タウンメディア研究会  

6月タウンメディア研究②「経済産業省・e空間実証事業」~ITを活用した渋谷の街の活性化サービス開発の取組みを例に~

ワークショップNo.0628tm

開催日 平成22年6月28日(月)14:00~15:00 時間 14:00~15:00 (交流会16:15~18:00)
場所 先端ナレッジフィールド UDXマルチスペース            参加費 無料 (交流会参加者は2000円)
募集対象 IT業界、広告業界、放送・通信業界、不動産・鉄道業界、エンタテイメント業界などITを活用した街の活性化や新たなビジネスをお考えの方 募集人数 20名

タウンメディア研究②「経済産業省・e空間実証事業」                                                          ~ITを活用した渋谷の街の活性化計画を例に~

街のIT化、またその活用による様々なサービスの開発に対して経済産業省は「「ITとサービスの融合による新市場創出促進事業(e空間実証事業)」として2009年度より、民間事業者に対しての公募を実施し、様々な実証を行っています。2009年度は東京の渋谷、大阪の梅田などの街を実証エリアとして様々な取組が実施されました。今年度、更に充実したサービスモデルを開発するために、様々な検討が行われています。
 
そのひとつに従来の小説や映画、テレビ番組の他、ブログやTwitterなどを横断的に利用したエンタテイメントコンテンツの手法「ARG:Alternate Reality Game(代替現実ゲーム)」を街のセンシング機能やデジタルサイネージなどを活用し、地域のサービスとしてどのようなビジネスモデルが開発できるかなどの実証も検討されています。
 
新産業文化創出研究所(ICIC)のタウンメディア研究会では、国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)をはじめ、様々な領域の皆様とこの実証を行うためのコンソーシアムの組成を予定しています。本ワークショップは、こうした可能性に参画、または興味のある方々を中心とした議論、研究の場を予定しています。
 
今回は2008年度の経済産業省「情報大航海プロジェクト」(ぷらっとPlat自由が丘)、2009年度同「e空間実証事業」(pin@clipピナクリ)などの実証実験を行ってこられました東急電鉄を中心としたコンソーシアムから、これまでの取組や今後の考え方について発表頂きます。
 
第1部 (14:00~15:00)                                                                
スピーカー: 
東京急行電鉄株式会社 グループ事業本部第三部課長 金山明煥氏(工学博士都市計画)
   
株式会社東急エージェンシー    小方 靖 氏

株式会社関心空間        代表 取締役社長CEO   宮田 正秀 氏  

   の各社から渋谷でのe空間実証事業の状況をご報告いたします。
 
 
第2部 (15:10~16:00) 詳細・申込 ⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000446.html
 
 【e空間実証事業 参考】
経済産業省 e空間実証事業                                      http://www.meti.go.jp/information/data/c91102aj.html
 
平成21年度 e空間実証事業 (東京・渋谷地域)  http://www.tokyu.co.jp/contents_index/guide/news/091224.html
 
平成21年度 e空間実証事業 (大阪・梅田地区)     
 
 
 【当日の関連ワークショップ】
平成22年6月28日(月)15:10~16:00
6月タウンメディア研究③「ARG(代替現実ゲーム)の日本での状況」
http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000446.html 
 
平成22年7月13日(火)15:00~17:00                                                                                                        7月タウンメディア研究「各種メディアと街・鉄道沿線・店舗をITで結ぶe空間ARG実証事業」~具体的参画方法として ~    http://www.icic.jp/workshop/cat/ic/000447.html
 
 
  【タウンメディア研究 ワークショップとは】 
街がメディアとして情報発信、情報収集するための技術とビジネスモデルを研究いたします。ユビキタスタウン、地域ICT、e空間プロジェクトなど総務省、経済産業省、国土交通省などにより各地で関連プロジェクトが生まれつつあります。こうした技術やインフラによりタウンマネジメント(情報発信、防災防犯、ファシリティマネジメント、各種サービス) やデジタルサイネージ、モバイル通信サービス、バイタルデータ取得などに活用が期待されます。 
これらをシリーズとして異業種によるワークショップを実施し、市場ニーズ、ライフスタイルとそれに対応するビジネスモデルの構築、そのための異業種の技術シーズなどのコラボレーションや融合を促進いたします。 セミナー、ワークショップにより様々な実証実験や研究会ワーキングを組成し、事業化に向けたプロジェクトとして継続的な活動に結び付けてまいります。 
今後、予定されるワークショップ・テーマ(タイトル)としては、以下のようなものを予定しています。 ・通信と放送が叫ばれてもう何年・マーケティング見地での街2.0・デジタルサイネージの何と繋がる・店頭ワンセグTV・先端的なウィンドウ・ショッピングとは?・街のカードとしての交通デポジットカード・エリアワンセグの可能性・可視光通信としての照明計画・マッシュアップ・CGU/UGC・ポイントカードとの連動・屋内位置即位の活用方法・タウンゲームとしての活用方法・ARGの街と連動したシナリオ・ファシリティマネジメント機能との融合・都心再開発プロジェクトでの導入・複数建築物のインフラ統合が意味するもの・e空間実証実験の報告・地域ブランディングと街メディアの街内事業や製品への価値創造 など 多彩な講師陣、発表者などによるセミナー、ワークショップ等を予定しております。
  
 ◎これまでのタウンメディア研究ワークショップは 
第1回 20年7/14 都市の情報化とタウンメディアシステム    http://www.icic.jp/workshop/cat/ic/000153.html 
第2回 21年6/18   タウンメディア概念と無線インフラの可能性 http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000126.html 
特別回 21年8/4   Visit Japan Yearと外国人観光客招致戦略http://www.icic.jp/workshop/cat/p/000042.html  
第3回 21年12/15 街をメディアとして考えるためのインフラ整備http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000204.html 
第4回 22年6/7 代替現実ゲーム(ARG)と地域ICTの組合せhttp://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000438.html 
第5回 22年6/28   経済産業省実証事業e空間http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000444.html  
◎関連ワークショップ22年6/18 次世代コミュニケーション空間研究~多言語超臨場感テレビ会議
http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000310.html 
東急エージェンシーの小方氏が渋谷で実施したe空間実証事業を発表 募集定員を超える参加者があった。関心の高さがうかがえる 渋谷におけるe空間実証事業の概要を説明する金山氏(東京急行電鉄)