バリアフリープロダクト研究会、ヘルスケアビジネス研究会、CSRアウトリーチ研究会

(第1回)先端技術で視力をなくした方に再び見える環境を提供する異分野連携プロジェクト

ワークショップNo.120118bf

開催日 平成24年1月18日(水)16:00~18:00 時間 16:00~18:00
場所 秋葉原UDX 4F 先端ナレッジフィールド UDXオープンカレッジ 参加費 無料
募集対象 バリアフリー商品関連メーカー及び販社、研究者、医療関係者、工業デザイナー、マーケティングプランナー、NPO、その他 募集人数 20名

当日、参加者は少数でしたが、充実した話し合いがなされました。

ICIC廣常啓一からは当ワークショップの趣旨説明が行われました。「業界に横串を入れ、社会のニーズに到達するまでの課題解決を行いながら、商品化できるようなプロジェクトとしていきます。」
業務の95%が目の見えにくい人の支援機器販売という株式会社タイムズコーポレーション山口氏からは支援器具市場の現状と課題、大阪市立大学の志水教授からは現在の製品化までの経緯や課題などが語られました。その後、課題抽出、商品化に向けた方向性、アイデア、必要な技術などが話し合われました。高齢化社会やBOPを視野にいれたニッチマーケットのニーズはあるとのこと。今後、医療関係者や研究者のほかにも精密機械加工、工業デザイナー、素材、カメラ・レンズ、キャリア会社、マーケティングプランナーやNPOで支援している方々などの参加を募り、継続して話し合いを進めていく予定です。

【バリアフリープロダクト研究会】 

ミッション1.先端技術で視力をなくした方に再び見える環境を提供する異分野連携プロジェクト

バリアフリープロダクト研究会は医工連携、デザイナー、マーケッター、NPOや患者、障がい者など異分野の方々がオープンイノベーションのために連携してバリアフリーの製品やサービスを開発、普及させるプロジェクトです。
 
視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚などの感覚障がいや手足などの障がいなどの支援や課題解決を行います。基礎的な人間科学や医学、製品化のための工学やデザイン、より誰でもスムーズに使えるようにするためのインタラクションデザインや普及促進のマーケティング、商品価値化のためのブランド構築など、バリアフリー商品に欠如している機能なども異分野の連携により価値創造するものとします。
 
いくつかの課題解決テーマやミッションを課題を持つ障がい者や患者などからの提案、また医療や介護現場からの要求、技術シーズやアイデアからの提案など様々な角度からプロジェクトの核となるものからミッションを出し、異分野のプロジェクトなどによりオープン、またはクローズドなプロジェクトを形成します。
 
12月からのテーマは視覚障がい支援、そしてミッションは「目が見えなくなった方に再び見えるようにする」です。
 
基礎技術としては大阪市立大学の志水名誉教授などのチームが開発したウェアラブル網膜投影型電子めがねによる低視覚者支援から複合現実感までの医工連携成果などの製品化、普及促進のプロジェクトを取り上げます。
 
【講師・プレゼンテータ】
 
■ 基調報告   大阪市立大学 名誉教授 工学博士 志水 英二 氏 
■ 株式会社タイムズコーポレーション 代表取締役社長 山口 成志氏
■ ファシリテーター  新産業文化創出研究所 所長 廣常 啓一 
 
加齢性黄班変性などは眼球内部の網膜中央部の直径2mmの優れた感度と分解能を持つ黄班が傷ついたことにより視力が低下または見えなくなっています。
ただし、人間の眼球内部の後半部全てが網膜であり、受光特性を持ちますが未使用部分が大半となります。この部分に水晶体を通した映像を屈折させ投影することで小型カメラからの映像を見ることができます。こうした眼鏡のインタラクションデザイン、プロモーションなどのチームとともにより実用性のある眼鏡開発を行います。
その他の技術や製品、材料との組み合わせによるアッセンブルや製造メーカーや販路マッチングなども含みます。
これ以外の独自の視覚回復や支援のアイデアや技術の製品化、実用化プロジェクトも受け付けています。
 
■関連facebookページ ⇒ http://on.fb.me/tY2HBq

今後は聴覚障がいソリューションでは「聞こえなくなった人に再び音の感動を」のミッション。「聴覚障がい者、視覚障がい者に映画やコンサート、ミュージカルを」などのミッションも予定しています。

ワークショップの開発テーマとなっている網膜投影型電子めがね(左:両眼用装着型、右:単眼用) 新産業文化創出研究所の廣常啓一より、異業種の連携によるイノベーションを通した新商品開発のためのプロセスが語られた。「ロットを多くするための汎用性のある開発が必要。」また企業がCSRとして技術開発に行うことのメリットが語られた。 大阪市立大学の志水名誉教授より、基礎技術から現状の電子メガネに至るまでの経緯及び課題について語られた。「デザイン性、視野の拡大、素晴らしさを伝えにくい、そして価格面などの課題をクリアにしていきたい。画質向上も必要。」
株式会社タイムズコーポレーション山口氏からは販売サポートをする立場から、見えにくい方と支援機器現状及び課題について語られた。「国内外において、視覚障がいを持つ方は今後も増える。見えないことによる家族や本人の負担は大きい。その負担を軽減できる支援機器を今後は益々求められる」 大阪市立大学大学院医学研究科の中村准教授からは、現状の機器を使用する際の課題及び使用者の行動について語られた。 インダストリアルデザイナーの黒川氏からは、現状におけるデザイン性の課題について語られた。シーンやニーズに合わせたデザイン。重量や素材も検討。