ゲームクリエーターズ・カレッジ

「秋葉原ロケテゲームショウ1」

ワークショップNo.1024

開催日 平成21年10月24日(土) 時間 13:00~17:00
場所 秋葉原UDX4F 先端ナレッジフィールド・UDXマルチスペース
(東京フードシアター5+1)
参加費 無料
募集対象 インディーズゲームに興味のある方、ゲーム好きな方、他 募集人数 1000名 

28のサークル・個人・企業ゲームが参加!
SIG-Indie Special   同人・インディーズゲーム展示会
「秋葉原ロケテゲームショウ1」
一般参加入場案内

 ゲームの可能性は、現在のパッケージで販売されているものに限られるのでしょうか? ゲームには、まだ未発見の新しい領域や古くなったと感じられる分野のゲームでも、可能性が隠されていることを多くのゲーム開発者やゲームクリエーターは気が付いています。
 しかし、それらの意欲的な取り組みを使用とするゲームの可能性が存在することを、多くの人に伝える方法が不足しています。また、ゲームの開発では、開発途中のものを多くの人に、テストプレイをしてもらい、フィードバックを得ることでブラッシュアップを行っていくことが重要なことであることは誰もが知っていることです。
 新しい試みを行う人たちは、小さなグループで開発している人たちでもあります。それらの方たちが不足しているという共通した悩みが、そうした「場」が不足しているという実情です。同人・インディゲームへの高い期待が高まる一方で、ゲーム自体が主役となるイベントは、これまで限られてきました。
 そのため、開発途中のアーケードゲームのロケーションテストのようなことを、同人・インディーズゲームにも行うことができないだろうか。このイベントは、そうした問題意識からスタートするものです。
 もっと多くの方に、自らのゲームを展示し、実際に触れてもらうことで、ゲームの抱えている問題点を理解する。作り手と遊び手、そして、作り手同士が刺激しあい、一緒になって、新しいゲームを育てていく実験的なイベントとして「秋葉原ロケテゲームショウ」を開催します。
 

■参加サークル名一覧(アイウエオ順)
AAH!! スペース電通GOD / いろいろまなぼ / INSERT COIN(S) / HSPプログラムコンテスト2009 / ACTravel / OMNI FACTORY / 神奈川電子技術研究所 / CANADA SOFT / GEAR FACTORY / Q-Games / 小松菜屋 / ぜろじげん / ゼロステージ / 全日本学生ゲーム開発者連合 / Team Eye Mask / チームLMF / チームグリグリ / 2CCP / NewfrontiaSoftware / NEXT-SOFT+ / Baiyon /  はちみつくまさん / ハッピーラディカル /  ほげぴよからくりばこ / まぜぐみ /  Miracle Kidz / Rectangle /  RebRank
 
上記サークルの詳細情報 ⇒ http://www.igda.jp/modules/pico/index.php?content_id=11
 
主催:国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)
共催:株式会社新産業文化創出研究所 、UDXオープンカレッジ事務局
後援:NTT都市開発株式会社/鹿島建設株式会社/ダイビル株式会社/株式会社クロスフィールドマネジメント
 
 多くの参加者の皆様に、実際にゲームを触って頂いて、直接その制作者の方と、インタラクションをするための機会としてご利用ください。展示されているゲームは、皆さんの参加を通じて、成長できる機会を探しています!

 ※注意点

・出展されているゲームの販売は行われません(チラシ、デモ版等の配布のあるサークルはあり)。

・ペットボトル等のジュース類の持ち込みは出来ません。会場内のバーカウンターをご利用ください。
・会場は禁煙です。
・一般入場者があまりに多数の参加を頂いた場合には入場制限を行う可能性があります。
開会式(新清士氏(IGDA日本 会長)と廣常啓一(新産業文化創出研究所 所長)) 周囲を見守る、新清士氏(IGDA日本 会長) 展示ブースを見る来場者の方達
テスター感覚でゲームを行う来場者 出展者と会話する来場者達 閉幕式の模様