エコ・ワークショップ 

CO2 90年比 -25%の可能性

ワークショップNo.1014c

開催日 平成21年10月14日(水)   時間 18:00~19:00 (交流会19:00~20:00)
場所 UDX4F 先端ナレッジフィールド UDXマルチスペース(東京フードシアター5+1) 参加費 ワークショップ 無料 (交流会参加の方は 4000円)
募集対象 環境問題に関心のある方、企業の環境担当者、環境ビジネス関係者または関心のある方、エコ検定認定者、他  募集人数 40名

 CO2 90年比 -25%の可能性と限界」

講 師 : 嶋矢 志郎 (財団法人 地球環境財団  理事長)

       張 薫貞  (財団法人 地球環境財団 研究員)
 
プログラム : 
 
開会挨拶 NPO日本環境調査会 理事長 佐藤敬夫
 
1.UDXオープンカレッジとエコへの取り組みについて」
  UDXオープンカレッジ事務局・(株) 新産業文化創出研究所代表 廣常啓一氏
 
2.CO2 90年比 -25%の可能性と限界」
  財団法人 地球環境財団 理事長 嶋矢志郎氏
  ●ワークショップ(質疑応答を含む)
 
3.「地球環境財団-アーゼロン菌の可能性」 
  財団法人 地球環境財団 理事長 嶋矢志郎氏
  財団法人 地球環境財団 研究員 張 薫貞氏
 
4.「友好活動団体からのご報告 
 
閉会挨拶 NPO日本環境調査会 副理事長 石川洋美
 
  催:   UDX オープンカレッジ事務局       NPO 日本環境調査会
  力:  エコピープル支援協議会 ・(財)地球環境財団 、他
 

 

UDXオープンカレッジとNPO日本環境調査会は、地球環境の保全・再生・創造に寄与することを目的として様々な分野の人、異分野・異業種・異学問の活動や技術、知識に横串をさし、あらたなエコ・イノベーションを考えるために「エコ・ワークショップ(講演会および懇親会)」を9月より月1回のペースで開催することといたしました。
 第2回のテーマは「CO2 90年比 -25%の可能性と限界」とし、地球環境財団 理事長 嶋矢志郎氏を講師として、激動する政権とともに環境課題やその方向性はどう変わっていくのか、-25%の可能性を探っていきます。また地球環境財団の取り組んでいるアーゼロン菌の活用についても紹介していただきます。
 
UDXオープンカレッジとエコへの取り組みを紹介する廣常啓一(新産業文化創出研究所) 総合司会の土橋留美子氏(日本環境調査会) CO2 90年比-25%の可能性について講義する嶋矢志郎氏(財団法人地球環境財団理事長)
先進国のCO2削減目標を紹介。 アーゼロン菌の特徴や効果を説明。 質疑応答の様子。