次世代コミュニケーション空間研究会

8月次世代コミュニケーション空間研究ワークショップ⑤「効果的な会議やコミュニケーションの環境、創発的環境としての技術検討と課題」 

ワークショップNo.0805np5

開催日 平成22年8月5日(木)17:20~18:00  時間 17:20~18:00(交流会18:00~)
場所 秋葉原UDX 4F 先端ナレッジフィールドUDXマルチスペース(旧・東京フードシアター5+1)        参加費 無料 
募集対象 建築・内装関連、不動産関連、照明設備関連、IT関連、コミュニケーション技術関係、AV機器関係、テレビ会議・プレゼンテーション等に関る業務、活用をお考えの方、東アジア・中国戦略をお考えの方、本コンソーシアムへの参画を希望される方 募集人数 30名 
(4)効果的な会議やコミュニケーションの環境、創発的環境としての技術検討と課題 (予定)
 
  講 師  :   コクヨファニチャー株式会社 商品開発部 坂口 順一 氏
 
【プログラム内容】 調整中
  
【講師プロフィール】
1990年コクヨ㈱入社。家庭用家具の開発を3年間担当した後、オフィス家具の開発へ異動。 会議空間用の家具をはじめ、ワークステーションやシステム収納など多岐にわたって担当する。
10年前に「mimio」という電子デバイス(普通のホワイトボードにmimioを取り付けることで、電子ボードとして使用できる)の商品担当になり、一時オフィス家具の担当から外れる。 5年前にオフィス家具の担当に戻り、現在は会議テーブルや会議サポートツール、マネージメント用家具、応接などの商品開発を担当するグループの責任者。
 
◆次世代コミュニケーション空間研究ワークショップ(第2回)

海外と日本を結ぶテレビ会議システムなどに臨場感なシステム、会議支援のための様々なプレゼンテーション技術、多言語の翻訳通訳などのシステム、デジタルサイネージなどの活用や課金決済システムの応用、様々な技術や設備の相互接続の他、会議などの複数空間での創発性、会議成果やコミュニケーション成果の追求などについての研究会をスタートいたします。

今回は、外国と日本を結ぶ異文化・多言語のコミュニケーションの課題解決策、創発的な知的生産性を挙げる会議室やサロン空間、それを実現するためのプレゼンテーションシステムやNGNを活用したテレビ会議システム、翻訳通訳システムなどの効果的な技術とその可能性について、更にそうした実証実験コンソーシアム募集と参画方法についてのセミナー、ワークショップを行います。
 
【プログラム概要】 (予定)
(1)次世代型のテレビ会議システム
  ①NGN利用のHDハイビジョン映像コミュニケーションと相互利用
  ②自然なコミュニケーション、臨場感あるテレビ会議
  ③複数地点をテレビ会議システムで結ぶサロン空間のあり方
2)国際的複数地点を結ぶテレビ会議等の言語的課題解決策
  ①多言語、多文化のコミュニケーションの考え方
  ②多言語グリットと活用の可能性 ※
  ③テレビ会議での翻訳・通訳システム等プレゼンテーション支援の可能性
(3) 日本の国際戦略と次世代コミュニケーション空間の活用
  ①対東アジア(中国)戦略としての2地点間ネットワークの重要性
  ②上海と結んだ次世代コミュニケーション空間コンソーシアムと参画方法など
(4) 創発的空間、知的生産性向上、効果的コミュニケーション支援(会議、プレゼンテーション異文化交流、サロン空間、他)
 
★全プログラムのお申込は 下部の申込みフォームからお申込下さい。
 
■全体概要説明 14:00~14:10
  新産業文化創出研究所 所長 廣常 啓一 ほか
 
■第1  14:10~15:00  
(1) 「インターネットで結ぶビジュアルコミュニケーション(HD映像コミュニケーションシステム)」  
 講 師 :   パナソニック(株) ビジュアルコム開発室 室長 水野 治展 氏
 
第1部の詳細・お申込は ⇒  http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000309.html
 
■第2   15:10~15:50  
(2)「多言語翻訳の新技術『言語グリット』とその可能性」(仮題)
講  師 :  京都大学大学院 情報学研究科社会情報学専攻 教授  石田 亨氏
 
第2部の詳細・お申込は ⇒  http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000457.html
 
■第3   15:50~16:30
(3) 「ネットワークを介したコミュニケーションにより、異文化コラボレーション支援の方法」(仮題)
講  師 :   和歌山大学 システム工学部デザイン情報学科 准教授 吉野 孝氏
         他 
第3部の詳細・お申込は ⇒  この下のフォームより
 
■第4   16:40~17:20 
(4)「日中2地点間での多言語コミュニケーション創発空間プロジェクト」
 講 師  :   京都リサーチパーク 産学公連携部 部長 木村千恵子 氏
                新産業文化創出研究所 所長 廣常 啓一   ほか
 
第4部の詳細・お申込は ⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000458.html
 
■第5 17:20~17:50
(5)効果的な会議やコミュニケーションの環境、創発的環境としての技術検討と課題 (予定)
   講 師  :  コクヨファニチャー株式会社 商品開発部 坂口 順一 氏
                             空間設計に関る研究機関等 より予定
 
第5部の詳細・お申込は ⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000464.html
 
■第6 18:00~19:30  交流会 
 
第1部~第5部の講師への質問、講師、参加者間の交流、名刺交換、本コンソーシアムへの参加希望者への情報提供・交流を兼ねて実施いたします。
 
交流会のお申込は ⇒ 各回のお申込者に事務局よりご確認させて頂きます。
交流会のみのご参加もOK 
交流会のみのご参加は ⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/ic/000463.html から
 
◆次世代コミュニケーション空間研究会
 
コラボレーションのための研究会の設置と事前ワークショップの開催
 
複数地点を結ぶ多言語コミュニケーンョン対応型のプロトタイプ実験施設、また2地点間を超臨場感のあるコミュニケーション空間としてテレビ会議や創発型の会議室、サロンなどのプロトタイプ実験施設を産学公・異業種連携のコラボレーションの研究会、ないしプロジェクトとして進めてまいります。
 
活動拠点としては東京(秋葉原)、京都などのほか、中国・上海などの海外とを結ぶ研究なども予定しております。オープン・イノベーションとしての知の集積・交流による研究会・プロジェクトとして推進し、ワークショップ、セミナー、実証実験なども継続的に実施してまいります。
 
【これまでの実施プログラム】
 
1回 「多言語超臨場感テレビ会議」22年6/18日 
 

【関連報道】 

フジサイケイビジネスアイ 2010/4/5 http://www.sankeibiz.jp/business/news/100402/bsd1004020502003-n3.htm

フジサイケイビジネスアイ 2010/4/23  http://www.sankeibiz.jp/business/news/100423/bsb1004230501005-n1.htm