タウンメディア&AR研究会   

8月タウンメディア研究①「デジタルサイネージ進化論」デジタルサイネージから見るコアテクノロジーと導入の関係~IT化メディア化した自動販売機、KIOSK端末の活用ビジネス

ワークショップNo.0810tm1

開催日 平成22年8月10(火) 15:30~16:00 時間 15:30~16:00
場所 UDX4F 先端ナレッジフ ィールド UDXマルチスペース(東京フードシアター5+1) 参加費 無料 (お食事・お飲物は別途、有料となっています。)    
募集対象 IT業界、広告業界、放送・通信業界、不動産・鉄道業界、エンタテイメント業界などITを活用した街の活性化や新たなビジネスをお考えの方 募集人数 30名

 ★【タウンメディア研究① 第1部】   15:30~16:00

■テーマ : デジタルサイネージから見るコアテクノロジーと導入の関係 ~IT化、メディア化した自動販売機、KIOSK端末の活用ビジネス」
 
 
【講師プロフィール】
中野 潔[NAKANO KIYOSHI]株式会社デジタルニッチアーカイビング代表取締役社長
2001年8月 株式会社デジタル ニッチ アーカイビングを設立。世界発の画像合成システムの日本初のオペレーター経験をへて通販会社のDTP構築など、デジタル化の草分け的存在。海外のコア技術に多く精通しており、大型モニターを使ったコンテンツ制作を、数多く手がけ、現在、フジタカコーポレーション(自販機大手)と店頭販促サイネージを展開、実績をあげる。デジタルサイネージのおいては、企画、制作、ソフト開発、設置、メンテナンスまで、すべてに対応できる稀少な存在。
 
デジタルインフォメーション
 電通ADMT【広告ミュージアム】FIFAサッカーミュージアム、東京電力TEPCO館、大阪ガスDILIPA館、愛地球博公式インタラクティブDVD、宝くじドリーム館、東武鉄道博物館、
主なデジタルサイネージ
 JR東海ツアーズ(八重洲)、モニタン(情報自販機)、メトロKIOSK、光新星(パチンコ景品)電子KIOSK、TOHOシネマ+JT、ミッドタウンアートボードサイネージ等
 
 
 appli_inovation.jpg
 
■同日の関連プログラムのご案内■
 
★【タウンメディア研究② 第2部】   16:00~16:30
 
■テーマ :「AR(Augmented Reality :拡張現実・強化現実)MR(Mixed Reality:複合現実)の街中での活用ビジネス」
 
■ 講師 : 太陽企画株式会社
 
【講師プロフィール】
 
詳細・お申込みは ⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000487.html
 
★【タウンメディア研究③ 第3部 16:30~17:00
■テーマ1 : 「街空間における、アンビエント広告のコミュニケーションメディアとしての可能性」
 
■テーマ2 : 「街自身のエンタテイメント空間とは」
■ 講師 : 株式会社新産業文化創出研究所 代表取締役 所長 廣常 啓一
  
詳細・お申込みは ⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000461.html
 
★【タウンメディア研究④ 第4部 17:00~17:30
■テーマ1 : 「経済産業省e空間実証事業と街に張り巡らしたARマーカ活用地域ビジネス」
■ 講師 : 株式会社東急エージェンシー    小方 靖 氏
 
■テーマ2「ARG(Alternate Reality Game; 代替現実ゲーム)を活用したe空間渋谷ARGクリスマス2010実証実験」と年末イベントの仕掛け
 
 
■詳細・お申込みは ⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000462.html
 
★【タウンメディア研究⑤ 第5部 17:30~19:00 (19:00~ 名刺交換交流会)
 サロン形式パネルディスカッション  (パネルディスカッション × 交流会) 
■テーマ :新たなIT技術やビジネスモデルによるe空間渋谷ARGクリスマス2010プロジェクトのコンソーシアム形成について
 
 ■パネラー
   株式会社デジタルニッチアーカイビング 代表取締役 中野 潔 氏
株式会社フロンティアインターナショナル 隙間広告社社長 石井 伸之 氏
ニコルソン   今仁 英輔 氏
国際ゲーム開発者協会日本(IDGA日本)SIG-ARG 世話人 八重尾 昌輝 氏
その他 
 ■ コーディネーター: 新産業文化創出研究所 所長 廣常 啓一 
 
※(サロン形式のパネルディスカッションは、お食事やお飲物を飲みながら気軽に参加いただける企画です。ご注文のお食事、お飲物は有料となります。)
※(なを、パネラーは都合により変更されることもあります。)
 
■詳細・お申込みは ⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000482.html
 
【e空間渋谷ARGクリスマス2010プロジェクトとは】
経済産業省のe空間実証事業に採択された東急電鉄グループのコンソーシアムが渋谷、及び東急沿線で昨年度、今年度と実施するe空間デベロッパーのプラットフォームとしてのサービス事業(pin@clip)を土台に街中の店舗や施設、スポットに貼られたARマーカ(iPhone端末で展開)を活用し、更に新たなサイネージ技術やIT技術、端末やアプリを加え、街のディスプレイ、実施イベントやエンタテイメントと横串を通したクリスマス・プロジェクトをARG(Alternate Reality Game; 代替現実ゲーム) として実証実験を行うプロジェクトです。
本プロジェクトに参画されるIT関連やデジタルサイネージなどの設備やシステム関係、アプリ開発やコンテンツ開発者、コラボする広告主や店舗、施設、サービス事業者を広く、募集し、コンソーシアムを形成し街を活用した実証実験を行うものです。
 
■ご参加の希望、お問合せは ⇒ 新産業文化創出研究所「e空間渋谷ARGクリスマス2010プロジェクト事務局」 (電話)03-5297-8200   (e-mail pr@icic.jp)  担当: ゆずりは、鈴木、廣常 まで
 
 
【タウンメディア研究会とは】 
下記の①~④の研究のため、様々な部会やプロジェクト、セミナーやワークショップ、実証実験を行っています。
 
★①街そのものが情報の受発信するメディア
 
街の持つブランド力やポテンシャル、各種機能や特性来街者の集積性や集客力、知名度や有名施設、建築物、地域産業や文化・歴史、自然環境のほか、人や知の集積性を活かした情報受発信機能。
 
★②街のIT化により、屋外や個人メディアなどをネットワーク化して情報の受発信を可能とするメディア
 
街に投入する既存媒体のほか、ICTを活用した無線通信やモバイル端末、デジタルサイネージやAR(拡張現実)やMR、センサネットワークなどを駆使した情報の受発信機能、更に双方向性や課金システムなど。
従来のマスメディアやインターネットなどの情報と街のメディアとの連携、これまでメディア設置を行わなかった施設やメディアと認識されていなかった道路や窓、道路標識や看板、鉄道の改札口にいたるまでのメディア機能の研究。
 
★③上記の①②のメディア機能を活用したサービスやコンテンツ、ビジネスモデルの研究
 
ユビキタス化した環境での様々な媒体機能、コミュニケーション手段により、多言語も対応するマーケティング(広告・商品販売、リサーチ、顧客対応)やエンタテイメント、緊急情報、防犯防災や広義のファシリティマネジメントなど街の構成者のノンコア業務のサポートから来街者に対してのサービスやコンテンツ、ビジネスモデルの研究。
 
★④より自然な受発信追求とメディアを超える機能の追及
 
自然なコミュニケーション、情報受発信、操作性やアクセスの利便性を追求するインタラクションデザインなどが生み出す市場全体。既存メディアが情報伝達に留まらず、双方向機能により商品流通や教育機能、医療健康福祉機能などへの進化したことと同様、街中の真のユビキタスを追求。
 
【ARG (Alternate Reality Game; 代替現実ゲーム) 部会とは】 
タウンメディア研究会の中の部会の一つとなります。特に街のIT機能、メディア機能とエンタテイメント機能などを結びつけた新たなサービス手法を検討する部会で、「e空間渋谷・ARGクリスマス2010・プロジェクト」「秋葉原ARGプロジェクト」「秋葉原ユビキタスタウンメディア・外国人おもてなしプロジェクト」「大阪タウンミュージアム・プロジェクト(インテリジェント・ミュージアム&ライブラリー)」などの具体的プロジェクトも実施の予定。
 
 【ARGとは】
ARG (Alternate Reality Game; 代替現実ゲーム)は、アメリカを中心にここ数年で大きく盛り上がってきている新しいストーリーテリング手法です。プレイヤー本人で参加することや、複数のメディアを横断的に利用することなどが特徴とされていますが、まだ定義すら定まっていない、大きな将来性を秘めたエンタテインメントです。
参加者はシナリオの中の登場人物の気持ちになって参加できるのが特徴です。ディズニーランドや先日、フロリダに開園した『ハリー・ポッター』のテーマパーク「ハリー・ポッターの魔法の世界」も広義のARGになります。東京ドームシティでこの夏も行われるWii用ソフト「ドラゴンクエストモンスターバトルロードビクトリー」と連動しオリジナルの「冒険の書」を片手にスタンプラリーをクリアするラリーイベントもそうです。スピルバーグ監督のSF映画『A.I.』や北京オリンピックのプロモーションにも活用されました。
 
一方、パーソナルモバイルやICカード、街中の様々なIT技術など、これまでバラバラに街中に存在したセンシング機能やデジタルメディアを複合的なゲームシナリオにより結び付けることが可能となります。鉄道の改札口データと携帯電話、従来型の劇場映画と街中のデジタルサイネージ、街の店舗に張られたARマーカー (注*AR:Augmented Reality拡張現実)や電子マネーリーダー、GPSとMR、ARの組み合わせ、TwitterやSNSの活用など、シナリオにより、利用者の積極的な関与が想定され、観光や商業施設の集客や購買プロモーション、また新たな街の楽しみ創造など、異業種との組み合わせにより、そのシナリオの幅も拡大してまいります。特に個人ベースでも優秀なシナリオ作成により世の中に大きなインパクトを与えることとも可能となります。逆にそれだけ新たなルールを必要とするところも併せ持っています。
 
 【AR とは】
拡張現実(かくちょうげんじつ)、強化現実を表し、現実環境にコンピュータを用いて情報を付加提示する技術、および情報を付加提示された環境そのものを示す。英語表記はAugmented Reality 、省略形はAR
 
【経済産業省 e空間実証事業 とは】
参考e空間実証事業   
 
平成21年度 e空間実証事業 (東京・渋谷地域)  
 
平成21年度 e空間実証事業 (大阪・梅田地区)     
 
【関連報道記事】
 
◎これまでのタウンメディア研究ワークショップは
講師の中野氏 会場の様子 中野氏の話を関心持って聞いている参加者が多くいた