復興支援異分野連携プロジェクト 医療健康福祉部会

医療健康福祉分野のイノベーションにおける震災復旧・復興支援ソリューション

ワークショップNo.110610sh

開催日 平成23年6月10日(金)15:00~17:00 時間 15:00~17:00
場所 東京・秋葉原UDX 4F 先端ナレッジフィールド UDXオープンカレッジ           参加費 無料
募集対象 医療健康関連業界、介護福祉施設業界、また連動・連携可能な分野の方々、都市計画・街づくり計画関係者、金融関係者、建設会社、フードサービス産業、食の生産、加工、流通に関わる研究者、事業者など 募集人数 20社(20名)程度

※ Medical Tribuneに掲載されました。
  記事タイトル:被災地のがん患者情報のクラウド化など提案
          復興支援異分野連携プロジェクトが開催

東日本大震災の発展的復興計画を支援するため産学官公民の連携、異業種異学門などの異分野連携によるプロジェクト会議と関連部会を4月から進めてまいりました。復旧計画や復興計画に後々の地域振興や産業振興、これまでの様々な課題解決策を反映できる様に提案・提言を広く社会や被災地域に提供し、具体的なプロジェクトを実施していくものです。

テーマごとの部会、具体的プロジェクトのコンソーシアムなどに分けて検討を進めています。新たに「医療・健康・福祉部会」設置を設置することとなりました。災害救助法の適応も弾力的運用、地域医療再生基金の柔軟な活用などが進みつつあります。地域の実態に合わせた緊急対応から長期で見た復興プランまで幅広く検討するものです。
 
現地では病院が被災したり、避難所での健康被害、地域の医療システムの崩壊などに対して、復旧業務だけでなく、より発展的な医療システムや地域の健康管理システムへの復興策を検討していきたいと考えています。これまで各種の規制や習慣等により実現できなかった医療健康福祉の領域の新たな取り組みを規制緩和の提案提言を含めて実施していくこととします。
 
参加者の皆様からの本文やでの様々なご提案、ご提言、また関連する技術やサービスをお持ちの企業や団体の概要を各社から発表頂き、一社では対応不可能なプロジェクトも異分野の連携(異学問、異業種、産学公連携、川上川下連携、NPO市民連携)により、課題解決策を見出し、地域への効果的導入に結び付けていくことを目的と致します。
 
【復興支援異分野連携プロジェクト 医療健康福祉部会】
※当日はメディア取材が入りました。
 
復興支援異分野連携プロジェクトの中の部会となります。現在、被災地域の医療体制や住民の健康管理などを今後の地域モデルとして、震災前の医療健康に係わる課題をも解決をする復興策を検討します。病院などを核とした医療健康街づくり、そのための新たなビジネスモデルや技術、ICT等の活用による街の健康管理、避難所や仮設住宅への健康医療サービスから将来の街づくりのプロトタイプモデルになるプロジェクトまでをオープンイノベーションの形式によるワークショップを実施します。
 
◇検討テーマ例1
「医療食の地域配食のための社会インフラ形成」
特に避難所や仮設住宅での暮しでは、持病を持った方や食事制限指導を受けている方などには、個人単位のヘルスケアサービス等は出来ていません。病院給食や学校給食などに於いても、個人の健康状態に対応したきめ細かなサービスが出来ていないところもあります。こうした課題解決策について異分野の連携を模索します。
 
  
◇検討テーマ例2
「医療・介護向けeラーニング」
これまで病院などでの医療と地域ICTによるサービスの充実の議論は幅広く実施されてきました。そのなかで震災により、医療や福祉の現場では看護士や介護士、栄養士等の有資格者の数が不足しています。資格者で過去に業務を携わりながら結婚や定年等で職を辞した方や勉強中の学生等にeラーニングのシステムを活用した遠隔教育を実施することで地域の人材不足、リカレント教育、復帰支援などを実現します。
 
◇検討テーマ例3
「がん登録と地域医療ネットワーク構築について」
東日本大震災の被災地における終末医療の現場が混乱しています。がん患者などの終末医療が被災により病院で向かえることも、自宅で向かえることも困難となっている患者や家族が存在します。UDXオープンカレッジでも「健康医療セミナーがん」でがん患者サバイバーの支援や情報交流を実施しています。今回はかかりつけ医と中核病院、被災地の患者情報をICTによりネットワークするサービスを検討します。
(参考プログラム・・・ http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000586.html )
 
 例2 例3 プレゼンテータ  スキルインフォメーションズ㈱ 代表取締役 杉本 浩 氏
 
◇その他 参加者よりの提案提言・プレゼンテーション
 
 プレゼンテータ 株式会社リスクマネジメント 代表取締役 濱崎 研治 氏
  生命保険事業による被災者・被災地への便宜
  第1案:被災された患者さんの生命保険を買取ることで、患者さんへ資金と便益を提供する。
  第2案: 一般の方々の生命保険を被災支援団体へ寄付することを促す。
 
 プレゼンテータ 日本笑いヨガ協会 高田 佳子 氏
 被災地の健康維持・向上に笑いヨガ 今回の震災は、津波による被害が甚大であったため、緊急医療の支援だけではなく、 生活支援としての位置づけの中で健康維持・向上のノウハウが求められます。 笑いヨガは、笑いながらからだを動かす笑いの体操と笑いヨガの呼吸法を組み合わせ たもので、とどのような体力・身体状況の方でも取り組め、どこでも出来ます。有酸 素運動やヨガと同様の効果があり、ストレスリリースや気力の充実、チームビルティ ングにも効果が期待できるものです。 笑いヨガの健康効果へのメカニズムと、笑えない場所で笑いを共有することの価値に ついて、ご紹介したいと思います。
 
◇その他の検討テーマ例として、
「広域災害救急医療情報システム」「被災による健康保険喪失者のためのサポートシステム」「多元語医療支援システム」「次世代病院経営システム」「パブリックエクイティによる資金調達と病院建設」「地域健康サービス産業育成」「遠隔医療システム」「モバイル医療検診機器」「移動病院ビークル」「自立型エコエネルギー活用病院」「地域&パーソナル健康管理」「パーソナルヘルスレコードシステム」「癒し環境創出」「被災者・ボランティアのメンタルケア」「健康住宅」「機能性食品」「医食農連携事業」「病院機能の在宅・街へのサービス展開とタウンマネジメントシステム」「ドクターズキッチン構想」「健康医療産業都市構想」「グローバル医療特区」「次世代検診センター」その他

 ■ファシリテータ  新産業文化創出研究所 所長 廣常 啓一

 

※参考 厚生労働省は4月13日、東日本大震災で特に甚大な被害が出た岩手、宮城、福島の3県に仮設の診療所や歯科診療所など約50カ所を設置することを決めた。津波で診療所を失った開業医に優先的に担当してもらうが、ボランティアの医師もサポートする。2011年度第1次補正予算案に約14億円を盛り込む。

 【復興異分野連携プロジェクト会議、及び各種部会等の活動情報、提言内容、ワークショップ内容等】

※現在、復興のための専用ポータルサイトを準備中です。現在、仮サイトとして復興関連情報やこれまでの記録をまとめだしました。 詳細は ⇒ http://www.icic.jp/project-1.html
 
 
 【プロジェクトの進め方イメージ】
○「異分野との連携で震災支援を行ないたいが、単なる研究でしかない」、「現状のままの技術や製品、単体では現地ニーズに合わないのではないか」、「地域復興のための産業や雇用の創出に協力したいが1社では困難」などに対して知恵のコラボレーションのための緊急ワークショップ、会議。
○賛同いただける企業や研究者、被災地域関係団体等に呼びかけ、研究会などを組成。
○毎回、参加者の復興対象シーズやビジネス、提案をプレゼンテーション頂き議論を実施。
○月1~2回の開催、部会は部会ごとに開催日程を調整。
○研究会、ワークショップは、継続的に開催。途中参加も可能とする。
○成果等を提言レポート、セミナーや実証実験等で披露。規制緩和や特区申請も実施。
○具体性の高い案件は速やかに事業化、プロジェクト化、地域導入のプロセスに移る。
○研究会、ワークショップ参加は無料、プロジェクトに関わる経費や製品提供は各社負担。または各部会参加者で検討。
○知的財産等対応詳細は都度協議
○参加社名は基本的に公開予定。(聴講、見学、情報収集だけの方も可)
○プロトタイプ製品やサービス、PR・デモサンプルの提供等歓迎。
○近日、専用Webサイト開設を予定、専用サイト開設まではUDXオープンカレッジのホームページ活用。
○参加の企業や研究機関の技術や製品、サービスの紹介を各5分程度で実施していただき(事前のシートにご記入頂き配布物としても整理)、コラボ部会が組成次第、対象地域や自治体などへの導入プランへと移行させます。
○現地企業などの応援策として、エンジェル的な増資やM&A、稼動できない現地工場に代わっての支援受託、スマートシティやエネルギー供給などのタウンマネジメント技術や地域自立組織の組成やファンド組成。
○その後の事業化等も自由。
 
   flow5.jpgのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像  
 
◇テーマ
避難児童遠隔授業システム、地域連携授業交換システム、学校クラウド、
多元語医療支援システム、健康医療産業都市、次世代病院経営システム、
地域健康サービス産業育成、遠隔医療システム、モバイル医療検診機器、
地域&パーソナル健康管理、パーソナルヘルスレコードシステム、
癒し環境創出、メンタルケア、ドクターズキッチン構想、次世代防災住宅、  移動式仮設住宅、新素材住宅 
コンパクト・スマートシティ、地域エネルギー、電気事業含む地域自立型タウンマネジメント会社設立、
エコ発電によるEVスタンドの地域会社化、 EV活用エネルギー対策、省水・省エネ施設、
新エネルギー、バイオエネルギー農業、バイオエネルギー畜産、新交通システム、
ユニバーサルタウンサイン・タウンメディア計画、国際博覧会誘致(復興広域花博)、
(国際博覧会事務局BIE、国際園芸家協会AIPH公認)新ランドスケープ、
都市内林業、道路路面緑化、新観光テーマ開発、ボランティア支援、東北フィルムコミッション事業
瓦礫撤去、瓦礫活用、リサイクル処理、土壌改良、塩分除去、土壌改良園芸
無線ユビキタスインフラ、地域ICT、(地域IT放送・ワンセグ放送、他)
機能性農畜産物開発、機能性食品、医食農連携事業、6次産業化支援事業
地域産品の付加価値創造と流通システム開発、ご当地レシピのデジタル化と地域食材流通、
復興支援オールスターレストラン(被災地域食材活用スーパーシェフ協力東京・
名古屋・大阪・京都・広島・福岡)、復興支援ファンド組成、不動産流動化支援、エクイティファイナンス事業
被災企業エンジェルM&A、危機管理広報&復興支援企業広報活用、
コミュニティボンド組成、東北次世代イノベーション人材育成(地域定住復興人材の育成、集積、知の拠点化)
新産業クラスター、イノベーション拠点形成、プロトタイプ実証実験都市、総合特区
外国人研修都市、航空産業都市、被災地企業・工場一時受入、横受けOEM、
植物工場プラント、屋上菜園、室内菜園、ネオファーム企画、復興カジノ事業
その他
 
●他地域での会議開催予定
大阪地区A
【第1回】 及び 【第2回】
タイトル:「関西発・災害復興ICTイノベーションミーティング」
日時: 【第1回】  平成23年5月25日(水) 14:00~18:00  交流会は18:30~
     【第2回】  平成23年6月8日(水) 15:00~18:00  交流会は18:30~
会場:大阪梅田 大阪駅前第1ビル 8階 財団法人関西情報・産業活性化センター第1会議室
募集人数:40名
ファシリテータ :  新産業文化創出研究所 所長 廣常啓一
詳細はこちら ⇒ http://www.kiis.or.jp/ICTIM/
 
東京地区(秋葉原UDX) 
●第1回~第5回会議の様子
第1回 平成23年4月25日開催

第2回 平成23年5月10日開催
 ⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000642.html

第3回 平成23年5月18日開催

 ⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000644.html

第4回 平成23年6月6日開催
 ⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000665.html

第5回 平成23年8月12日開催
ファシリテーター廣常より復興支援プロジェクトの趣旨説明、およびこれまでの報告と今後の流れ等。「復旧ではなく復興を。そのためには復旧してから復興ではなく、復興計画を先に議論しておく必要があります」 同、趣旨説明。「ヘルスケア・健康福祉という縦軸に、新たな横串のイメージと機会を」 「医療・介護向けeラーニングのシステムを活用した遠隔教育を実施することで地域の人材不足、リカレント教育、復帰支援などを実現。また、被災した人が家庭でできる情報収集をサポートし、復職へと導く動きも」スキルインフォメーションズ㈱ 代表取締役 杉本 浩 氏
「被災者の生命保険はまだ無傷です。しかしいずれ保険料が支払えなくなり解約するしかない方が出てくる。12月になるまでに、生命保険の買取を積極的に進めて助けてあげたいのです」株式会社リスクマネジメント 代表取締役 濱崎 研治 氏 「訪問医療の現場を見てきました。調理放棄、介護放棄、認知症の発見遅れ等が医療費用を圧迫している。高齢者に仕事を与えると、本人も元気になるし医療費も削減される。等」株式会社雅 沢田 藤司之 氏 「笑いヨガは体力の無い方でも誰でもできます。楽しいから笑うのではなく、まずは体操として笑います。全く笑うことができなかった患者さんが笑うことができるようになり、ケア側からも喜ばれます。また病院クラウンは被災地、避難所、病院等から求められています。南三陸をはじめ派遣を調整中です。」日本笑いヨガ協会 代表 高田 佳子 氏