パーソナルモビリティ・ビジネスサロン  

パーソナルモビリティ活用の新スポーツ競技開発

ワークショップNo.1214pm

開催日 平成21年12月14日(月)16:00~18:00 時間 16:00~18:00
場所 先端ナレッジフィールドUDXマルチスペース(東京フードシアター5+1)  参加費 無料 
募集対象 パーソナルモビリティ事業、またはそれを活用した事業や研究をお考えの方、スポーツ産業関係者   募集人数 10名 定員になり次第締切らせていただきます

セグウェイに続き、トヨタやホンダが次々とパーソナルモビリティとしての個人対応の次世代の移動車両を発表しています。ここではこうした乗り物を健康やスポーツに活用することを考えて見ます。特に身障者と健常者が分け隔てなく競技できるスポーツや従来スポーツの進化系などを研究します。欧米ではセグウェイを活用した乗馬トレッキングやポロなどの競技も盛んに行われていますが、ここでは日本で開発し世界に広げることの可能なオリジナルスポーツ、またはスポーツ競技の支援機能なども追求してみたいと思います。支援機能としてはマラソンなどのサポート機能、競技場の移動手段、選手や器具の運搬など幅広く議論してみます。

ファリシテータ :    新産業文化創出研究所 所長  廣常 啓一

講   師    :    セグウェイジャパン株式会社 代表取締役社長  大塚 寛 氏

            スポーツ競技マネジメント関係者 他

 

ファシリテータ廣常啓一(新産業文化創出研究所所長)の誘導のもと議論開始 大塚寛氏(セグウェイジャパン代表取締役社長)を中心に活発な意見が飛び交う様子 スポーツ競技またはスポーツ競技のサポート機能としてのセグウェイの可能性を議論する様子