インターナショナルワークショップ 

立体映像コンテンツの連携ワークショップ(英語・日本語対応)

ワークショップNo.

開催日 平成19年10月1日(月) 時間 13:30~18:00
場所 先端ナレッジフィード一帯(東京フードシアター5+1、アキバ3Dスタジオ&シアター、アドバンストアカデミー) 参加費 無料 
募集対象 立体映像に関心、関係する研究者、事業者、他 募集人数 150名

本邦初、北欧の最新3Dシネマを公開する同時に、立体映像体験の解明に取り組む認知・心理的アプローチの最前線を紹介し、ゲストやフロアを交えた議論を行う、これまでに類のないワークショップを開催しました。

タイトル立体映像コンテンツワークショップ
 - コンテンツとコミュニケーションの次世代へ向けて -
 
日時
2007年10月1日(月)ワークショップ: 午後1時30分-6時00分
    
   
場所秋葉原UDX 4F アキバ3Dシアター
 〒102-0021 東京都千代田区外神田4-14-1
 http://www.udx.jp/access.html

JR「秋葉原駅」より徒歩2分、つくばエクスプレス「秋葉原駅」より徒歩3分
地下鉄銀座線「末広町駅」より徒歩3分、日比谷線「秋葉原駅」より徒歩4分
   
主催超臨場感コミュニケーション産学官フォーラム
財団法人デジタルコンテンツ協会(日本自転車振興会補助事業)
立体映像産業推進協議会
フィンランドアカデミー
ノキアリサーチセンター
ヘルシンキ大学心理学部
共催株式会社 新産業文化創出研究所(ICIC)
早稲田大学先端メディア研究所
後援3Dコンソーシアム
フィンランド大使館
   
開催趣旨立体映像のコンテンツ制作者や関連事業者と、心理学をはじめとする科学者・研究者との相互交流・理解の促進、それによる次世代コンテンツ/コミュニケーションへの鍵を探っていきます。
プログラム総合司会 柴田隆史氏 早稲田大学 客員講師

13:30-13:45
 開会の挨拶
  (廣瀬通孝氏 東京大学 教授)

13:45-14:15
 日本の立体視コンテンツの研究活動についてて
  (河合隆史氏 早稲田大学 准教授)

14:15-14:45
 日本における3D シネマへの取り組み
  (七里圭氏 映画監督)

14:45-15:30
 フィンランドにおける立体視コンテンツの研究活動について
  (Jukka Hakkinen氏 ノキアリサーチセンター他)

15:30-15:45  休憩

15:45-16:30
 フィンランドにおける3D シネマへの取り組み
  (Kasimir.Lehto氏 映画監督、Sami Laitinen氏 映画監督)

16:30-18:00
 上記講師とゲスト、参加者を交えたディスカッション
  ゲスト:畑田豊彦氏 立体協会長、村山捷昭氏 NTS(予定)

※ 海外講師のプレゼンテーションにつきましては、逐次通訳を行います
 
  ■ 海外講師紹介:
   Jukka Hakkinen 博士
   (リサーチマネージャ、ノキアリサーチセンター/ヘルシンキ大学心理学部)
   立体映像の画質評価や優良体験の解明に取り組む気鋭の心理学者

   Kasimir.Lehto 氏 Sami Laitinen
   (映画監督、Stereoscape ky http://www.stereoscape.net/
   フィンランドの3Dシネマ専門プロダクションを率いる映画監督
 
受講料無料
   
定員150名
   
申込締切9月28日(金)
(ただし、定員になりしだい受付を終了します。早めに申込をお願いいたします。)
 
申込要領
(1)「DCAJセミナー申込みフオーム」で、必要事項を記入のうえご送信ください。
(2)DCAJより受付完了のメールを返信いたします。
当日はこのメールが受講票となります。プリントアウトして受付までご持参ください。
(3)代理参加も可能です。
申し込まれた方のご都合が悪い場合は、代理の方に「受講票となるメール」をお預けください。