インタラクションデザイン研究会

インタラクション・デザイン・セミナー&ワークショップ&交流会

ワークショップNo.1226ixd

開催日 平成22年12月26日(日)①16:00~18:30 ②18:30~20:30 時間 ①部セミナー&ワークショップ16:00~18:30 ②部セミナー&交流会パーティ18:30~20:30
場所 秋葉原UDX 4F 先端ナレッジフィールド 「UDXマルチスペース」        参加費 ①部 無料 ②部 4000円(お食事お飲物込み)  注:①部のみの参加はできません。
募集対象 インタラクションデザインを研究する方、関連業界、他、どなたでも 募集人数 80名

 インタラクションデザイン研究会
「インタラクションデザインのゆく年くる年」セミナー&ワークショップ

今年はiPadやKinect, PlayStation MOVEなど新しい使い方や体験をもたらすプロダクトが登場し、インタフェースやインタラクションデザインがひとつのキーとなっていることが徐々に認識として広がったと思います。
来年にむけてさらに飛躍するために、より多くの方々と交流するための機会として、交流会を企画しました。今回のセミナーは2部構成でお楽しみ頂きます。
 
第1部では独立行政法人科学技術振興機構(JST)創造科学技術推進事業(Exploratory Research for Advanced Technology;ERATO)  五十嵐デザインインタフェースプロジェクトの坂本氏、渡邊氏によるsigixd的トークと、インタラクションデザインに関わる研究者や事業者による10件のライトニングトークを行います。ライトニングトークでは1件10分で、最新情報のプレゼンテーションを行ないました。
 
また、第2部では慶応大学増井教授による「デモ100連発!(仮)」、IxD Girlsによるトークを開催いたしました。
 
【プログラム】
16:00       開場
16:30-16:40   第一部:オープニング
                          廣常 啓一  新産業文化創出研究所 所長
16:40-17:20      幹事団によるsigixdに対する思い
                          坂本 大介 氏 
                      (独立行政法人科学技術振興機構(JST)ERATO五十嵐デザインインターフェースプロジェクト)
                       渡邊 恵太 氏 
                      (独立行政法人科学技術振興機構(JST)ERATO 五十嵐デザインインターフェースプロジェクト
17:20-17:30       休憩
17:30-18:20       ライトニングトーク(1件10分程度) 
                   ※インタラクションデザインに関わる方々からのプレゼンテーション
 
    17:30-17:40   美馬 直輝 氏 (ハイジ・インターフェイス株式会社)
                          来年ドコモから発売される間伐材を使った木のケータイ、
                          TOUCH WOODのUIについて。  http://www.touch-wood.jp/SH-08C.html
    17:40-17:50   中西 泰人 氏 (慶応義塾大学 環境情報学部 准教授)
                          CityCompilerについて          http://naka.sfc.keio.ac.jp/cc/
    17:50-18:00   矢崎 裕一 氏 (N1N9)
                          「心地良さのインタラクションデザイン」ワークショップについて http://vd4i.org/
    18:00-18:10   高須 正和 氏 (チームラボ株式会社マーケティングプランナー)
                          チームラボハンガーのご紹介   
                            http://dev.team-lab.com/index.php?itemid=225
    18:10-18:20    坂井 洋右 氏 (金沢工業大学)
                          インタラクションデザインにおける知的財産運用について
    18:20-18:30    加藤 淳 (東京大学/JST)
                            GUIプログラミングのように手軽にロボットを動かせるツールキット
                            materealのご紹介。 http://mr.digitalmuseum.jp/
 
18:30-20:30         第二部: 懇親会
                            増井教授によるデモ、IxD Girls(インタラクションデザインに関わる女性研究者、技術者、クリエーター)によるガールズトーク、sigixd幹事団との対話などを実施。
                             スペシャルゲストトーク
                          講 師 : 増井 俊之 氏 (慶應義塾大学 環境情報学部 教授)
                                          他
 
 ※ プロフィール 
増井俊之(慶應義塾大学 環境情報学部 教授)
増井俊之
1984年東京大学大学院工学系研究科電子工学専門課程修士課程修了。博士(工学)。予測型テキスト入力システム「POBox」開発者。シャープ、ソニーコンピュータサイエンス研究所、産業技術総合研究所にて計算機のユーザインタフェース関連の研究開発に従事後、2006年10月より米国Apple Inc.にてiPhoneの開発に参加。2009年4月より慶應義塾大学環境情報学部教授。情報検索、テキスト入力、情報視覚化、ユーザ認証、実世界指向インタフェースなど、ユーザインタフェースに関連する幅広い研究に従事。情報処理学会山内賞、情報処理学会山下記念賞、ドコモモバイルサイエンス賞受賞。「Perl書法」「インターフェイスの街角」他、著書/雑誌記事多数。Gyazo.com, 本棚.org, QuickML.com等多数のWebサービスを公開中。
 
 
 
11月のインタラクションデザインセミナーの概要 ⇒  http://www.icic.jp/workshop/cat/ic/000527.html