東京フードシアター

繁盛店プロデューサーに聞く!! (第2回東京フードシアター:「食」をテーマとしたゆる~い異分野交流会とトークライブ「新食系のビジネス」を目指し)

ワークショップNo.121214 tft

開催日 平成24年12月14日(金)15:00~17:00 (17:00~18:30 交流会) 時間 15:00~17:00 (17:00~18:30 交流会)
場所 秋葉原UDX4F 先端ナレッジフ ィールド UDXオープンカレッジ 参加費 無料
募集対象 食のビジネスに関心のある方、食のビジネスに関わる業界や研究者、本プラットフォームに課題解決を求める方、プレゼンテーションを希望する方など 募集人数 30名

東京フードシアター
「繁盛店プロデューサーに聞く!!」(第2回 東京フードシアター)
~「食」をテーマとしたゆる~い異分野交流会とトークライブ「新食系のビジネス」を目指し~

農畜水産業から食品、外食などのフードサービス産業などをまたがり「食が大好き」「日本の食を元気にしたい」「食にかかわる新規ビジネスをしたい」「食の関係事業をしている」「食のビジネスの関係者と交流したい」「食の情報を発信している」「食の情報がほしい」「食を学びたい」「異業種交流をしたい」「暇」な方、食をテーマにしたゆるーい交流会です。初めての方もお一人でも楽しめる会としています。参加は無料で飲みながらのトークライブとなります。

テーマ:繁盛店プロデューサーに聞く

株式会社シェフズバンク社長の桑原氏と株式会社リノベスト代表取締役の角章氏、他をお招きし、お二人のプロデュース方法やプロデュース店舗での実績(ビフォアアフター)、桑原氏のクラヤミ食堂などのイベント系の話題、角章氏の西麻布の話題店プロデュースなどにも触れてお話しいただきます。

講師:
  株式会社シェフズバンク 代表取締役社長 桑原 大輔 氏
  株式会社リノベスト 代表取締役 角 章 氏
  他

ファシリテーター :
 新産業文化創出研究所 所長 廣常啓一
  (公益社団法人全日本司厨士協会 理事、社団法人日本氷温協会 常任理事、NPO法人大江戸野菜研究会 副理事長、他)


<講師プロフィール>

桑原大輔氏
レストランプロデューサー。広島市立大学卒業。外食運営会社を経て、インテリアデザイン事務所株式会社リックデザインを経て、株式会社シェフズバンクを設立。クラヤミ食堂や値決めレストランなどのプロデュースなど、ユニークな企画で有名。

角章氏
1958年、東京都に生まれる。画家・空間プロデューサー。株式会社リノベスト代表取締役。文化学院美術科卒業。17歳で画壇デビュー。


【新食系ビジネスイノベーションとは】

(東京地区で開催される「新食系ビジネスイノベーション」のプラットフォームの総称は、UDXオープンカレッジ『東京フードシアター』となります。)
 
食に関わる新たなビジネス創出や課題解決をオープンイノベーションとして異分野連携で実施するプラットフォームです。
 
様々 な業界や社会の課題解決を「食によるソリューション」「食のソリューション」としてテーマ別に研究会を創り、様々な技術やビジネスモデル、産官学医連携、 医食農商工連携、異分野連携や業界連携などによるビジネス創出のプロジェクト化を促すものとして、参加者同士のビジネスマッチングや共同研究、共同事業化 などを目指した各種事業を支援、推進いたします。
 
ICICで提言提案する幾つかのテーマ研究会の他、各業界や参加者からの課題提案や技術提案から作る研究会など複数プロジェクトを行います。同一テーマに於いても競合排除などを考慮した複数プロジェクト化も行います。
 
当初はオープンなスタイルで実施し、特定のプロジェクトとして製品化、事業化の目処や組織組成の合意の目処が立った段階で、クローズドなビジネスプロジェクトとして移行することもあります。
 

1.jpg

 

「東 京フードシアター」は、毎回、話題の講師や食やイノベーションに関わるゲストによる講演やプレゼンテーション、全体を通したセミナーのほか、各テーマの研 究会に結びつくオリエンテーションや情報提供、話題提供を兼ねた「食のイノベーションビジネスセミナー」として実施します。

それとは別にテーマ別のワーキングとしては、研究会によるセミナーやワークショップ、ミーティング、見学会などを行います。研究会参加者から共同ビジネス開発のプロジェクトを組成します。(無償の研究会と有償の研究会があります。)
 
シンクタンク機能のICICからのビジネス研究会としての提言(提案)は以下のようなものがあります。
 
  1. 6次産業化(漁業イノベーション、農業イノベーション、畜産イノベーション)
 
  2. ネオファーム(ネオアグリ)研究会(屋上菜園から植物工場。アグリバイオ技術まで)
 
  3.フードプリンティングイノベーション研究会
 
  4. 食と健康 ドクターズキッチン研究会と各分科会 
  病院内レストラン、健康食材開発とマッチング、機能性メニュー開発(抗疲労やアンチエイジング、介護食、
  ダイエットや減塩、糖尿病や腎臓病、がんなどの対策メニュー)、健康対策厨房開発、
  健康レストラン情報ネットワーク、食事の処方箋、パーソナルヘルスレコード、
  医食農商工連携による機能性食材開発、食と薬の国際第三者認証、他
 
  5.フードツーリズム研究会(ヘルスツーリズム含む)
 
  6.女性と子供の心を掴むフードサービスマーケティング研究会と分科会
   キッズメニューと店舗開発、キャラクターライセンスによる食品(キャラクター弁当)、メニュー開発、親子カフェ、
    女性のためのレストラン
 
  7.スマートキッチン、デジタルキッチン研究会
 
  8.食の安全安心ソリューション開発(製品技術開発)
 
  9.セントラルキッチンとサテライトキッチン研究会
 
  10.フードアウトレットビジネス研究会
 
  11.キッチンカー、ケイタリングカー研究会
 
  12.駅ナカキッチン高架下レストラン研究会
 
  13.エンタテイメントレストラン研究会
 
  14.繁盛店プロデューサー
 
  15.食の市民大学
 
  16.食による地域振興、観光振興
 
  17.食の知の拠点と食の大学院
 
 
株式会社リノベスト 代表取締役 角 章 氏からは、ご自分の多くの経験の中から繁盛店を産み出すためのこだわりやポイントをお話いただいた。 株式会社シェフズバンク 代表取締役社長 桑原 大輔 氏からは地方のレストランを繁盛店にした取組やマスコミで注目されている「値決めレストラン」「クラヤミ食堂」などのご紹介をしていただいた。 新産業文化創出研究所 所長の廣常より、「繁盛店プロデューサ企画を通して、異分野で行う研究会やプロジェクトへつなげたり、プロデューサ集団による知の拠点化なども行っていきたいと考えています」と述べられた。
最後の30分は、廣常がファシリテートしながら、会場からの質問にお答えいただいた。依頼主の要望は時代と共にどのような変化があるか、低予算でプロデュースするコツは?などの質問があった。 そのほか、現在プロデュースを行っている企画やプロデュースし始めのころの経験談などの質問もあった。最後に廣常からは「講演する側も参加する側もお互いにスキルアップするようなものとしていきたい」とう言葉で締めくくられた。