復興支援異分野連携プロジェクト 「緑の復興支援部会」「イベント復興支援部会」「街づくり部会」

花と緑の街づくりによる復興構想会議「グリーン産業ソリューション&国際復興花博構想」(第2回緑の復興支援部会)

ワークショップNo.110613G

開催日 平成23年6月13日(月)18:30~20:30 時間 18:30~20:30
場所 秋葉原UDX 4F 先端ナレッジフィールド UDXオープンカレッジ           参加費 無料
募集対象 植物関連、土木、造園、街づくり、園芸関連の研究者、事業者、イベント会社、国際博覧会関係者、広告会社、その他 募集人数 20社(20名)程度 
第1回から第4回の会議に引き続き実施します復興支援のための異分野連携プロジェクトの部会となります。今回からの途中参加も歓迎いたします。第1回から第4回の参加者の中から連携が見えるプロジェクトについては別途、分科会、部会としてプロジェクト会議を設定しています。(※各分科会、部会、プロジェクトの項目を御覧下さい)今回は緑による街づくり、緑の産業ソリューション、環境や緑化をテーマとした復興博覧会に係わる第二回目の分科会となります。
 
4月、5月の被災地域にも春が訪れました。桜の咲く避難所や津波から生き残った瓦礫の中の桜の木は満開の花をつけたところも少なくありませんでした。地元の方々にとって春の息吹と桜の開花が復興への希望の象徴、心の安らぎになったと聞いております。
 
現在、被災地域の街の復旧計画が進んでいます。しかし、コンクリートの道路や橋、仮設住宅などの計画に花や緑の計画は緊急を要さないため取り残されています。ただし、並行してもとの課題まで復旧下街づくりでなく、環境豊かな発展的復興のための街づくりや産業創出を花と緑をテーマに検討する会議を持ちます。
 
新たな街づくりに花や緑を活用した街づくりのプロトタイプタウンとしての復興計画案を負荷することで、環境対策や被災土壌の改良、放射能除去、ランドスケープ、植物工場、花卉園芸農業による振興、新たな都市緑化イノベーション、メモリアル公園計画、バイオソリューションクラスター、バイオエネルギー植栽など検討課題は多岐に亘ります。
 
その象徴的な企画としては花や緑をテーマとした国際博覧会の招致「復興国際花博」(仮称)計画も議論いたします。1990年に大阪で開催されました国際花と緑の博覧会、その後の地方花博などの実績と経験を更なる異分野の技術やアイデアを加味して被災地域を広域で開催する計画となります。各地の街ごとに四川大地震のペアリング復興支援同様、各国の参加パビリオンとして、緑化計画を実施するなど、また期間も短期の組合せを数多く、ずらしながら長期開催を実現する等のアイデアも出ています。
 
国際博覧会の冠のもとに、各地の緑の街づくり、環境、エコタウン、公園や造園技術、園芸・緑化のプロトタイプの成果や実証実験を国際的にアピールしていくことと、新たな連携機会とビジネス機会をグローバルに実施することを予定しています。
 
世界博覧会事務局(BIE)や国際園芸家協会(AIPH)への承認手続きや開催方法、開催候補地などの選定などもすすめてまいります。
 
第1回の花と緑の街づくりによる復興構想会議「グリーン産業ソリューション&国際復興花博構想」で、環境関連や都市緑化、花卉農業、バイオ等の各種プロトタイプ事業や街づくりを国際博覧会の看板のもとで分散的に恒久的なパビリオン扱いとして世界に情報発信していく議論が出されました。http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000677.html
 
 
第2回も参加者の皆様からの本文やでの様々なご提案、ご提言、また関連する技術やサービスをお持ちの企業や団体の概要を各社から発表頂き、一社では対応不可能なプロジェクトも異分野の連携(異学問、異業種、産学公連携、川上川下連携、NPO市民連携)により、課題解決策を見出し、地域への効果的導入に結び付けていくことを目的と致します
 
※現在、復興のための専用ポータルサイトを準備中です。現在、仮サイトとして復興関連情報やこれまでの記録をまとめだしました。 詳細は ⇒ http://www.icic.jp/project-1.html

 ◆1回花と緑の街づくりによる復興構想会議「グリーン産業ソリューション&国際復興花博構想」  ⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000677.html

◇検討テーマ例として

省水・省エネ施設、新エネルギー、バイオエネルギー農業、バイオエネルギー畜産、新交通システム、
ユニバーサルタウンサイン・タウンメディア計画、国際博覧会誘致(復興広域花博)、
(国際博覧会事務局BIE、国際園芸家協会AIPH公認)、新ランドスケープ、都市内林業、道路路面緑化、
グリーンリノベーション計画、新観光テーマ開発、スマートシティ、エコエネルギータウン、他

 fukko_flow.jpg 

◇検討テーマ例として

省水・省エネ施設、新エネルギー、バイオエネルギー農業、バイオエネルギー畜産、新交通システム、
ユニバーサルタウンサイン・タウンメディア計画、国際博覧会誘致(復興広域花博)、
(国際博覧会事務局BIE、国際園芸家協会AIPH公認)新ランドスケープ、
都市内林業、道路路面緑化、グリーンリノベーション計画、新観光テーマ開発、他

 fukko_flow.jpg 

新産業文化創出研究所 所長 廣常のファシリテートで開催。「花や緑というと復興計画案として議論に上ることが少ないが、博覧会などと組み合わせることによって誘客となり、街の再生支援ともなるのではないか。」 「茨城県ひたちなか市の風評被害と、来場客を呼び戻す方策を模索中」と語るひたち公園カンリセンターの平田氏。 日本の風景にマッチした自然エネルギー発電について語る株式会社風憩セコロの渡辺氏。
国際博覧会と復興の親和性を語る株式会社博報堂の小林氏。 ハウステンボスの復活事例を語る株式会社ものがたり創造研究所の岩佐氏。 「博覧会をきっかけとし、その地域に根付き、活用されるものとすべき、」「家並みと風景、クリエーターとのコラボなどで新しい価値創造を図る」「循環型社会などの大きなテーマを掲げて開催」など、様々な意見が出た。