人数 20~30名

今回のワークショップは、空間を暖めたり冷やしたりするのではなく、個人の体の一部を暖めたり冷やしたりすることによって、体を快適にする、体に装着する冷暖房デバイスのご紹介をいただきながら、そのデバイスがどのような分野に応用が可能なのか、その可能性について議論しました。  

今後、作業現場、バッテリー業界、オフィスや学習現場、リゾート、医療の業界などへの応用が可能となるように、材料、人材、資金、技術などとのマッチングを行います。

現在、試作として導入を希望されるところを募集しています。

「暑さ」や「作業効率低下」などにおいて課題をもたれている方のプレゼンテーションを募集しています。

詳細は下記までご連絡ください。pr@icic.jp

 

ウェアラブルスマートエネルギー ~低温機能の応用分野を考える

ウェアラブルスマートエネルギー研究会で局所冷暖房デバイスの実用化ワーキングとして開催。装着型の冷暖房はその応用範囲も広く考えられます。作業効率、省エネ、快適環境、低温機能など、ご興味のある方に参加を呼びかけました。

また、研究会において、関連する技術やニーズなどをお持ちの方からのプレゼンテーションも募集。特に今回は作業(工事現場や屋外、暑い場所での作業)や環境における改善のミッションをお持ちの方、関連すると思われる技術などのプレゼンテーションも募集しました。

①作業効率を上げる:作業現場、学習現場での活用など

②省エネ・快適:家庭冷房、自動車冷房、原発処理現場、自衛隊など

③オフィス環境:デスク周り商品など

④健康分野:高齢者の見守り、メタボ対策など

⑤スポーツ・リハビリ機器:筋肉アイシングなど

⑥医療分野:低温、脳治療など

 
局所冷暖房デバイスは、これまでの様に大きな空間を冷やしたり、温めたりすることがなくなるため、超小型モビリティの付属冷暖房であったり、工事や災害現場、自衛隊などのビークルなどでの活用が期待されています。その他、オフィス環境、医療や街づくりなどへとその活用を拡大します。

当初は、話題提供者からの技術シーズ提案や想定市場からの課題提案をいただき、異分野の連携のためのワークショップやミーティングへと発展させ、試作品、実証実験などのコンソーシアムメンバーを形成します。その後、マーケティングのためのビジネスマッチングなどを行い、市場導入へと誘導するものです。関連する国プロや公的支援などとも結びつけてまいります。

エネルギーは、空間に提供するより個々の人間に提供されるヒューマンサイズの方が効果的です。ウエアラブルコンピューティングは、個人の体調、行動に併せた快適な環境を生み出します。同日13時~14時30分に行われる「ウエアラブルセンサーの健康・医療分野への応用 (第二回)」に引き続き、開催いたします。

講師:NPO法人ウェアラブル環境情報ネット推進機構(WIN) 理事長 板生 清
(東京大学名誉教授)

東京大学名誉教授。工学博士。
昭和43年 東京大学大学院 工学系研究科修士課程修了。同年日本電信電話公社(現:NTT)入社。
昭和49年~50年 米国 MIT研究員、NTT記憶装置研究部長、研究企画部長等を歴任。
平成4年 中央大学。平成8年 東京大学工学系研究科。
平成11年 東京大学大学院 新領域創成科学研究科教授。
平成16~18年 東京理科大学 総合科学技術経営研究科教授・研究科長。
平成18年より現職。
平成20年 東京理科大学 総合研究機構 危機管理・安全科学技術研究部門長(併任)。
平成16年 精密工学会会長。
NPO法人WIN(ウェアラブル環境情報ネット推進機構)理事長、
独立行政法人科 学技術振興機構「先進的統合センシング技術」研究領域総括、
文部科学省安全安心科学技術委員会座長、
環境プランニング学会代表理事、人間情報学会代表理事。
著書に『コンピュータを「着る」時代』(文春新書)など多数。

 

【関連するワークショップ】

平成24年11月30日 ヘルスケアビジネス研究会
ウェアラブルセンサーの健康・医療分野への応用


平成24年11月30日 ウェアラブルスマートエネルギー研究会
ウェアラブルスマートエネルギー 局所冷暖機能「ネッククーラー」の応用

平成24年12月25日ヘルスケアビジネス研究会
ウェアラブルセンサーの健康・医療分野への応用

平成24年12月25日ウェアラブルスマートエネルギー研究会
ウェアラブルスマートエネルギー 温度制御機能の応用分野を考える

平成25年1月25日ヘルスケアビジネス研究会
自律神経可視化ビジネス『癒し効果の可視化』

 

 

新産業文化創出研究所 所長の廣常啓一からは、今回のこの技術を、潜在的なニーズや課題と結びつけ、そのニーズにあった商品やビジネスモデル、産業を作っていくのがこの会の趣旨であることがのべらられました。 NPO法人ウェアラブル環境情報ネット推進機構(WIN) 理事長 板生 清先生からは、省エネ対策、熱中対策、作業効率による経済効果の面で優れている局所冷暖房の研究技術は、生体センサーと組み合わせた医療機器の分野、家電製品、更には省エネネットワーク機器への応用が可能であると述べられました。 色々な分野での活用において、参加者からはユーザーの立場からの課題が挙げられました。電機工事者の使用の場合、絶縁のための特殊加工が必要となるのではという意見も出されました。
「単なるモノづくりに終わらない、地域や社会のデザインに関わるもの」に注目しているという産業技術総合研究所からは、「面白いデバイスだと思います。今後のチューニングに期待しています」とのコメントをいただきました。