アキバモーターショー研究会 秋葉原電気自動車街研究会 EV&スマートシティ・ビジネス研究会 儲かる秋葉原研究会

秋葉原電気自動車街の開発と新たな概念、新たな参加者による「アキバモーターショー」の企画

ワークショップNo.110624am

開催日 平成23年6月24日 17:10~19:10 時間 17:10~19:10 (懇親会19:20~21:00)
場所 秋葉原UDX 4F 先端ナレッジフィールド UDXオープンカレッジ 参加費 無料 (懇親会参加者は2000円)
募集対象 交通産業界、自動車産業界、自動車関連産業界、電気産業界、街づくり関係産業界、イベント産業界、情報通信関係、コンテンツ産業界、上記研究者、クリエーター、秋葉原地域関係者、電気街関係者、その他 募集人数 40名 

秋葉原電気自動車街の開発と新たな概念、新たな参加者による「アキバモーターショー」の企画

【アキバモーターショーとは?】
 
東京モーターショーを含む国際的なモーターショーに課題が発生してきました。先進国国民の車離れ、電気自動車や燃料電池車の台頭による既存産業界の大変革、そうした環境での街づくりや住宅、生活スタイルの変化など自動車産業界の変革と、これまでの展示会というイベントスタイルの変革があります。秋葉原というブランドはもはや地名ではなく、新たな文化や概念のオピニオン的ワードとなりました。
そこで異分野の産業やクリエーターの手によって既存概念にはまらない「アキバモーターショー」を研究するオープンイノベーションのワークショップとなります。バーチャルの中での展示会やアニメ、ゲーム、音楽等との組合せ、クールジャパンとされる痛車などの新カスタマイズ文化、電気街の新たな商材や拠点として予想される電気自動車や関連パーツ、家電や住宅、エネルギーシステムとのシナジーなどを様々な確度より議論するものです
 
【第1回アキバモーターショー研究会】
 
これまで車文化を牽引してきた自動車雑誌各社、モータージャーナリスト、自動車展示会やイベントの主催、企画運営者、自動車産業界や家電業界、秋葉原の電気街関係者、次世代ビークル関係者、大学や研究機関によるセミナーとワークショップの組合せスタイルで6月24日が第1回プログラムとなります。
毎回、ゲストスピーカーによるスピーチや参加者のプレゼンテーション、テーマを決めた議論等により構成されます。
 
【秋葉原電気自動車街】
 
電気自動車、電気バイクのほか、燃料電池車、パーソナルモビリティ等の次世代のビークルは、これまでの自動車産業の商流やマーケティングとは異なった戦略が求められます。内燃機関を中心としたこれまでの自動車と製造部品点数やメンテナンスに於いても新たな参入者をはじめ、ドラスティックな変化が予想されます。
また、EVを取り巻く産業界、EVが走る街の新たなインフラやネットワークも、スマートシティ、スマートグリットなどの次世代の電力網との連携が見えてきます。その他、通信機能の内蔵のため娯楽等のアプリケーションやスマートフォン等を活用した制御やナビゲーション、改造EVや個人による組立EVキットなど、新たな市場と活用方法が見えてきています。
こうした関連産業を良く見ると、東京・秋葉原の電気街コンテンツそのものに見えてきます。現在でも家電量販店などでEVが販売されていますが、秋葉原の高架下などに見られる電気パーツの流通はこれからです。
 
秋葉原電気街もラジオブームから3種の神器、白物家電からオーディオブーム、パソコンブームから各種コンテンツパッケージ、携帯通信など時代の流れにあわせて発展してきました。外国人観光客もこうした先端的な秋葉原の商材やクールジャパンを目当てに集まります。家電やPC販売では薄利となった現在、注目されるのがEV、関連パーツ、急速充電器、家庭用太陽光パネルとの連動、スマートグリットなどとの芋づる的ビジネスの拡大です。
そこで秋葉原にこうした「EVとスマートシティ」の知の拠点活動と秋葉原電気自動車街を開発し、関連する人材育成の教育機関、修理工場、EV関連のショールームやアキバモーターショーの開催などの計画が始まりました。メーカーにとってはバイヤーやプロシューマーとの情報交流、BtoBにるEVビジネスへの参画機会、アキバタウンカレッジなどのEV・スマートシティプログラムの継続開催、学会等の誘致などクラスターとしての活動が開始されます。
こうしたEV・スマートシティの研究会やワークショップ、セミナー、イベントの開催と並行して秋葉原の街を活用した実証実験や新たな電気自動車街の開発とそのマーケティング戦略を研究する本企画をスタートさせます。
 
◆ご関心のある方は、オープンイノベーションとしてのどなたでも参加できる研究会となりますので、お気軽にご参加下さい。
 
◆プログラムテーマ
○日本での車離れの現状と次世代自動車(乗り物)文化と新市場
○EVをプラットフォームとするエコエネルギーからスマートシティ関連産業
○ソーシャル時代の新しいクルマ文化
○痛車にみられるクールジャパンコンテンツとクルマ文化
○秋葉原電気自動車街構想による次世代クルマ関連産業の知の拠点
○各大学のEVシーズの現状 
 
◆基調プレゼンテーション、ワークショップ内容(予定)
 
【テーマ】 秋葉原における環境対応者導入の可能性(国土交通省、経済産業省、環境省、自治体でつくる研究会報告)(仮題)
国土交通省の都市・地域整備局、自動車交通局、道路局、住宅局、総合政策局などの各局と経済産業省、環境省、地方公共団体の66団体で「環境対応車を活用したまちづくり研究会」を平成21年度より立ち上げています。
従来の自動車単体対策に加え、地域単位での環境対応車の導入や、走行空間、駐車スペース、充電施設の整備等と一体的に取り組み環境対応車が利用しやすいまちづくりを実現することが重要となっています。
本研究会は、国の関係機関と地方公共団体とが協働し、環境対応車の導入に向けた課題の改善や、どのような交通を対象とし、どのような走行空間、駐車スペース、充電施設等を整備するかについて検討を重ねながら課題を解決し、環境対応車を活用したまちづくりを推進することを目的として設立したものです。ここではEVだけでなく電動バス、超小型モビリティの実証実験、充電施設の配置検証、街のあり方などを議論してきました。秋葉原での街づくりの可能性として国の動き等をご報告いたします。
 
■スピーカー : 松澤 尚利氏 国土交通省 東京国道事務所 万世橋出張所 所長
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
【テーマ】パーソナルモビリティが秋葉原で走れる光景、売られる日
 
■スピーカー :  セグウェイジャパン株式会社 間中 雄吾 氏
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【テーマ】 秋葉原と自動車文化との親和性を考える
AKBモーターショーって結構ハマルテーマじゃない!?をキーワードに、「自動車メーカーも注目する痛車」も織り込んで、秋葉原と痛車、クールジャパンコンテンツがなぜ親和性が高いのかというコンテンツ側から見たマーケットを考察。DIY文化を中心に初音ミクを事例として解説。
 
■スピーカー : 北森 涼介 氏   自動車メインの交通ライター 
自動車関連をメインで執筆活動中。近著にソフトバンククリエィティブ刊「痛車ろーど」がある。最近の主な執筆誌は、新潮社「ENGINE」、講談社BC「ベストカー」 その他、様々なWEBサイトにて自動車関連記事を書いている。EVでは個人で電動バイクを制作したり、タカラトミーの一人乗り電気自動車「チョロQ」の開発企画などに携わる。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
【テーマ】秋葉原におけるEVの普及活動
 
■スピーカー :  ケイウェザージャパン株式会社 代表取締役 上西 範久 氏
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【テーマ】 オートサロン(チューニング・ドレスアップの総合展示会)主催者からみたAKBモーターショー考
カスタムカーの祭典として多くのファンを獲得している「オートサロン」(http://www.e-autosalon.net/about/index.html)の主催者である㈱三栄書房が考えるAKBモーターショーの可能性。オートサロン来場者から得たアンケートデータ(EVへの関心度等)を元に分析。
 
■スピーカー : 森本 太郎 氏 ㈱三栄書房 第一事業部 第一制作局 局次長/日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
【テーマ】 みんなでAKBモーターショーをやりませんか!!
クルマ誌の老舗出版社2社(三栄書房&モーターマガジン社)が手を組んで構想中のAKBモーターショーのイメージを提示。併せて、そのムーブメントの前に立ちはだかる課題(主に協力者&理解者の拡大)を提示し、その克服のための協力&理解を呼びかける。
 
■スピーカー : 田中 克明 氏 ㈱モーターマガジン社 事業企画部
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【テーマ】 秋葉原の駐車場の現状と、今後の展開と取り組みについて
 
■スピーカー : 株式会社駐車場綜合研究所 UDXパーキング 副所長 佐々木 将 氏
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【テーマ】 秋葉原における大型イベントスペースとしての「アキバスクウェア」の自動車イベント活用法
 
■スピーカー :  秋葉原クロスフィールドイベントスペース  アキバスクウェア事務局  統括プロデューサー 野村 愼也 氏
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆基調報告 及び 総合ファシリテーター : 新産業文化創出研究所 所長 廣常 啓一
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
★その他、ゲストスピーカーも予定しています。参加者でプレゼンテーションの希望がございましたら事務局までご相談下さい。
 
◆ワークショップ内容(予定)
参加者からのプレゼンターションと以下の議論
○秋葉原電気自動車街とアキバモーターショー
○EV自動車がもたらす関連産業の広がり
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
【同日(6/24日)の関連プログラム】
 
■13:00~14:40 【復興支援異分野連携プロジェクト】 エコエネルギー技術、地域エネルギー事業会社、EV等次世代ビークルの技術を活用した街づくり⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000660.html
 
◇プレゼンタイトル及びスピーカー:
 ●『小水力発電による事業形態』
     横山正夫氏(ジェイアール東日本コンサルタンツ株式会社
               環境部 担当部長)
 ●『僕はつながらない』       
     渡辺博氏(株式会社風憩セコロ 取締役東京支社長)
 ●EVの活用
    上西範久氏(ケイウェザージャパン株式会社 代表取締役)
 ●復興支援におけるEV自動車の可能性
     山下 浩二氏(EV安全協会 工学博士) 
 ●他  
ファシリテータ :  廣常 啓一 (新産業文化創出研究所 所長)
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
■ 第一部 15:00~17:00 「EV(電気自動車)社会の現状と今後」 ⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000611.html
 
 ◇テーマと講師
  【テーマ1】 次世代EV技術のイノベーションとベンチャーの可能性
         山下 浩二氏 (EV安全協会 代表)
  【テーマ2】 日本のクルマ文化の振興を目指す新たな試みとは
         山本 善隆氏 (日本自動車文化振興プロジェクト)
  【テーマ3】 国内ベンチャーによるEVビジネスへの挑戦とその現状
         鈴木 健一 氏 (自動車ジャーナリスト)
  【テーマ4】 オリジナルマイクロEVによる「まちづくり構想」
         宗村 正弘 氏 (株式会社シンクトゥギャザー
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
■ 第二部 17:10~ 19:10 「【秋葉原電気自動車街】の開発と新たな概念、新たな参加者による【アキバモーターショー】」の企画 ⇒お申込は下記ボタンをクリック下さい。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

  事前にお申込お願いいたします。 ⇒ http://www.town-college.com/udx/search/000218.php

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
【今後の論題】  
●クロスメディア、IT、SNSを組み合せたバーチャル・モーターショー
●関連メディアの連携によるプロモーションから企画運営
●新しい展示モチーフとしてのパーソナルモビリティ、EV(電気自動車、電気バイク、電動アシスト)、ロボット、ウェアラブルコンピューティング、スマートグリット、スマートハウス、家電連動、停電節電対策、次世代レースイベント、痛車、ゲームアニメ、他
●クールジャパンとしての考え方、インバウンド観光リソース、MICE、インタラクションデザイン
 
【これまでの関連プログラム】
■「サスティナブルシティ」市民提案による新しい社会システム(EVからLRTを駆使した街づくり)平成22年11月15日 ⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000534.html
 
■5年後の自動車のカタチと新たな生活スタイルとビジネス(エコカーとしてのEVからパーソナルモビリティとスマートシティ) 平成23年1月18日 ⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000592.html
 
■エコワークショップ「緑×街づくり(アキバ)×自動車」(組立パーツや痛車としてのカスタマイズEVとアキバ系ライフスタイル) 平成23年1月18日 ⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/o/000422.html
 
【その他 関連プログラム】 
■電気自動車(EV)とスマートハウスの融合ビジネス ⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000606.html
 
■電気自動車(EV)と次世代鉄道の融合「モーダルシフト時代のピギーバック、またはパーク&ライド」 ⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000609.html
 
■電気自動車(EV)新技術セミナー「小型化されるモーター」「新バッテリー」「急速充電器」予定 ⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000618.html
 
■電気バイク、電動アシスト自転車の最前線 ⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000612.html
 
■計画停電、事故停電の際しての電気自動車の蓄電機能の効果的活用方法⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000641.html
 
■電気自動車(EV)販売事業参画セミナー「電気自動車・電気バイク・関連パーツ、EV住宅設備の販売、施工からコンバージョン・修理まで」⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/p/000619.html

 

国土交通省の立場から秋葉原における環境対応車について語る松澤氏 小型ジェネレーターを活用したイベントの盛り上げを語るケイウェザージャパンの上西氏 つくば市では特区申請がおり、セグウェイが一般道(歩道)を走ることができるようになったと語るセグウェイジャパンの間中氏
秋葉原で定着しつつある痛車を使って「アキバモーターショー」を・・・と語る北森氏 UDX、秋葉原を中心にモーターショーを開催し、街の新たな象徴とし、また自動車離れの呼び戻したいと語るモーターマガジン社の田中氏 東京オートサロンで大成功を収めているという、もう一人の発起人、三栄書房の森本氏