タウンメディア研究会ARG部会

7月タウンメディア研究「各種メディアと街・鉄道沿線・店舗をITで結ぶe空間ARG実証事業」

ワークショップNo.0713tm

開催日 平成22年7月13日(火)14:00~17:00(交流会17:20~19:00) 時間 14:00~17:00 予定 交流会17:20~
場所 秋葉原UDX4F 先端ナレッジフィールド UDXマルチスペース 参加費 無料 (交流会参加者は2,000円)
募集対象 各種クリエーター(シナリオライター、広告クリエーター、映画ドラマ制作者、WEBプログラマー、デザイナー、アニメゲーム製作者)、IT技術者、IT企業、デジタルサイネージ・モバイル端末等関係企業、不動産会社、広告会社、カード会社、媒体社、その他町を活用した集客販売促進をお考えの方、広告クライアント等、 募集人数 各回 50名

7月タウンメディア・イノベーション①②③

6月のタウンメディア・イノベーションワークショップ①②③に続き、今回は、各地のe空間デベロッパーが導入を期待する地域の情報提供者と来街者を結ぶための新たなプラットホームと、そのプラットホームを土台に街なかARマーカ(注*AR:Augmented Reality拡張現実)の開発やソーシャル性の向上、データベースの増強、没入感を刺激するアプリの開発などによりARG(Alternate Reality Game; 代替現実ゲーム) の具体的に展開するための参加方法、ノウハウ、街中のセンシング機能やデジタルサイネージ、タウンペーパーや店舗に張り巡らせたARマーカによる位置同定制度を向上させた技術やデバイスの活用方法をお伝えします。
 
この回をスタートとして、平成22年度経済産業省のe空間実証事業の渋谷エリアでのリアルな街や商業施設、店舗、駅や公共施設などの空間を使い、新たなエンタテイメントゲームとして、没入感の高い街活用テーマパークの実現を目指します。予定は「e空間渋谷・ARGクリスマス・プロジェクト(仮題)」。2010年のクリスマスシーズン、渋谷とその沿線は、クリスマスに繰広げられる様々なエンタテイメントコンテンツと渋谷の街のクリスマスディスプレイやセールと合わせたARGストーリーにITを活用し没入します。新たな街の活性化戦略としての魅力ある実証実験を予定しています。
 
街の至る所に足跡(Foot Print)を残す感覚で楽しむ、渋谷をベースとした陣取りゲーム。専用アプリを使って街なかに点在するマーカに足跡を残し、自分の陣地と得点を稼ぐ。レストランなどの飲食メニューが渋谷でのドラマストーリーと一緒になり、体験しながら街なかソーシャル・ブックマーキングとTwitterによる情報提供。
 
こうした街を活用したARG実証プロジェクトへの参画を希望するゲームやエンタテイメントのクリエーター、プログラマー、シナリオライターの他、メディアやエンタテイメント会社、IT技術会社、広告クライアント、イベント会社、店舗の方々のコラボレーションを促進します。本事業により、今後は秋葉原、また京都や大阪、その他観光地などのe空間デベロッパーのプロトタイプとなるようにいたします。
こうした事業に関心のある方、コンソーシアム参画を希望される方のセミナー、ワークショップの参加をお待ちしています。
 
【プログラム】  
 
第1部  「ARG(代替現実ゲーム)による新たなビジネスとソリューション」
~テーマパークや映画などのこれまでのARGからIT活用の新たなARGの可能性~                                               
平成22年7月13日(火) 14:00~15:00
 
スピーカー :  
慶応義塾大学   教授    武山 政直 氏
 
ラッシュジャパン株式会社(Rush Japan) 取締役      安福 久哲氏
 
 
株式会社新産業文化創出研究所    所長      廣常 啓一 ほか
 
詳細・この回のみのお申込は ⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000451.html
 
 
第2部 「経済産業省・e空間実証事業」                                                                              ~リアル空間とサイバー空間を結ぶ街なかARマーカ活用の地域振興策とオープンプラットフォームによるコラボ事業者誘致~ 
平成22年7月13日(火) 15:00~16:00
 
スピーカー :   
東京急行電鉄株式会社 グループ事業本部第三部課長  金山 明煥 氏(工学博士都市計画)

株式会社東急エージェンシー    小方 靖 氏

株式会社関心空間 代表取締役社長CEO  宮田 正秀 氏 
 
 
詳細・この回のみのお申込は ⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000452.html
 
 
第3部 「e空間渋谷×ARGクリスマス2010プロジェクト」
~プロジェクトの取組と異業種の参画コンソーシアムの募集~
 
平成22年7月13日(火) 16:00~17:00
 
スピーカー :  
 
ニコルソン              今仁 英輔 (いまに・えいすけ) 氏
 
国際ゲーム開発者協会日本(IDGA日本) SIG-ARG 世話人 八重尾 昌輝 氏
 
株式会社新産業文化創出研究所  所長   廣常 啓一 (ひろつね・けいいち) 
 
ほか
       
詳細・この回のみのお申込は ⇒ http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000453.html
 
第4部   交流会:  平成22年7月13日 17:20~19:00
 
第1部~第3部の講師への質問、講師、参加者間の交流、タウンメディア研究会、及びARG研究会、e空間渋谷ARGクリスマス・プロジェクトコンソーシアムへの参加希望者への情報提供・交流を兼ねて実施いたします。
 
交流会のお申込は ⇒ 各回のお申込者に事務局よりご確認させて頂きます。
交流会のみのご参加もOK ⇒  この下の申込みシートからお申込いただくかお電話で受け付けております。
 
 
タウンメディア研究会とは 
下記の①~④の研究のため、様々な部会やプロジェクト、セミナーやワークショップ、実証実験を行っています。
 
★①街そのものが情報の受発信するメディア
 
街の持つブランド力やポテンシャル、各種機能や特性来街者の集積性や集客力、知名度や有名施設、建築物、地域産業や文化・歴史、自然環境のほか、人や知の集積性を活かした情報受発信機能。
 
★②街のIT化により、屋外や個人メディアなどをネットワーク化して情報の受発信を可能とするメディア
 
街に投入する既存媒体のほか、ICTを活用した無線通信やモバイル端末、デジタルサイネージやAR(拡張現実)やMR、センサネットワークなどを駆使した情報の受発信機能、更に双方向性や課金システムなど。
従来のマスメディアやインターネットなどの情報と街のメディアとの連携、これまでメディア設置を行わなかった施設やメディアと認識されていなかった道路や窓、道路標識や看板、鉄道の改札口にいたるまでのメディア機能の研究。
 
★③上記の①②のメディア機能を活用したサービスやコンテンツ、ビジネスモデルの研究
 
ユビキタス化した環境での様々な媒体機能、コミュニケーション手段により、多言語も対応するマーケティング(広告・商品販売、リサーチ、顧客対応)やエンタテイメント、緊急情報、防犯防災や広義のファシリティマネジメントなど街の構成者のノンコア業務のサポートから来街者に対してのサービスやコンテンツ、ビジネスモデルの研究。
 
★④より自然な受発信追求とメディアを超える機能の追及
 
自然なコミュニケーション、情報受発信、操作性やアクセスの利便性を追求するインタラクションデザインなどが生み出す市場全体。既存メディアが情報伝達に留まらず、双方向機能により商品流通や教育機能、医療健康福祉機能などへの進化したことと同様、街中の真のユビキタスを追求。
 
【ARG (Alternate Reality Game; 代替現実ゲーム) 部会とは】 
タウンメディア研究会の中の部会の一つとなります。特に街のIT機能、メディア機能とエンタテイメント機能などを結びつけた新たなサービス手法を検討する部会で、「e空間渋谷・ARGクリスマス2010・プロジェクト」「秋葉原ARGプロジェクト」「秋葉原ユビキタスタウンメディア・外国人おもてなしプロジェクト」「大阪タウンミュージアム・プロジェクト(インテリジェント・ミュージアム&ライブラリー)」などの具体的プロジェクトも実施の予定。
 
※ARG                                                               ARG (Alternate Reality Game; 代替現実ゲーム) は、アメリカを中心にここ数年で大きく盛り上がってきている新しいストーリーテリング手法です。プレイヤー本人で参加することや、複数のメディアを横断的に利用することなどが特徴とされていますが、まだ定義すら定まっていない、大きな将来性を秘めたエンタテインメントです。
参加者はシナリオの中の登場人物の気持ちになって参加できるのが特徴です。ディズニーランドや先日、フロリダに開園した『ハリー・ポッター』のテーマパーク「ハリー・ポッターの魔法の世界」も広義のARGになります。東京ドームシティでこの夏も行われるWii用ソフト「ドラゴンクエスト モンスターバトルロードビクトリー」と連動しオリジナルの「冒険の書」を片手にスタンプラリーをクリアするラリーイベントもそうです。スピルバーグ監督のSF映画『A.I.』や北京オリンピックのプロモーションにも活用されました。
 
一方、パーソナルモバイルやICカード、街中の様々なIT技術など、これまでバラバラに街中に存在したセンシング機能やデジタルメディアを複合的なゲームシナリオにより結び付けることが可能となります。鉄道の改札口データと携帯電話、従来型の劇場映画と街中のデジタルサイネージ、街の店舗に張られたARマーカー (注*AR:Augmented Reality拡張現実)や電子マネーリーダー、GPSとMR、ARの組み合わせ、TwitterやSNSの活用など、シナリオにより、利用者の積極的な関与が想定され、観光や商業施設の集客や購買プロモーション、また新たな街の楽しみ創造など、異業種との組み合わせにより、そのシナリオの幅も拡大してまいります。特に個人ベースでも優秀なシナリオ作成により世の中に大きなインパクトを与えることとも可能となります。逆にそれだけ新たなルールを必要とするところも併せ持っています。
 
【関連報道記事】
フジサンケイビジネスアイ 平成22年6月25日 新市場創造 面  
 
 
◎これまでのタウンメディア研究ワークショップは
第1回 平成20年7月14日 都市の情報化とタウンメディアシステム    http://www.icic.jp/workshop/cat/ic/000153.html
 
第2回 平成21年6月18日   タウンメディア概念と無線インフラの可能性
http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000126.html
 
第3回 平成21年12月15日 街をメディアとして考えるためのインフラ整備
http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000204.html
 
特別回 21年8/4   Visit Japan Yearと外国人観光客招致戦略
http://www.icic.jp/workshop/cat/p/000042.html
 
第4回 平成22年6月7日 代替現実ゲーム(ARG)と地域ICTの組合せ
http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000438.html
  
第5回 平成22年6月28日   経済産業省実証事業e空間
http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000444.html
 
第6回 平成22年6月28日  日本でのARGの状況と実例 http://www.icic.jp/workshop/cat/iw/000446.html
ARGの具体例とビジネス効果について話す慶応義塾大学教授の武山 政直 氏 宝探しサイトを運営するラッシュジャパン株式会社の安福 久哲氏の発表 クリエイター、研究者をはじめ多くの参加者があった
e空間実証事業について説明する東急エージェンシーの小方 靖 氏 プロジェクターを多用したプレゼンテーションで参加者の理解を促した ARG制作会社ニコルソンの今仁氏による「e 空間渋谷×ARG」企画提案