アドバンストアカデミー 

『ゲームの処方箋~人とゲームの新しい関係~』 

ワークショップNo.

開催日 平成18年7月14日 時間 13時~17時
場所 先端ナレッジフィールド(アキバ3Dシアター及び東京フードシアター5+1)  参加費 無料 
募集対象 募集人数 170名 

 現代人にとって、今や身近すぎるメディアとなったTVゲーム。昨春、TVゲームの効能面に着目し、その新たな可能性を解明すべく、第一線の科学者・臨床家による本格的な研究「ゲームの処方箋」プロジェクトがスタートしました。一年余にわたる緻密な実験・研究を経て、いよいよその真実が明らかになります。

【期日】 : 2006年7月14日(金) 13:00~17:00 ( 開場12:30 )
【場所】 : 秋葉原UDXビル 4F 「アキバ3Dシアター」
【第一部】研究成果報告 
13:00~14:35 報告者 [五十音順]:
河合 隆史(早稲田大学大学院国際情報通信研究科助教授)
宮尾 益知(国立成育医療センター発達心理科医長)
渡邊 克巳(東京大学先端科学技術研究センター助教授)
 
【第二部】パネルディスカッション『ゲームの処方箋~人とゲームの新しい関係~』 14:50~17:00 パネリスト [五十音順]:
河合 隆史(早稲田大学大学院国際情報通信研究科助教授)
小糸 正樹(経済産業省文化情報関連産業課課長)
二瓶 健次(東京西徳洲会病院小児難病センター神経・発達科)
馬場 章 (東京大学大学院情報学環教授/日本デジタルゲーム学会会長)
山下 柚実(ノンフィクション作家/五感生活研究所代表)
モデレーター:
坂井 滋和(早稲田大学大学院教授/こどもメディア研究所所長)
 
主  催 : 財団法人ニューテクノロジー振興財団
 
後  援 : 経済産業省 / 映像産業振興機構 / 日本デジタルゲーム学会研究構成:早稲田大学こどもメディア研究所 / 株式会社ナムコ / 株式会社バンダイナムコゲームス / 財団法人ニューテクノロジー振興財団
 
協  賛 : 株式会社ナムコ / 株式会社バンダイナムコゲームス / 株式会社バンダイ / 株式会社新産業文化創出研究所
 
事務局 : 新産業文化創出研究所(ICIC)

ゲームの処方箋報告書 ⇒ http://www.robomedia.org/syohousen/report1.pdf