エコワークショップ 

3月エコワークショップ①二地域居住(秋田県 由利本荘市・にかほ市)と食の安全

ワークショップNo.0315eco

開催日 平成22年3月15日(月)18:30~19:30 時間 18:30~20:30(交流会19:30~20:30)
場所 先端ナレッジフィールドUDXマルチスペース(東京フードシアター5+1)   参加費 無料 (交流会参加は有料となっています。4000円)
募集対象 環境問題に関心のある方、企業の環境担当者、環境ビジネス関係者または関心のある方、エコ検定認定者、他    募集人数 30名

スピーカー :  NPO法人日本環境調査会 副理事長 石川 洋美 氏

         新産業文化創出研究所 所長 廣常 啓一 「オープンカレッジとエコへの取組」

         NPO法人 まちづくり人材育成「長善の会」理事・事務局 中塚 総紀 氏

         NPO法人 まちづくり人材育成「長善の会」理事長  岩城 祐子 氏

          講演テーマ 「二地域居住(秋田県 由利本庄市・にかほ市)と食と安全」

※ 当日は秋田の食材、食品の加工食品なども召上がっていただきました。

※ 午後の部の兵庫県豊岡市のお米を使った様々なお料理も召上がっていただきました。

【エコワークショップとは】

エコワークショップはイノベーションワークショップとして広くエコを研究する人々やエコ活動を実施する人や団体、エコ関連のビジネスを行う企業、エコ活動を勉強、または関ることを考えている方々の交流を兼ねたワークショップとなります。エコ推進の新たなイノベーションやそこから生れるサービスや技術、組織の知の交流を目指します。

エコワークショップはUDXカレッジとNPO環境調査会のコラボレーションで行われています。
 
9/9 「企業のエコ活動とeco 検定がはたす役割」
  瀬戸口隆俊  東京商工会議所 人材・能力開発部 課長
  澤登信子 エコピープル支援協議会事務局長
  江口聡 eco noge (㈱野毛印刷社 営業課長 )
  照井敬子 ecoLikoクラブ代表  (薬樹㈱ )
 上田隆一 社団法人 日本経営士会
 廣常啓一 新産業文化創出研究所所長
 
10/14 CO2 90年比 -25%の可能性
 嶋矢志郎 財団法人 地球環境財団 理事長 
 張 薫貞 財団法人 地球環境財団 研究員 
 廣常 啓一   新産業文化創出研究所 所長
 石川洋美 NPO日本環境調査会 副理事長
 
11/11 今、中国の環境改善に何が協力できるか?
 石川 洋美   NPO日中環境協力センター理事長 NPO日本環境調査会副理事長
 酒井 建二   NPO日中環境協力センター 理事
 飯田 泰介   株式会社デザイニング GreenPlus(グリ-ンプラス)代表
 廣常 啓一   新産業文化創出研究所 所長
 宇田川 貞二 株式会社シンコー 環境対策事業部東京支店支店長
 西村 孝一 株式会社インターヴォイス ディレクター

 

タイトル:二地域居住(秋田県 由利本荘市・にかほ市)と食の安全
 
内  容 :
第4回のテーマは「二地域居住と食の環境」とし、秋田県のNPOまちづくり人材育成「長善の会」理事・事務局の中塚総紀氏を講師としてお迎えします。二地域居住とは、都会に暮らす人が、週末や一年のうちの一定期間を農山漁村で暮らすこと。2005年に国土交通省の研究会が提唱した考えです。
 「長善の会」は風光明媚・自然豊かな秋田県南地域(由利本荘市・にかほ市)に第二の居住を推薦し、「年金に頼らない田舎暮らしの実践」を目的としています。また、自分の手で作った「安心安全な食べ物を家族に届ける」ことをお手伝い。地域の空き家情報を公開し、新規就農、家庭菜園の指導、経済活動の支援事業など、住みやすい環境づくりと協力の輪を広げています。
 当日は4月予定の「秋田県南の旅ツアー」の案内や、取り組み生産した食材の試食もあります。
オープンカレッジとエコへの取り組みを説明する廣常啓一(新産業文化創出研究所所長) 聴講する参加者 石川浩美氏(NPO法人日本環境調査会副理事長)による挨拶
二地域居住について説明する中塚総紀氏(NPO法人まちづくり人材育成「長善の会」理事) 自らの二地域居住体験を語る岩城裕子氏(NPO法人まちづくり人材育成「長善の会」理事長) 秋田で採れた果物を使って作ったジャム