タウンメディア研究会 & ARG研究会 

7月タウンメディア研究③「e空間渋谷×ARGクリスマス2010プロジェクト」~プロジェクトの取組と異業種の参画コンソーシアムの募集まで~

ワークショップNo.0713tm3

開催日 平成22年7月13日(火)16:00~17:00 時間 16:00~17:00
場所 UDX4F 先端ナレッジフ ィールド UDXマルチスペース 参加費 無料 (交流会参加者は2,000円)  
募集対象 IT業界、広告業界、放送・通信業界、不動産・鉄道業界、エンタテイメント業界、クリエーター、広告プロモーションご担当などITやARGを活用した広告手法や街の活性化、新たなビジネスをお考えの方 募集人数 50名

第3 e空間渋谷×ARGクリスマス2010プロジェクト」

【プログラム概要】
 
(1) e空間渋谷を活用した「ARG(代替現実ゲーム)による新たなビジネスとソリューション」
(2)テーマパークや映画、街の装飾などのこれまでのARG技術からIT活用の新たなARGの可能性を街とクリスマスをテーマに実施することの意味
(3)プロジェクトの取組と異業種の参画コンソーシアムの募集について
(4)クリスマスシーズンに渋谷の街を媒体としたキャンペーンや広告プロモーション、イベントや調査、実証実験の利用イメージ
 
◆平成22年7月13日(火) 16:00~17:00
スピーカー :  
ニコルソン                  今仁 英輔 (いまに・えいすけ) 氏
国際ゲーム開発者協会日本(IDGA日本) SIG-ARG 世話人 八重尾 昌輝 氏
新産業文化創出研究所  所長     廣常 啓一 (ひろつね・けいいち) 
ほか  
    
【プログラム内容】
街のIT化、またその活用による様々なサービスの開発に対して経済産業省は「「ITとサービスの融合による新市場創出促進事業(e空間実証事業)」として、民間事業者に対しての公募を実施し、様々な実証を行っています。2009年度には東京の渋谷、大阪の梅田の街を実証エリアとして様々な取組が実施されました。2010年度も、更に充実したサービスモデルを開発するために、渋谷の街、東急沿線のIT化した街を利用し様々な検討が行われています。
 
そのひとつに従来の小説や映画、テレビ番組の他、ブログやTwitterなどを横断的に利用したエンタテイメントコンテンツの手法「ARG:Alternate Reality Game(代替現実ゲーム)」を街のセンシング機能やデジタルサイネージなどを活用し、地域のサービスとしてどのようなビジネスモデルが開発できるかなどの実証も検討されています。
 
新産業文化創出研究所(ICIC)のタウンメディア研究会ARG部会では、国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)をはじめ、様々な領域の皆様とこの実証を行うためのコンソーシアムの組成を予定しています。
 
本ワークショップは、渋谷で実施する「e空間渋谷ARGクリスマス2010プロジェクト(仮題)」の企画に関し、異業種の参画希望者の皆様にそのビジネスの可能性、プロジェクト説明、コンソーシアム参画方法などを説明いたします。
 
「e空間渋谷・ARGクリスマス2010プロジェクト(仮題)」とは、2010年のクリスマスシーズン、渋谷とその沿線は、クリスマスに繰広げられる様々なエンタテイメントコンテンツと渋谷の街のクリスマスディスプレイやセールと合わせたARGストーリーにITを活用し没入します。クリスマスにまつわる音楽やアート、ファッションや飲食、ショッピングからクラブシーンまで、老若男女問わない幅広い来街者と彼らを取り巻く、クリスマス・ストーリーがARGとして繰広げられます。映画やテレビ・携帯ドラマ、ゲーム、イルミネーション・・・などとリンクして渋谷がクリスマスのテーマパークと化すことでしょう。
 
渋谷の街、沿線でのIT技術の実験、アプリやコンテンツの制作や活用、クリスマスのエンタテイメントコンテンツやセールのための広告プロモーションや集客、販売に参加してみたい方、類似プロジェクトを他地域でお考えのe空間デベロッパー、調査やマーケティングの可能性をお考えの方などは、是非、ご参加下さい。新たな街の活性化戦略としての魅力ある実証実験に参画できるはずです。
 
【講師プロフィール】
 
 ※ 今仁英輔 氏 プロフィール
ARG クリエイター集団ニコルソン所属。2009年12月に早川書房S-Fマガジン50周年記念企画「Sync Future」のプロモーションとして、ARG「Future Player」を制作・運営。国内で初めてとなるARGクリエイター集団「ニコルソン」の活動を開始した。2月には「Sync Future」シリーズ第二弾となるARG「前田真宏監督が怒っているので助けてください」を制作・運営。
 
※ 八重尾昌輝 氏 プロフィール
IGDA日本SIG-ARG所属。ゲーム系ジャーナリストとして活動するかたわら、IGDA日本のARG専門部会(SIG-ARG)世話人と、ARGニュース配信サイト「ARG情報局」管理人を務める。ARGの持つエンタテインメント性や新たなストーリーテリング手法に注目して独自に研究を続けているほか、ARGの制作・運営も行っている。SIG-ARG第二回研究会用ARG「Passt」の制作・運営のほか、式根島のプロモーションのためのARGを現在製作中。 
 
 ※ 廣常啓一 プロフィール       
 地域の持つ、有形無形のポテンシャルを活用し、新たなプロトタイプ産業や文化のインキュベーション、実証実験を実施する新産業文化創出研究所の代表。地域開発や都市計画に産業育成の仕組みを取り入れ、秋葉原のほか、北海道(各市)、長岡、筑波、長野、名古屋、大阪梅田、神戸ポートアイランド、芦屋、京都、広島、福岡、鳥栖、モンテカルロ、上海などの計画やプロデュースを実施。地域の医療や福祉の持続的経営、伝統産業と先端技術のマッチング、クリエーターと伝統工芸のマッチング等も実施してきた。国際花と緑の博覧会プロデューサーなどの大型国家プロジェクトから都市緑化推進や環境対策、地域振興イベントの他、コンサートやスポーツイベントの企画やその業界振興も行う。地方自治体などの顧問や委員も務める。
 
 
【当日の関連ワークショップ】
 
第1  「ARG(代替現実ゲーム)による新たなビジネスとソリューション」
~テーマパークや映画などのこれまでのARGからIT活用の新たなARGの可能性~
◆平成22年7月13日(火) 14:00~15:00
スピーカー :  
慶応義塾大学 経済学部 教授    武山 政直 氏
ラッシュジャパン株式会社(Rush Japan)   取締役  安福 久哲氏
国際ゲーム開発者協会日本(IDGA日本)
 代表  新 清士 氏  
株式会社新産業文化創出研究所    所長    廣常 啓一 ほか
 
詳細・この回のみのお申込は ⇒http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000451.html
 
第2部 タウンメディア研究②「経済産業省・e空間実証業」    
~東急電鉄グループの渋谷で実施するARマーカ活用の地域振興策とオープンプラットフォーム活用のサービス事業者(コラボ)の誘致ほか~
 
平成22年7月13日(火) 15:00~16:00
スピーカー :   
東京急行電鉄株式会社 グループ事業本部第三部課長  金山 明煥 氏(工学博士都市計画)
株式会社東急エージェンシー    小方 靖 氏
株式会社関心空間 代表取締役社長CEO  宮田 正秀 氏
 
詳細・この回のみのお申込⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000452.html 
      
 
第4   交流会:  2,000円
 
第1部~第3部の講師への質問、講師、参加者間の交流、タウンメディア研究会、及びARG研究会、e空間渋谷ARGクリスマス・プロジェクトコンソーシアムへの参加希望者への情報提供・交流を兼ねて実施いたします。
 
◆平成22年7月13日 17:20~19:00
交流会のお申込は ⇒  各回のお申込者に事務局よりご確認させていただきます。
交流会のみのご参加も可能です。⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/ic/000447.html
 
 
【タウンメディア研究ワークショップとは】 
街がメディアとして情報発信、情報収集するための技術とビジネスモデルを研究いたします。ユビキタスタウン、地域ICT、e空間プロジェクトなど総務省、経済産業省、国土交通省などにより各地で関連プロジェクトが生まれつつあります。こうした技術やインフラによりタウンマネジメント(情報発信、防災防犯、ファシリティマネジメント、各種サービス) やデジタルサイネージ、モバイル通信サービス、バイタルデータ取得などに活用が期待されます。 
これらをシリーズとして異業種によるワークショップを実施し、市場ニーズ、ライフスタイルとそれに対応するビジネスモデルの構築、そのための異業種の技術シーズなどのコラボレーションや融合を促進いたします。 セミナー、ワークショップにより様々な実証実験や研究会ワーキングを組成し、事業化に向けたプロジェクトとして継続的な活動に結び付けてまいります。 
 
今後、予定されるワークショップ・テーマ(タイトル)としては、以下のようなものを予定しています。 ・通信と放送が叫ばれてもう何年・マーケティング見地での街2.0・デジタルサイネージの何と繋がる・店頭ワンセグTV・先端的なウィンドウ・ショッピングとは?・街のカードとしての交通デポジットカード・エリアワンセグの可能性・可視光通信としての照明計画・マッシュアップ・CGU/UGC・ポイントカードとの連動・屋内位置即位の活用方法・タウンゲームとしての活用方法・ARGの街と連動したシナリオ・ファシリティマネジメント機能との融合・都心再開発プロジェクトでの導入・複数建築物のインフラ統合が意味するもの・e空間実証実験の報告・地域ブランディングと街メディアの街内事業や製品への価値創造 など 多彩な講師陣、発表者などによるセミナー、ワークショップ等を予定しております。
  
 
【関連報道記事】
フジサンケイビジネスアイ 平成22年6月25日 新市場創造 面  
 
【これまでのタウンメディア研究ワークショップは】
第1回 平成20年7月14日 都市の情報化とタウンメディアシステム 
http://www.icic.jp/workshop/cat/ic/000153.html
 
第2回 平成21年6月18日   タウンメディア概念と無線インフラの可能性
http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000126.html
 
第3回 平成21年12月15日 街をメディアとして考えるためのインフラ整備
http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000204.html
 
特別回 21年8/4   Visit Japan Yearと外国人観光客招致戦略
http://www.icic.jp/workshop/cat/p/000042.html
 
第4回 平成22年6月7日 代替現実ゲーム(ARG)と地域ICTの組合せ
http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000438.html
  
第5回 平成22年6月28日   経済産業省実証事業e空間
http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000444.html
第6回 平成22年6月28日  日本でのARGの状況と実例
 
◎関連ワークショップ22年6/18 次世代コミュニケーション空間研究~多言語超臨場感テレビ会議
http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000310.html