ネオファーム研究会「やっちゃBar」

ネオファームの考え方と屋上菜園等の活用事例

ワークショップNo.0928c

開催日 平成21年9月28日(月) 時間 19:00~20:30<やっちゃBar開店>18:00~21:30 お食事お飲物の受付をしております
場所 UDX4F 先端ナレッジフ ィールド UDXマルチスペース(東京フードシアター5+1) 参加費 無料 (お食事・お飲物は別途、有料となっています。) 
募集対象 農業や環境に関心のある方、屋上菜園や市民農園の活動や事業に関心のある方 募集人数 30名

ネオファームとして新たな農地の可能性を秘めている屋上などの未利用地を活用した環境対応型の屋上菜園の活用事例を研究します。また、屋上菜園、市民農園等、都市の新農地の生産物を流通、直売、フリーマーケットの考え方である、新やっちゃ場(市民のための青果市場)に関しての普及促進に関しても議論します。

また、ネオファームの促進と流通機会をつくるための「やっちゃ場」活動などについても、その可能性、運営方法などを議論します。

講 師:  新産業文化創出研究所 所長 廣常啓一 (NPO大江戸野菜研究会副理事長)

※ネオファームとは・・・

これまでの農業や農地の概念ではない、新しい考え方の農業や農地、そのための技術やビジネスモデル、活動体を称して「ネオファーム」と言います。生産から流通、食卓から口にはいるまでの農と食の縦割り業界、業務に横串をさす活動から見た「ネオファーム」は農のイノベーションになります。これまでの土地利用上の農地だけでの生産や特定ルルートの流通にこだわらないもので、例えば都市型農業の特殊農地としてビルの屋上や屋内、公開空地や公園、都市の緑地などの人工地盤での生産、宅地などのベランダや庭での生産、農地以外での植物工場やプラントなどの都市部の農地以外の農地を都市特殊農地、市民が耕作し楽しむための市民農園など様々な可能性があります。

 特に都市部のヒートアイランド現象防止やCO2削減、都市環境の整備などで活用される屋上緑化や校庭緑化などの新たな振興策として緑地スペースでの農作物生産とその活用モデルが都市部の緑化と食の様々な問題解決、新たなコミュニティの育成や教育、都市と農村の交流の場、レジャーや趣味の場としても期待されています。
 また、屋上緑化など都市緑化と生産緑地化などとの連動で不動産の価値の向上や維持管理費の軽減、市民交流などによる集客やプロモーションのほか、テナント対策やCSRなどにも結びつけることができます。
 農用地想定としてはオフィスや商業用の不動産や工場などの屋上や緑地スペース、学校などの屋上や校庭、教育施設内、園芸療法やリハビリテーションを兼ねた病院の屋上や緑地スペースなどとその活用プログラムとの連動が求められています。農家にとっても新たなビジネスフィールドの場として進出することも可能であり、収益構造やその価値の創造が可能となります。
講師の廣常啓一(新産業文化創出研究所) 参加者も講師もお酒を飲みながら講義を進めるサイエンスバー形式で行われました。 スカイファームプロジェクトについての説明。
参加者と講師の距離が近いため、参加者からの質問や意見も活発に出ました。 海外のネオファーム事例を紹介。 講義終了後、テーブルを囲んで講師と参加者が議論を交わす様子。