EV&スマートシティ・ビジネス研究会、自動車文化振興プロジェクト、EV安全協会、他

EV(電気自動車)社会の現状と今後~次世代EVからオリジナルマイクロEVによる街づくり~

ワークショップNo.110624AEV

開催日 平成23年6月24日(金)15:00~17:00 時間 15:00~17:00 (19:20より交流会を予定)
場所 秋葉原UDX 4F 先端ナレッジフィールド UDXオープンカレッジ教室           参加費 無料 (懇親会参加費2000円)
募集対象 家電量販店、電気自動車業界、自動車業界、家電業界、IT関連、不動産会社、秋葉原でビジネスを行われている方、お考えの方など。 募集人数 40名
電気自動車の普及は車社会のみならず街づくりや住宅のほか、ライフスタイルの変化や産業構造の変化を生むことが予想されます。
本セミナーではこうした変化の波を自動車メーカーがどのように戦略化しているのか、関連する産業領域はどのようになるのか、住宅や街づくりはどうなるのか、商流はどのように変化するのかなどのビジネス領域と市場としての生活者のニーズと新たなライフスタイルや自動車文化について各方面の講師をお招きして、皆さんと考えてみるセミナーとなります。
 
◆プログラムテーマ
 15:00~15:20
【テーマ1】 次世代EV技術のイノベーションとベンチャーの可能性(予定)
これまでのEV開発の実情と、国内外における近未来カーの研究 及び中小企業としてEV事業への参画可能性についてヒントを頂きます。特に次世代のEVがどのような研究開発の動きがあり、街づくりなどとの連動にどのように拡張していくのかを紹介していただきます。
 
■スピーカー :  EV安全協会 代表 山下 浩二氏 
※1945年生まれ。福岡県出身。九州大学にて工学博士号取得後、松下電器産業株式会社(現パナソニック株式会社)総合研究所に特別研究員として入所、主にモーター及びバッテリーの研究を行う。九州電力株式会社総合研究所の火力・原子力担当を経て、独立。
プラスバ研究所及びEV安全協会を創設、日本の電気自動車の草創期から活動され、大手自動車会社などにも、関連のコンサルティングを行っている。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 15:20~15:50
【テーマ2】 日本のクルマ文化の振興を目指す新たな試みとは
日本の自動車業界は長期的な経済不況に見舞われただけでなく、クルマに対する興味を持った人々の減少、それによる周辺産業の衰退といった負のスパイラルの現実が常に取り沙汰されています。一方で、世の中にはまだまだクルマに対する情熱を持った人々が数多く存在することに改めて着目し、ソーシャルメディアを含めた新たな情報プラットフォームの現状と今後の取り組みについて紹介します。

■スピーカー : プロデューサー 山本 善隆 氏 (日本自動車文化振興プロジェクト)
※日本自動車文化振興プロジェクトの発起人。ITコンサルティング会社を経て、その後自動車Web媒体の運営・新規立ち上げや自動車メーカーのオフィシャルサイトのWebプロデュースに携わり、近年では業界問わず幅広いジャンルでWebコンサルティングを実施。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
15:50~16:10
【テーマ3】 国内ベンチャーによるEVビジネスへの挑戦とその現状
差し迫ったエネルギー問題や環境問題への解答としてEVへの注目が高まり、日本をはじめ世界中のメーカーがEV作りに取り組んでいます。また、その動きは自動車メーカーだけにとどまらず、日本全国のベンチャーの世界にも広がっており、この1~2年で数十台ものEVが走り出しています。そんなベンチャー発のEVを数多く取材した経験から、どんな人たちが、どんな目的をもち、どのようなアプローチでEV作りを行っているのかを紹介していきます。
 
■スピーカー : 自動車ジャーナリスト 鈴木 健一 氏
※日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。新車紹介をはじめ幅広いジャンルで自動車雑誌で執筆活動を行う。ここ数年は、ベンチャー系EVの取材などを積極的に行っており、実際に数多くのEVを試乗している。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
16:10~17:00 
【テーマ4】 オリジナルマイクロEVによる「まちづくり構想」
群馬大学を中心とした北関東エリアの産学官協同研究を推し進めるために誕生したのが「次世代EV研究会」だ。その研究は、オリジナルのマイクロEV開発だけにとどまらず、充電設備の研究、運用を含めた町づくりまでが範疇となっている。その研究会が行ってきたこれまでの活動実績や研究の結果に導き出されたEVを活用する町づくりプランなどを紹介する。
 
■スピーカー : 株式会社シンクトゥギャザー 代表取締役 宗村 正弘 氏(群馬大学次世代EV研究会所属)
※群馬大学が中心となった有志によるEV研究会。独自に開発したマイクロEVは桐生市で実施された国土交通省「環境対応車を活用したまちづくりに関する実証実験」に採用されている。EV開発だけでなく、EVが活用できるインフラや街づくりも提案する。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ■司会進行 :   山本 善隆 氏  、  鈴木 健一 氏
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【同日(6/24日)の関連プログラム】
 
■13:00~14:40 【復興支援異分野連携プロジェクト】 エコエネルギー技術、地域エネルギー事業会社、EV等次世代ビークルの技術を活用した街づくり⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000660.html
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
■15:00~17:00 「EV(電気自動車)社会の現状と今後」 ⇒下記の申込ボタンをクリック下さい。
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
■17:10~ 19:10 「【秋葉原電気自動車街】の開発と新たな概念、新たな参加者による【アキバモーターショー】」の企画 ⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/ic/000516.html
 
【基調報告】秋葉原電気自動車街の開発と新たな概念、新たな参加者による「アキバモーターショー」
          廣常 啓一 (新産業文化創出研究所 所長
 
【テーマ1】 秋葉原における環境対応車導入の可能性
          松澤 尚利氏 (国土交通省 東京国道事務所 
                   万世橋出張所 所長)
 
【テーマ2】 秋葉原と自動車文化との親和性を考える
             北森 涼介 氏 (自動車メインの交通ライター)
 
【テーマ3】 オートサロン(チューニング・ドレスアップの総合展示会)
       主催者からみたAKBモーターショー考
             森本 太郎 氏 (株式会社三栄書房 第一事業部
          第一制作局局次長/日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員)
 
【テーマ4】 みんなでAKBモーターショーをやりませんか!!
           田中 克明 氏 (株式会社モーターマガジン社 事業企画部)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■19:20~21:00  「懇親会」

 参加費2000円  事前にお申込お願いいたします。 ⇒ http://www.town-college.com/udx/search/000218.php

 
【テーマ5】 秋葉原の駐車場の現状と、今後の展開と取り組みについて
          株式会社駐車場綜合研究所
 
【テーマ6】 秋葉原における大型イベントスペースとしての
       「アキバスクウェア」の自動車イベント活用法
          野村 愼也 氏 (秋葉原クロスフィールドイベントスペースアキバスクウェア事務局  統括プロデューサー)
 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
【今後の論題】  
●クロスメディア、IT、SNSを組み合せたバーチャル・モーターショー
●関連メディアの連携によるプロモーションから企画運営
●新しい展示モチーフとしてのパーソナルモビリティ、EV(電気自動車、電気バイク、電動アシスト)、ロボット、ウェアラブルコンピューティング、スマートグリット、スマートハウス、家電連動、停電節電対策、次世代レースイベント、痛車、ゲームアニメ、他
●クールジャパンとしての考え方、インバウンド観光リソース、MICE、インタラクションデザイン
 
【これまでの関連プログラム】
■「サスティナブルシティ」市民提案による新しい社会システム(EVからLRTを駆使した街づくり)平成22年11月15日 ⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000534.html
 
■5年後の自動車のカタチと新たな生活スタイルとビジネス(エコカーとしてのEVからパーソナルモビリティとスマートシティ) 平成23年1月18日 ⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000592.html
 
■エコワークショップ「緑×街づくり(アキバ)×自動車」(組立パーツや痛車としてのカスタマイズEVとアキバ系ライフスタイル) 平成23年1月18日 ⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/o/000422.html
 
【その他 関連プログラム】 
■電気自動車(EV)とスマートハウスの融合ビジネス ⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000606.html
 
■電気自動車(EV)と次世代鉄道の融合「モーダルシフト時代のピギーバック、またはパーク&ライド」 ⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000609.html
 
■電気自動車(EV)新技術セミナー「小型化されるモーター」「新バッテリー」「急速充電器」予定 ⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000618.html
 
■電気バイク、電動アシスト自転車の最前線 ⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000612.html
 
■計画停電、事故停電の際しての電気自動車の蓄電機能の効果的活用方法⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000641.html
 
■電気自動車(EV)販売事業参画セミナー「電気自動車・電気バイク・関連パーツ、EV住宅設備の販売、施工からコンバージョン・修理まで」⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/p/000619.html
  
 
【アキバモーターショーとは?】
 
東京モーターショーを含む国際的なモーターショーに課題が発生してきました。先進国国民の車離れ、電気自動車や燃料電池車の台頭による既存産業界の大変革、そうした環境での街づくりや住宅、生活スタイルの変化など自動車産業界の変革と、これまでの展示会というイベントスタイルの変革があります。秋葉原というブランドはもはや地名ではなく、新たな文化や概念のオピニオン的ワードとなりました。
そこで異分野の産業やクリエーターの手によって既存概念にはまらない「アキバモーターショー」を研究するオープンイノベーションのワークショップとなります。バーチャルの中での展示会やアニメ、ゲーム、音楽等との組合せ、クールジャパンとされる痛車などの新カスタマイズ文化、電気街の新たな商材や拠点として予想される電気自動車や関連パーツ、家電や住宅、エネルギーシステムとのシナジーなどを様々な確度より議論するものです。
 
 
【第1回アキバモーターショー研究会】
 
これまで車文化を牽引してきた自動車雑誌各社、モータージャーナリスト、自動車展示会やイベントの主催、企画運営者、自動車産業界や家電業界、秋葉原の電気街関係者、次世代ビークル関係者、大学や研究機関によるセミナーとワークショップの組合せスタイルのプログラムとなります。
毎回、ゲストスピーカーによるスピーチや参加者のプレゼンテーション、テーマを決めた議論等により構成されます。
 
 
【秋葉原電気自動車街】
 
電気自動車、電気バイクのほか、燃料電池車、パーソナルモビリティ等の次世代のビークルは、これまでの自動車産業の商流やマーケティングとは異なった戦略が求められます。内燃機関を中心としたこれまでの自動車と製造部品点数やメンテナンスに於いても新たな参入者をはじめ、ドラスティックな変化が予想されます。
また、EVを取り巻く産業界、EVが走る街の新たなインフラやネットワークも、スマートシティ、スマートグリットなどの次世代の電力網との連携が見えてきます。その他、通信機能の内蔵のため娯楽等のアプリケーションやスマートフォン等を活用した制御やナビゲーション、改造EVや個人による組立EVキットなど、新たな市場と活用方法が見えてきています。
こうした関連産業を良く見ると、東京・秋葉原の電気街コンテンツそのものに見えてきます。現在でも家電量販店などでEVが販売されていますが、秋葉原の高架下などに見られる電気パーツの流通はこれからです。
 
秋葉原電気街もラジオブームから3種の神器、白物家電からオーディオブーム、パソコンブームから各種コンテンツパッケージ、携帯通信など時代の流れにあわせて発展してきました。外国人観光客もこうした先端的な秋葉原の商材やクールジャパンを目当てに集まります。家電やPC販売では薄利となった現在、注目されるのがEV、関連パーツ、急速充電器、家庭用太陽光パネルとの連動、スマートグリットなどとの芋づる的ビジネスの拡大です。
そこで秋葉原にこうした「EVとスマートシティ」の知の拠点活動と秋葉原電気自動車街を開発し、関連する人材育成の教育機関、修理工場、EV関連のショールームやアキバモーターショーの開催などの計画が始まりました。メーカーにとってはバイヤーやプロシューマーとの情報交流、BtoBにるEVビジネスへの参画機会、アキバタウンカレッジなどのEV・スマートシティプログラムの継続開催、学会等の誘致などクラスターとしての活動が開始されます。
こうしたEV・スマートシティの研究会やワークショップ、セミナー、イベントの開催と並行して秋葉原の街を活用した実証実験や新たな電気自動車街の開発とそのマーケティング戦略を研究する本企画をスタートさせます。
EV安全協会代表山下浩二氏 EVは今後、異分野の様々なテクノロジーも利用されて発展していくだろう 山本善隆 氏(日本自動車文化振興プロジェクト) カーシェアリングなど、自動車の新たな利用方法や所有形態についてプレゼン EVと震災復興の話と絡めて、「仮面ライダー」にまで話が及ぶ
自動車ジャーナリスト鈴木 健一 氏 EVは大手自動車メーカーだけでなく、ベンチャー企業でも参入が可能 大勢の方が参加し、今後のEV市場の期待が伺えた。 株式会社シンクトゥギャザー代表取締役宗村正弘氏 EV市場は「メーカー型」「コンバージョン型」「マイクロEV(小型)」に分類でき、それぞれのカテゴリーで進化が考えられる。